確定申告の基礎知識

災害や盗難の被害を受けた場合は確定申告で所得税の軽減を

災害や盗難の被害を受けてしまった場合には、確定申告を行うことによって所得税が軽減されます。被害の内容と被害を受けた方の所得状況により、雑損控除あるいは災害減免法が利用可能です。これら2つの軽減措置について、詳しくみていきましょう。

freee会計で確定申告をカンタンに!

freee会計は〇✕形式の質問で確定申告に必要な書類作成をやさしくサポート!口座とのデータ連携によって転記作業も不要になり、入力ミスも大幅に削減します。

災害などで被害を受けた人が利用できる雑損控除と災害減免法

災害などの被害を受けた場合、雑損控除による所得控除と災害減免法による税額控除の2つの所得税の軽減措置制度があります。年収や被害の発生原因によって適用範囲が異なりますが、両方の条件に合致する場合は、金額的に有利な軽減措置を選択することができます。

雑損控除と災害減免法の対象範囲の違い

災害減免法の場合は災害による損失に限られますが、雑損控除の場合は、自然・人為災害のほか盗難や横領による損失も対象となります。しかし、詐欺や恐喝の場合は対象外です。

雑損控除と災害減免法が受けられる「資産」の定義

雑損控除と災害減免法では、被害算定の対象となる資産の内容が異なります。

・雑損控除の対象となる資産

雑損控除の適用は、資産の所有者が納税者もしくは納税者と同一生計かつ総所得金額が38万円以下の親族の場合で、生活に必要な資産であることが条件です。趣味、娯楽目的で保有する不動産や不動産以外の資産、30万円を超える貴金属や美術品などの動産は対象外となります。

・災害減免法の対象となる資産

住宅と家財が対象ですが、保険金などにより補填された金額をのぞく損害金額が時価の2分の1以上の場合に対象となります。

雑損控除で控除できる金額の計算方法

・雑損控除の計算方法

雑損控除を計算するには、まず「差引損失額」を計算します。「差引損失額」は次の計算で求められます。
「差引損失額」=「損害金額」+「災害等に関連したやむを得ない支出の金額」-「保険金等から補填される額」
「損害金額」は損害を受けた時点での時価で計算しますが、平成26年分以降は減価償却資産としての計算も可能です。こうして求められた「差引損失額」をもとに雑損控除金額を計算します。雑損控除は、次の2つの金額のうち、高い方の金額になります。

1.(差引損失額)-(総所得金額等)×10% 2.(差引損失額のうち災害関連支出の金額)-5万円

・損失額の合理的な計算方法

損害を受けた資産について個々の損失額の計算が難しい場合には、以下のような方法で算定することが認められています。

<住宅>
取得価額が明らかな場合…損失額=(取得価額-減価償却費)×被害割合
取得価額が明らかでない場合…損失額=〔(1平方メートル当たりの工事費用×総床面積)-減価償却費〕×被害割合
1平方メートル当たりの工事費用は地域別・構造別の工事費用表より、被害割合は被害割合表を基準とします。

(参考:被害割合表)

dummy

<家財>

取得価額が明らかな場合…損失額=(取得価額-減価償却費)×被害割合 取得価額が明らかでない場合…損失額=家族構成別家財評価額×被害割合

(参考:家族構成別家財評価額)

dummy

<車両>
生活に通常必要と認められる場合に、雑損控除の対象となります。 損失額=(取得価額-減価償却費)×被害割合

災害減免法による所得税の減免とは

被害の原因が災害である場合には、雑損控除以外に災害減免法によって所得税の減免を受けることができます。災害減免法の適用には、以下を全て満たすことが必要です。
1.災害(自然災害・火災など)によって受けた損害額(保険金補填分を除く)が時価の2分の1以上
2.被災した年の所得金額合計が1,000万円以下
3.雑損控除を受けない

これらを満たす場合に、所得金額が500万円以下の場合は所得税の全額、500万円超750万円以下の場合2分の1、750万円超1000万円以下の場合4分の1が軽減されます。

雑損控除や災害減免法の適用に必要な書類と手続き方法

雑損控除および災害減免法による所得税の軽減は確定申告の必要があります。確定申告書に関係事項を記入することにより手続きが可能です。

雑損控除の場合には「災害等に関連したやむを得ない支出の金額」についての領収証などの証明書類を添付します。災害減免法の場合には損害金額明細の記入が必要です。そのほか、源泉徴収票など、通常の確定申告時に必要となる書類も準備しておきましょう。

・雑損控除の記入方法

確定申告書第二表の所得から差し引かれる金額に関する事項の欄にある、雑損控除の欄に損害について記入します。記載必要事項は、損害の種類、年月日、損害を受けた資産の種類、損害金額、保険金などで補填される金額、差引損失額のうち災害関連支出の金額です。それらを元に、先の控除額を計算し、第一表に記入します。

dummy

雑損控除と災害減免法のどちらを選択すべきか

所得金額合計が1,000万円を超える場合には雑損控除の適用となりますが、所得金額合計が1,000万円以下の場合は、雑損控除と災害減免法は有利な方を選ぶことができます。所得が少ない場合や損害額が少ない場合には災害減免法による税額控除の方が有利になることが多いです。しかし、災害減免法の適用は災害の年1年だけとなりますので、損害額が1年で控除できない場合には、最大3年間繰り越しができる雑損控除を選択する方が有利となります。ただし、繰越を希望する場合には、被害を受けた年の申告を期限内に行うことが必要です。

まとめ

災害や盗難などの被害に対して金銭的損害をカバーするために設定されているのが、所得税の雑損控除や災害減免法による控除です。被害を受けた場合には確定申告をすると税金が安くなりますので、忘れずに利用しましょう。

確定申告を簡単に終わらせる方法

確定申告には青色申告と白色申告の2種類があります。どちらを選択するにしても、期限までに正確な内容の書類を作成し申告しなければいけません。

確定申告書を作成する方法は手書きのほかにも、国税庁の「確定申告等作成コーナー」を利用するなどさまざまですが、会計知識がないと記入内容に悩む場面も出てくるでしょう。

そこでおすすめしたいのが、確定申告ソフト「freee会計」の活用です。

freee会計は、〇✕形式の質問で確定申告に必要な書類作成をやさしくサポートします。必要な計算は自動で行ってくれるため、計算ミスや入力ミスを軽減できます。
ここからは、freee会計を利用するメリットについて紹介します。

1.銀行口座やクレジットカードは同期して自動入力が可能!

1年分の経費の入力は時間がかかる作業のひとつです。freee会計に銀行口座やクレジットカードを同期すると、利用した内容が自動で入力されます。

また、freee会計は日付や金額だけでなく、勘定科目も予測して入力します。


freee会計 管理画面イメージ4

溜め込んだ経費も自動入力でカンタン!

2.現金取引の入力もカンタン!

freee会計は、現金での支払いも「いつ」「どこで」「何に使ったか」を家計簿感覚で入力できるので、毎日手軽に帳簿づけが可能です。自動的に複式簿記の形に変換してくれるため、初心者の方でも安心できます。


freee会計 管理画面の例1

さらに有料プランでは、チャットで確定申告について質問ができるようになります。オプションサービスに申し込めば、電話での質問も可能です。

freee会計の価格・プランについて確認したい方はこちらをご覧ください。

3.〇✕形式の質問に答えると、各種控除や所得税の金額を自動で算出できる!

各種保険やふるさと納税、住宅ローンなどを利用している場合は控除の対象となり、確定申告することで節税につながる場合があります。控除の種類によって控除額や計算方法、条件は異なるため、事前に調べなければなりません。

freee会計なら、質問に答えることで控除額を自動で算出できるので、自身で調べたり、計算したりする手間も省略できます。


freee会計 管理画面の例2

4.確定申告書を自動作成!

freee会計は取引内容や質問の回答をもとに確定申告書を自動で作成できます。自動作成​​した確定申告書に抜け漏れがないことを確認したら、税務署へ郵送もしくは電子申告などで提出して、納税をすれば確定申告は完了です。

また、freee会計はe-tax(電子申告)にも対応しています。e-taxからの申告は24時間可能で、税務署へ行く必要もありません。青色申告であれば控除額が10万円分上乗せされるので、節税効果がさらに高くなります。

e-tax(電子申告)を検討されている方はこちらをご覧ください。

freee会計 管理画面の例3

完成した確定申告書を提出・納税して確定申告が完了!

freee会計を使うとどれくらいお得?

freee会計には、会計初心者の方からも「本当に簡単に終わった!」というたくさんの声をいただいています。

税理士などの専門家に代行依頼をすると、確定申告書類の作成に5万円〜10万円程度かかってしまいます。freee会計なら月額980円(※年払いで契約した場合)から利用でき、自分でも簡単に確定申告書の作成・提出までを完了できます。

余裕をもって確定申告を迎えるためにも、ぜひfreee会計の利用をご検討ください。

freee会計で確定申告をカンタンに!

freee会計は〇✕形式の質問で確定申告に必要な書類作成をやさしくサポート!口座とのデータ連携によって転記作業も不要になり、入力ミスも大幅に削減します。