確定申告の基礎知識

確定申告書Bを作成する3つの方法

個人事業主の方は確定申告書のBを使用して確定申告をする必要があります。
申告書の作成方法には大きく分けて3つのやり方があります。
今回の記事では、確定申告書Bを作成する3つの方法についてご紹介します。

目次

確定申告書B

1)会計ソフトを使い、自動で作成する

freee_new_logo-300x116 確定申告のなかでも、特に青色申告は複雑で大変というイメージをお持ちの方も少なくないのではないでしょうか。
会計ソフトのfreeeを活用すれば、初めて青色申告を行う方でも簡単に申告を完了することができます。
アプリもあるため、ちょっとした空き時間にスマホから経理作業をすることも可能です。スマートフォンから確定申告を完了した方も。ぜひご活用ください。(iOSはこちら / Androidはこちら

2)国税庁の「確定申告書作成コーナー」で手動で作成する

e-tax2

国税庁の電子申告を活用すれば、申告書類をインターネットから申告することが可能です。
ちなみに、会計ソフトのfreeeは電子申告にも対応しており、作成した書類を電子申告することが可能です。

3)紙の申告書を手に入れ、各項目ごと計算し、紙に書き込んで作成する

pixta_19342786_S

最後は、ご自身で各項目ごとに計算し、手書きで記入する方法です。
税務署では、確定申告の時期になると相談コーナーを設けてくれるところもありますので、相談しながら記入すると誤りを防ぐことができるでしょう。

いかがでしょう。確定申告書Bを作成する3つの方法についてご紹介してきましたが、ご自身がやりやすい方法で確定申告をすすめてくださいね。

開業 freee

開業freeeロゴ

個人事業の開業に必要な書類を無料で、自動作成することができます。開業時の忙しい時期の作業を大幅に軽減。青色申告をした方は開業届の提出が必須です。そのほかに必要な書類も、ステップに沿って入力するだけで簡単に作成可能!

確定申告ソフト freee

開業届を提出したら確定申告に向けた日々の経理作業が始まります。確定申告ソフト freeeなら、面倒な経理、確定申告を圧倒的に簡単・ラクにできます。スマホを活用して領収書の管理も可能です。スマホだけで確定申告を完了した方も!50万人の個人事業主が利用する会計ソフトを試してみませんか?

知識総合トップへ戻る