確定申告の基礎知識

確定申告書B(第一表・第二表) 基本情報の記入方法

確定申告書B(第一表・第二表) 基本情報の記入方法について概要をご説明します。

記入例

まずは記入例です。
記入例

記入後にチェックするポイント

次は、記入後のチェックポイントについてご紹介します。

(1)「住所」の欄について
① 自宅と事務所が同じ場合:その住所だけを記載
② 自宅と事務所が別々の場合:上に「事務所」、下に「自宅」を記載

(2)「生年月日」の欄について
明治 :1
大正 :2
昭和 :3
平成 :4 を一番左の欄に記載します。

上記の例は昭和23年8月1日生まれの場合となります。

いかがでしょう。以上が確定申告書B(第一表・第二表) 基本情報の記入方法です。
基本情報欄に限らず、ご自身で記入することに自信がない方は、ぜひ確定申告ソフトのfreeeをご利用ください。
ステップに沿って入力をするだけで、確定申告書が自動作成されます。
はじめて確定申告を行った方も、簡単に確定申告を終えることができたと、驚きの声が届いています。
日々の記帳作業や経理作業もサポートしており、効率よく確定申告を終えたい方はぜひご利用をご検討ください。

開業 freee

開業freeeロゴ

個人事業の開業に必要な書類を無料で、自動作成することができます。開業時の忙しい時期の作業を大幅に軽減。青色申告をしたい方は開業届の提出が必須です。そのほかに必要な書類も、ステップに沿って入力するだけで簡単に作成可能!

確定申告ソフト freee

開業届を提出したら確定申告に向けた日々の経理作業が始まります。確定申告ソフト freeeなら、面倒な経理、確定申告を圧倒的に簡単・ラクにできます。スマホを活用して領収書の管理も可能です。スマホだけで確定申告を完了した方も!50万人の個人事業主が利用する会計ソフトを試してみませんか?

知識総合トップへ戻る