人事労務の基礎知識

給与明細の見方を知れば、給与計算の仕組みがわかる

給与明細を見ると、どのような項目が給与計算に使われて、最終的な支給額に至ったのかを理解できます。給与計算を理解できるよう、給与明細に記載される各項目についてまとめました。

目次

給与明細に書いてある項目

給与明細は、次のような項目で構成されています。

  • 1. 支給額: いわゆる「額面」の金額です。基本給に残業代や手当などを足した金額です。
  • 2. 控除額: 支給額から控除する(差し引く)金額のことです。保険や税金が差し引かれます。
  • 3. 差引支給額: いわゆる「手取り」のことで、実際に従業員に振り込まれる金額です。支給額から控除した額がこの金額となります。
それでは、支給側と控除側にわけて、各項目を詳しく見ていきましょう。

支給項目

支給項目には、基本給や残業代、通勤費などの手当があります。

基本給と残業代

給与明細には、金額に加えて勤務時間などの勤怠情報も記載されています。 残業代の計算について、詳しくは下記のページをご参照ください。

>> 関連記事: 残業代の正しい計算方法

手当

住宅手当や通勤手当、役職手当などそれぞれの会社によって定められた手当のことです。 重要なのは、次の2点です。

  • 課税の対象となる手当か?
  • 保険料の対象となる手当か?
詳しくは下記のページをご参照ください。

>> 関連記事: 社会保険料の計算方法
>> 関連記事: 雇用保険料の計算方法
>> 関連記事: 源泉所得税の計算方法

控除項目

控除項目には社会保険、雇用保険などの保険のほか、所得税や住民税金、その他会社独自の控除などがあります。

社会保険

健康保険と厚生年金保険(いわゆる「年金」)、介護保険を合わせて社会保険と呼びます。 社会保険は、会社と従業員で半分ずつ負担することになっています。 具体的な計算方法については下記ページをお読みください。

>> 関連記事: 社会保険料の計算方法

雇用保険

雇用保険は、会社と従業員で一定の割合ずつ負担することになっています。具体的な計算方法については下記のページをお読みください。

  >> 関連記事: 雇用保険料の計算方法

なお、雇用保険に関連して、労災保険という保険もありますが、これは会社が全額納めるもので、給料には直接関係せず、給与明細にも登場しません。

所得税

所得税とは、従業員が国に納める税金のことです。 これを会社が代わりに給料から差し引き、徴収することを「源泉徴収」と呼び、源泉徴収の総まとめのことを「年末調整」と呼びます。 詳しくは下記のページをお読みください。

>> 関連記事: 源泉所得税の計算方法

住民税

住民税とは、従業員が市区町村の役所に納める税金です。所得税が従業員の毎月の給料によって決まるのに対し、住民税は従業員の前年の給料によって決まるのが大きな特徴です。

会社が住民税を給料から差し引き、従業員の代わりに支払い手続きを行うことを「住民税の特別徴収」と呼びます。詳しくは下記のページをお読みください。

>> 関連記事: 住民税の計算方法

その他会社独自の控除

「積立金」「組合費」「財形貯蓄」といった、その会社独自の控除が定められている場合があります。 手当と同じく、 所得税の計算に関係する控除か? という点を確認する必要があります。

まとめ

 給与明細に記載される、上記で説明した項目を一つの式にすると、次の図のようになります。

支給額-控除額=手取りの給料

人事労務 freee

人事労務freeeなら、従業員データや勤怠データから給与を自動で計算、給与明細を自動で作成。社会保険料や雇用保険料、所得税などの計算も自動化し、給与振込も効率化します。

バックオフィス基礎知識