確定申告の基礎知識

確定申告提出後の基礎知識

確定申告が終わったら、ご自身の事業の経営分析を行ってみましょう。また、確定申告書に誤りをみつけた場合などは、自己申告することが可能です。
一大イベントの確定申告それ自体にばかり意識が行きがちですが、確定申告後に考えなくてはいけない基礎知識についてまとめます。

目次

確定申告が終わったら、その年の帳簿作成や領収書整理をしておこう

確定申告が済めば、ひとまず終わりと思ってはいませんか?個人事業主であれば、帳簿作成や領収書整理のほか、税務署からの問い合わせ対応などやるべきことはたくさんあります。確定申告後にやっておきたいことをご紹介します。

確定申告が終わったらやりたい!損益計算書を活用した「経営分析」

確定申告が終わったら、数値データを活用して経営分析をしてみませんか。個人事業主として、経営上の不安材料はないか、客観的な数値データから判断できることもあります。個人事業を円滑に運営していくためにも、ぜひ確認しておきたい経営指標や分析方法などをご紹介します。

確定申告は修正可能!訂正申告と修正申告、更正の請求の違いとは

確定申告に万一誤りがあった場合でも後から修正することは可能です。修正が必要な場合は、状況によって、訂正申告、修正申告、更正の請求の3つが考えられます。それぞれどのような内容で、どのような注意が必要なのか確認してみましょう。

税金の納めすぎを救済!申告内容を訂正する「更正の請求」とは

確定申告をすることで納め過ぎた税金が戻ってくるのが「還付申告」。一方、同じように納め過ぎた税金が戻ってくる救済措置に「更正の請求」というものがあります。税金が戻ってくるという点では同じですが、手続き方法や内容に違いがある「更正の請求」とは、どのようなものなのでしょうか。

いかがでしょう。
確定申告自体に意識が向いてしまっているときはあまり気にかけない、確定申告後の作業についてまとめました。
事業の経営分析や、誤りを見つけたときの対処方法などを知っておくことも大切ですので、まとめ記事を参考に、知識を身につけてみてくださいね。

開業フリー
会計フリー
知識総合トップへ戻る