確定申告の基礎知識

国税庁のホームページを参考にe-Taxでウェブで申告を行おう

最近では、e-Tax(国税電子申告・納税システム)を利用して申告や納税を行う事業所が増えています。e-Taxは2004年に導入され、所得税や法人税の申告をウェブ上で行うことができるようになりました。

e-taxを利用するメリットは、紙で書くなどの煩雑な業務が削減でき、税務署への持参や送付などが不要になります。さらに、ご利用の会計ソフト上の会計・決算データをe-Taxと連携し、e-taxへ入力する手間を省くことも可能になっています(ご利用のソフトが連携可能がご確認ください)。 今回は、e-Taxを利用した申告の流れを、国税庁のホームページを元に見ていきましょう。

pixta_13917365_S

e-taxでできる作業って何?

e-Taxでどのような申告が可能になるのでしょうか。もちろん確定申告が行えるのですが、その中身を見ていきましょう。e-Taxで可能な手続き大きくは2つあります。(国税庁のページはこちら)

1つ目が確定申告です。所得税や消費税、法人税の申告書類の作成・提出ができます。e-Taxで申告を行うと、第3者の作成書類(社会保険料控除証明書、医療費の領収書など)の税務署への提出を省略が可能になります。第3者作成書類は通常、確定申告書と共に提出が必要ですが、その作業が削減できます(申告の期限から5年間は税務署などから提出を求められることもあります)。

2つ目は納税です。対象になるのは消費税や所得税、法人税などの国税です(住民税などの地方税は納税できません)。こちらも金融機関に出向いての手続きが不要になり、時間や場所の制約から解放されます。また、ご利用の金融期間によってはインターネットバンキングを用いた電子納税も可能となり、書類作成の際の入力が更に簡略化されます。

e-taxを利用するための準備は?

次に、e-Taxのご利用にあたり必要な準備についてご案内します。まず準備するのはインターネット環境です。お使いのパソコンのネット環境をご確認ください。(ホームページはこちら)

次に必要なのが本人確認です。手続きを本人が行っているかを確認するため、申告・納税の際には電子証明書の取得が必要になります。電子証明書は、法務省運営の商業登記認証局や地方公共団体システム機構などが発行するものになります。電子証明書の取得によって、①データの作成者が本人であること、②データに改ざんされていないこと、の2点が証明されます。電子証明書の取得後にはICカードリーダーのご準備も必要ですのでお忘れなく。(ホームページはこちら)

その次に必要なのが、電子申告・納税等開始届出書です。この届出書を納税地を管轄する税務署へ提出しなければいけません。提出後は申告・手続きごとに届出書の作成をする必要はありません。(ホームページはこちら)

最後に必要なのが、利用者識別番号の取得です。ただし、これは先程の開始届出書を作成すれば税務署から送付されるため、特別な手続きは必要ありません。利用者識別番号などが記載された通知書が届くのを待ちましょう。(ホームページはこちら)

これでe-Taxを利用するための準備は完了です。 実際に準備が整ったあとは、書類を作成し提出するのみです。e-Taxにログインし、行いたい申告・納税はどれかを選択し、案内に従って書類データを作成しましょう。 これでe-Taxの利用がスムーズになるのではないでしょうか。ぜひ余裕を持って申告・納税を行ってくださいね。

確定申告ソフト freee

確定申告ソフト freee なら、面倒な確定申告が圧倒的に簡単・ラクになります。ぜひお試しを!

バックオフィス基礎知識