確定申告の基礎知識

確定申告が必要な人・お得になる人

そもそも、自分は確定申告をしなくてはいけないのか、しなくてもいいのかと迷う方や、確定申告をすれば還付金を受け取れてお得なのに、自分がその対象だとお気づきでない方がいらっしゃいます。
今回の記事では、「確定申告が必要な人」「確定申告をするとお得になる人」の条件をいくつかご紹介します。

目次

確定申告が必要な人・お得になる人

確定申告が必要な人

確定申告が必要な方は、以下の条件の方々です。

・個人事業を営んでいる人(青色申告ができる)
・給与の年間収入金額が2,000万円を超える人
・副収入の所得合計額が20万円を超える人
・2つ以上の会社から給与を受けている人
・災害減免法により源泉徴収の猶予などを受けている人
・住宅やゴルフ会員権を売却して利益が出た人
・保険金などの満期金がある人
・源泉徴収されていない外国企業から受け取った退職金がある人

確定申告をするとお得になる人

次に、確定申告をするとお得になる方の条件です。

・医療費が年間10万円を超えた人
・住宅ローン控除を初めて受ける人(2年目以降は年末調整で可能)
・中途退社などで、年末調整を受けてない人
・空き巣、ひったくり、集中豪雨や台風などの自然災害、害虫による災害などで資産に損害を受けた人
・寄付をした人(ふるさと納税など)

※自分が該当するか不明の場合は、税理士か税務署に相談されることをおすすめします。

ちなみに、確定申告が必要な人が、期限内に確定申告をしなかった場合、延滞税や加算税という罰金が課されます。
また、銀行の融資を考えるのであれば「期限後申告」は大きなマイナス要素になってしまうので、絶対に期限内に終わらせましょう。


驚くほど簡単?!確定申告ソフトのfreee

確定申告を期限内に、できるだけ簡単に終わらせるためにおすすめしたいのが確定申告ソフトのfreeeです。
会計の知識がない、初めて個人事業主になった方からは、簡単に確定申告を終えることができたと驚きの声が届いています。
また、スマートフォンにも対応しており領収書をアプリから保存することも可能です。
スマートフォンだけで確定申告を完了した方もいらっしゃるほどです。会計ソフトを活用して、確定申告に備えましょう。

開業 freee

開業freeeロゴ

青色申告をしたい方は開業届の提出が必須であることをご存知でしょうか?青色申告承認申請書など、そのほかに必要な書類も、ステップに沿って入力するだけで簡単に作成可能です!また、開業freeeは、個人事業の開業に必要な書類を無料で、自動作成することができます。開業時の忙しい時期の作業を大幅に軽減します。

確定申告ソフト freee

開業届を提出したら確定申告に向けた日々の経理作業が始まります。確定申告ソフト freeeなら、面倒な経理、確定申告を圧倒的に簡単・ラクにできます。スマホを活用して領収書の管理も可能です。スマホだけで確定申告を完了した方も!50万人の個人事業主が利用する会計ソフトを試してみませんか?

知識総合トップへ戻る