確定申告の基礎知識

e-Tax で確定申告をする際のマイナンバーの利用法を解説

インターネット上で確定申告が終えられるのが「国税電子申告・納税システム」、通称e-Tax(イータックス)です。このシステムを利用することで、場所や時間に捉われず申告・納税が行えるようになりました。

便利なシステムが登場したとはいえ、マイナンバー制度が導入されたことにより、電子申告はより複雑化しています。そこで今回はe-Taxの際に必要なマイナンバーの利用方法を解説します。

dummy

そもそもe-Tax(イータックス)とは?

e-Tax(電子申告)と呼ばれる「国税電子申告・納税システム」を利用すると、ウェブ上で確定申告を完了させることができます。インターネット環境があれば、書類の作成・提出まで場所を問わず申告作業を進められます。確定申告時期には24時間アクセスができるので、時間的制約も無くなります。

以前は用紙での作成が当たり前でしたが、e-Taxの登場によりウェブでの申告を行う事業所が増加しています。紙で書くなどの煩雑な業務が削減でき、税務署への持参や送付などが不要になる点がe-Taxを利用する最大のメリットです。

さらに、ご利用の会計ソフト上のデータをe-Taxと連携し、e-Taxへ入力作業を省くことも可能です(ご利用のソフトが連携可能がご確認ください)。もちろん、e-Taxへ入力する場合でも、合計値を手計算する必要が無くなりますし、入力漏れもエラー表示され、正確に書類を作成できます。

e-Taxの利用にはマイナンバーが必要

e-Taxにより申告・納税手続きを行う場合は、マイナンバーカードの電子証明書をe-Taxに登録しなければいけません。また既に住民基本台帳カードの電子証明書をe-Taxに登録している場合でも、新たに取得したマイナンバーカードの電子証明書をe-Taxに再登録する必要があります。

電子証明書の登録・再登録の方法は、確定申告作成コーナーをご覧ください。住民基本台帳カードを利用する際に必要なICカードリーダライタを利用する際にも、マイナンバーカードに対応しているものをお選びください。

もし、e-Taxをご利用されるまでに電子証明書の有効期間が満了している場合は、住民基本台帳カードの電子証明書更新が、社会保障・税番号制度の導入に伴い終了しています。ですので、マイナンバーカードの交付申請を行いましょう。マイナンバーカードの交付が申告等の期限に間に合わない場合には、申告書を書面で提出するという流れになります。

いかがでしたでしょうか。マイナンバー制度を把握して、スムーズにe-Taxで申告・納税を完了してください。

確定申告ソフトfreee

確定申告 freee

確定申告ソフトfreeeなら、面倒な確定申告が圧倒的に簡単・ラクになります。ぜひお試しを!

知識総合トップへ戻る