確定申告の基礎知識

基本のおさらい 確定申告とは何か?確定申告の概要とその対象

確定申告は、個人事業主の人や不動産収入がある人が行う必要のある手続きです。
確定申告というのは、一言でいうと「1年間の収入や支出を計算して、所得税の金額を計算する手続き」のことです。
今回は、確定申告の具体的な手続きや、どのような人が確定申告を行う必要があるのかということを解説していきます。

sinkoku

確定申告をする必要がある人

サラリーマンの人は勤務先の会社が税金の計算をしてくれますので、原則として確定申告をする必要はありません。(年末調整という手続きで完結します)

しかし、サラリーマンの人であっても確定申告をしなければならないケースもあります。

それでは、どのような人が確定申告をしないといけいないのかを確認します。

①個人事業主の人
自分で独立して事業を行っている方は、確定申告をしなくてはなりません。
毎月の会計データから決算書を作成し、さらにその決算書をもとにして確定申告を行います。

②住宅ローン控除を受けたい人
サラリーマンの人であっても、マイホームを購入するために住宅ローンを組んだときには確定申告を行います。

③不動産収入のある人
アパートなどを人に賃貸して収入がある人も確定申告を行う必要があります。
サラリーマンの方が副業で不動産投資をするという場合でも多くの場合は確定申告を行う必要があります。

④収入の多い人や、複数の勤務先から給与を受け取っている人
勤務先からの給与収入が2000万円を超える人や、2社以上の勤務先からお給料を受け取っている人も確定申告を行う必要があります。

確定申告は所得税を計算するための手続き

最初でも少し説明させていただいたように、確定申告は収入と支出の金額から所得税の金額を計算するための手続きです。
ここでは確定申告の具体的な計算方法について簡単に解説します。

「(売上ー経費ー控除)×税率」で所得税は計算できる。

所得税の金額は「(売上ー経費ー控除)×税率」で計算することができます。

たとえば、以下のようなケースを考えてみましょう(個人事業主の人の場合の概要)
なお、控除というのは年間を通して支払った社会保険料や生命保険料の金額から計算します。
収入の金額 :800万円
支出の金額 :500万円
控除の金額 :120万円
所得税の税率:5%
この場合の所得税の金額は以下のように9万円と計算できます。
(800万円ー500万円ー120万円)×5%=90,000円

確定申告は自分でできる?

確定申告というと難しいイメージがありますが、最近では市販の会計ソフト(会計freeeなど)も優秀になってきています。
個人事業主の方でも一人で事業をされているフリーランスの方などであれば確定申告を自分でやる人も珍しくはありません。

税務署に聞いてみる

確定申告は最終的に税務署に対して確定申告書類を提出して手続きが完了します。
確定申告に関する手続きで不明点が出てきたときには税務署に電話相談窓口がありますので質問してみると教えてくれます。(確定申告の時期だと、非常に混んでいます)

税理士に依頼する

確定申告は最寄りの税理士に依頼すれば事務手続きをすべて代行してもらうことが可能です。
もちろん税理士に依頼すると費用が発生することになりますが、経理に関する事務手続きに時間が取られて本業のほうがおろそかになるようなら税理士に依頼してみても良いかもしれません。
税理士に依頼すると節税の方法を教えてもらえるほか、税務調査が入ったときに対応してもらえるなどのメリットもあります。

_doi5591_torimi

執筆: 田本 啓(税理士)

個人事業主の皆様、確定申告で大切な時間を割いていないでしょうか?業務に専念するお時間を割かないためにも、確定申告の処理方法や手続きの作業は我々プロにお任せ下さい。 領収書など経費がわかる書類やメモを頂ければ、様々な節税対策をご提案いたします。

確定申告ソフトfreee

確定申告 freee

確定申告ソフトfreeeなら、面倒な確定申告が圧倒的に簡単・ラクになります。ぜひお試しを!