確定申告の基礎知識

納税をするための2つの方法

確定申告が完了したら、納税をしましょう。
納税の方法は大きく分けて2つあります。今回の記事では、納税方法についてご紹介します。

目次

納税

1)e-Taxを利用してネット経由で納税する

e-tax2 e-Taxを活用すれば、確定申告書の提出だけではなく、納税も可能です。 納税方法の詳細については、こちらのページをご覧ください。

2)現金で納付する

現金に納付書を添えて、金融機関(日本銀行歳入代理店)又は住所地等の所轄税務署の納税窓口で納付することができます。

いかがでしょう。税金の納付方法は電子申告(e-Tax)を利用する場合と、金融機関などを通して現金で納付する2つの方法があります。
ご自身にあった方法で、納税を済ませましょう。

開業 freee

開業freeeロゴ

個人事業の開業に必要な書類を無料で、自動作成することができます。開業時の忙しい時期の作業を大幅に軽減。青色申告をしたい方は開業届の提出が必須です。そのほかに必要な書類も、ステップに沿って入力するだけで簡単に作成可能!

確定申告ソフト freee

開業届を提出したら確定申告に向けた日々の経理作業が始まります。確定申告ソフト freeeなら、面倒な経理、確定申告を圧倒的に簡単・ラクにできます。スマホを活用して領収書の管理も可能です。スマホだけで確定申告を完了した方も!50万人の個人事業主が利用する会計ソフトを試してみませんか?

知識総合トップへ戻る