確定申告の基礎知識

確定申告はどこでする? 住民票のある場所と現住所が違う時どうすればいい?

確定申告をしようと思ったとき、どこの税務署に申告すればいいのかご存知ですか?住民票と実際に住んでいる場所が違う人、個人事業主で住民票の住所以外に事務所を構えている人、その他特殊なケースの場合の申告場所をご説明します。

アイキャッチ

確定申告が可能な場所

住民票がある自治体

確定申告を行う場所として定められているのは、原則として1月1日住民票にある自治体内の税務署となっています。住民票は実際に住んでいるところにあるのが原則だからです。本籍地とも関係ありません。

源泉徴収票に記載されている住所地を管轄する税務署

源泉徴収票を受け取っている人が、控除申請や副業収入の申告などで確定申告をする場合には、源泉徴収票に記載されている住所地が、原則、住民票のある現在の居住地のはずです。確定申告をする場合に源泉徴収票の提出も求められるため、同じ管轄の税務署で手続きを行います。

管轄税務署の調べ方

管轄の税務署がわからない場合は、国税庁のホームページで各都道府県の税務署を調べることができます。

国税局・税務署を調べる│国税庁

住民票とは違う場所での申告も可能?

原則として、申告場所は住民票のある自治体内の税務署となっていますが、一部例外も認められています。

住民票の住所と居住地が違う場合

住民票の住所と実際に住んでいる住所が異なる場合は、原則、居住地の管轄税務署で申告します。

住民票の住所と事業所の所在地が違う場合

個人事業主で、自分の住んでいる住所と事業所の住所が違う場合は、事前に届出をすると事業所所在地の税務署での申告も認められます。行きやすい方で申告してください。

ただし、居住地から事業地、または事業地から居住地へ申告先を変更する場合には事前に届出が必要となります。

変更の際には変更届も忘れずに

これらの特例を受けるには、「所得税・消費税の納税地の変更に関する届出書」の提出が必要です。本来の納税地所轄税務署長と居住地や事業所のある所轄税務署長に提出します。

どこに申告すればいいの?特殊なケース

納税者が亡くなった場合

納税者が確定申告前に亡くなってしまった場合、納税地は亡くなった人の死亡時の居住地となります。相続人の居住地ではありません。

なお、所得の計算は、1月1日から12月31日までのものとしますが、年度途中で亡くなった場合、1月1日から死亡日までに確定した所得を計算し、相続開始があったことを知った日の翌日から4ヶ月以内に申告する必要があります。

海外に住んでいる場合

1年以上の海外に住んでいる場合には日本国内に住所を有しないと見なされ、確定申告の対象者にはなりません。

しかし、海外に住んでいても、日本国内での一定の所得があるときには確定申告の必要があります。例えば、日本にマンションを所有していて、不動産収入がある場合は確定申告が必要です。

転勤で海外に赴任したなどの理由による海外在住者の人で、日本国内に事業にかかる事業所がある場合には、その事業所の所在地で申告をします。事業所等がない場合には、海外に住む前に納税地とされていた住所か居住地の管轄税務署になります。

ただし、海外からでは本人が確定申告できない状況になりますので、代理として納税管理人を届け出て、この納税管理人が本人に変わって申告します。

日本国内に住所も居所もない場合

住所も居所もない人で、日本国内に勤務する事業所があれば、その事業所の所在地が納税地になります。勤務する事業所もない場合は、麹町税務署が管轄税務署になることが定められています。

窓口に行かなくても申告は可能

住民票のある場所とは別の場所に住んでいる場合、わざわざ住民票のある場所まで行けないこともあるでしょう。そういった場合はどうすればよいのでしょうか?

郵送で提出

直接税務署の窓口に持っていかなくても、郵送で確定申告書を提出することができます。書き方がわからないときは、現住所の近くにある税務署で相談をし、確定申告書を作成したら、その後住民票のある管轄税務署に郵送すればOKです。

e-Taxで申告

確定申告をパソコンで作成して申告するという方法もあります。e-Taxでの申告には、事前に電子証明書やICカードリーダライタといったものを準備する必要がありますが、わざわざ税務署に行く必要もなく、便利なシステムです。

e-Taxの使い方は、国税庁のホームページに詳しく紹介されているので、気軽に始めることができます。

まとめ

確定申告の申告場所は確認できたでしょうか?原則として、現在住んでいる場所だということを覚えておくと、わかりやすいですね。税務署の窓口に行く時間がないという人でも、郵送やパソコンから申告することができるので、ぜひ利用してみてください。

確定申告ソフトfreee

確定申告 freee

確定申告ソフトfreeeなら、面倒な確定申告が圧倒的に簡単・ラクになります。ぜひお試しを!

知識総合トップへ戻る