確定申告の基礎知識

ふるさと納税をおこなったら!確定申告の方法と申告用紙の書き方

ふるさと納税はお得であることを知っていても、よく仕組みがわからない、確定申告が難しいのではと思い躊躇している方はいないでしょうか。初めての方が不安に感じることの多い、確定申告の方法と申告用紙の書き方について順を追ってみていきましょう。

お金が戻る?ふるさと納税のしくみとは

ふるさと納税は、自治体に寄附を行うことにより、寄附金控除という税額控除を受けられる制度を利用しています。寄附金控除では、最大で寄附金額から2,000円を差し引いた額が支払うべき税金から控除されます。

控除の方法は、全てが還付金として支払った税金全額が戻るわけではなく、所得税の還付と翌年の住民税の減額で税金が戻る形になります。また、寄附先によってさまざまな寄附に対するお礼の品が用意されているのがふるさと納税の魅力です。

ふるさと納税は確定申告が不要な給与所得者で寄付先が5か所以下の場合は、寄付先の市区町村に「寄附金控除に係る申告特例申請書」を提出することで、控除が受けられます。

しかし、この条件に該当しない方は確定申告でふるさと納税分を申告する必要があります。これらの手続きを忘れてしまうと、ふるさと納税による節税メリットが受けられませんので漏れのないように行ってください。

ふるさと納税のしくみ|総務省

ふるさと納税を確定申告するには

ふるさと納税を行った場合に控除を受けるために必要な確定申告の手続きですが、申告には3つの方法があります。

1.申告書を入手し、手書き記入する
2.国税庁のホームページの作成コーナーで作成、プリントアウトして提出する
3.電子申告システム(e-Tax)を使用してオンラインで申告する

確定申告書はどこで入手する?

・国税庁のホームページより入手する

確定申告書の用紙は、国税庁のホームページの「確定申告特集」のページもしくは、「申告・納税手続」のメニューからからダウンロードすることができます。パソコンからプリントアウトして手書きするだけでなく、そのまま入力をパソコンで行うこともできます。

確定申告書、青色申告決算書、収支内訳書等|国税庁

・最寄りの税務署で入手する

パソコンの環境が整っていない場合には、最寄りの税務署にも申告用紙は準備してあります。自身の住所の管轄となる税務署に必要書類を持参し、その場で申告書類の作成や提を行うこともできます。書き方がよくわからない場合には税務署員に相談しましょう。

確定申告書の提出方法

・直接税務署の窓口に提出する

税務署の窓口に提出した場合には、その場で控えがもらえます。毎年3月に入ると窓口は大変混雑しますので、できるだけ早めに提出するのがおすすめです。

・郵送で税務署に送付する

確定申告書は郵送で送付することもできます。提出日は、郵便局の消印の日付となります。申告書の控えが必要な場合は、返信用切手を貼付した返信用封筒を同封しておきましょう。受付印の押印された控えが送られてきます。

・e-Taxでオンラインで送信する

e-Taxを利用する場合には、作成後すぐにオンライン送信が可能です。e-Taxの利用には事前の申請やソフトのダウンロード、マイナンバーカードなどの電子証明書とそれを読み込むことができるICカードリーダが必要です。

e-Taxの利用をお考えの場合には、早めにこれらの環境を整えておきましょう。

税務署の開庁時間|国税庁

ふるさと納税の申告に必要な書類

ふるさと納税の申告には、寄附先の団体から受け取った「寄付金受領証明書」の添付が必要です。

また、給与所得者の場合は源泉徴収票が、他の各種控除を受ける場合にはそれぞれの証明書なども必要です。

還付金を受け取るための口座情報も準備しておきましょう。

国税庁のホームページで確定申告書作成が可能

パソコンでインターネットが利用できる場合には、国税庁のホームページで確定申告書を作成し、記入済のものをプリントアウトすると便利です。パソコンで作成する場合は、「確定申告書等作成コーナー」にて、「申告書・決算書・収支内訳書等作成開始」をクリックし、次の画面で書面提出を選択します。

その後、環境を確認したのち、所得税コーナーを選択し、給与所得・年金所得がある場合の作成画面、もしくは全ての所得に対応した作成画面を選択し、作成を開始します。

前者が確定申告書A票、後者がB票の作成画面です。

所得税(確定申告書等作成コーナー)|国税庁

ふるさと納税の確定申告書の記入方法

画面の入力欄に従って、まず所得を入力すると、続いて控除の金額を入力する画面になります。

dummy

・寄附金の記入方法

ふるさと納税の申告を記入する欄は寄付金控除の欄です。

「入力する」をクリックすると、「寄附金控除、政党等寄附金等特別控除」という画面になります。

「寄付金受領証明書」を見ながら、寄附年月日や詳細、金額や寄附先の所在地や名称などを間違いのないように記入します。ふるさと納税の種類は都道府県、市町村に対する寄付金です。

複数の寄附先にふるさと納税を行っている場合には、「もう1件入力する」をクリックし、同様に入力します。

dummy

寄附金控除のほかに、所得控除や税額控除がある場合は、同様に入力してください。

入力が終わり、「次へ」をクリックすると、自動的に納税額が計算されます。

その後、住民税・事業税に関する事項を必要に応じて入力し、住所や氏名を入力すると、確定申告書の完成です。画面の指示にしたがってプリントアウトしましょう。

まとめ

ふるさと納税はどなたにでも可能な節税方法のひとつです。確定申告は一見難しそうですが、国税庁のホームページには解説や記入例なども豊富です。パソコンで申告書類を作る場合は面倒な計算も自動的に行われますので、安心して挑戦してみてください。

確定申告ソフトfreee

確定申告 freee

確定申告ソフトfreeeなら、面倒な確定申告が圧倒的に簡単・ラクになります。ぜひお試しを!

知識総合トップへ戻る