人事労務の基礎知識

厚生年金保険とは?保険料を計算

私たちの老後の生活を支える重要な収入源が公的年金です。老後の年金のみならず、けがや病気で障害が残ったときの障害年金、亡くなったときに遺族へ支給される遺族年金など、働けなくなったり収入を得るのが困難になったりしたときのセーフティネットの役割を担っています。

しかし、すべてが一律でわかりやすい国民年金に比べて、厚生年金についてはわかりにくいのが実情です。ここでは「厚生年金保険とは?」「厚生年金と国民年金の違い」といった基本から、厚生年金保険料の計算方法までご説明します。[監修:山本 務(特定社会保険労務士)]

更新日:2019年4月2日

厚生年金保険とは?保険料を計算

目次

社会保険の手続きや保険料の計算がラクに

人事労務freeeロゴ

人事労務freeeなら、従業員データや勤怠データから給与を自動で計算、給与明細を自動で作成。社会保険料や雇用保険料、所得税などの計算も自動化し、給与振込も効率化します。

厚生年金保険の仕組み

厚生年金保険とは

厚生年金保険は、厚生年金保険の適用を受ける事業所に勤務する会社員や公務員などで70歳未満の人が加入する公的年金制度です。

厚生年金保険の加入者(被保険者)は、厚生年金制度を通じて国民年金にも加入しており、国民年金部分にあたる「基礎年金」と「厚生年金」の両方を受け取ることになります。また、厚生年金保険は『厚生年金保険法』にもとづき、国によって管理され、給付が行われています。

厚生年金保険と国民年金の違い

厚生年金保険と国民年金には、おおまかにまとめると以下のような違いがあります。

<厚生年金保険・国民年金比較表>
厚生年金保険 国民年金
対象者 厚生年金保険の適用を受ける事業所に勤務する会社員・公務員などで、70歳未満の人 日本国内に住む20歳以上60歳未満のすべての人
納付する年金保険料 「標準報酬月額×保険料率」、「標準賞与額×保険料率」を事業主と被保険者で半分ずつ負担 一律の保険料(平成30年度は月16,340円)
年金保険料の納付方法 給与・賞与からの天引き
(事業主が被保険者分をまとめて納付)
自分で納付
将来給付される年金 基礎年金+厚生年金
(報酬比例部分)
基礎年金のみ

上記のように、厚生年金保険では基礎年金に加えて、企業側も負担してくれる厚生年金(報酬比例部分)があるため、将来給付される年金額が国民年金に比べて多くなります。さらに、厚生年金保険のほかに独自の企業年金として、厚生年金基金、確定給付企業年金、または確定拠出年金(企業型)を用意している企業もあります。


<年金制度の全体図>

公的年金の被保険者

引用元:企業年金連合会

(注1)
被用者年金制度の一元化に伴い、平成27年10月1日から公務員および私学教職員も厚生年金保険に加入。また、共済年金の職域加算部分は廃止され、新たに退職等年金給付が創設。ただし、平成27年9月30日までの共済年金に加入していた期間分については、平成27年10月以後においても、加入期間に応じた職域加算部分を支給。

(注2)
国民年金の第2号被保険者等とは、厚生年金被保険者をいう(国民年金の第2号被保険者のほか、65歳以上で老齢、または、退職を支給事由とする年金給付の受給権を有する者を含む)。

(注3)
第1号被保険者には、任意加入被保険者を含む。
資料:
国民年金(基礎年金)被保険者数および厚生年金被保険者数は、厚生労働省「平成29年度 厚生年金保険・国民年金事業の概況」、付加年金保険料納付被保険者の数値は、厚生労働省「事業月報 厚生年金保険・国民年金事業状況 平成30年3月」、国民年金基金加入員数は、国民年金基金連合会ホームページ、厚生年金基金加入員数および確定給付企業年金加入者数は、一般社団法人生命保険協会・一般社団法人信託協会・全国共済農業協同組合連合会「企業年金の受託概況(平成30年3月末現在)」、確定拠出年金(企業型・個人型)加入者数は、厚生労働省「確定拠出年金の施行状況」

厚生年金基金について

名前が似ておりよく間違われる厚生年金保険と厚生年金基金ですが、厚生年金基金は、従業員の将来の年金給付額を増やすために、厚生年金保険に加えて給付される独自の企業年金です。具体的には、国が管理・給付する厚生年金保険の一部を国に代わって積み立て・給付を行い、さらに厚生年金基金で上乗せされるプラスアルファ給付となる分も積み立て・給付を行います。

国に代わって積み立て・給付を行う厚生年金の一部は「代行部分」と呼ばれ、代行部分の掛金について被保険者と事業主は厚生年金保険料を国に納めることを免除されます。この免除された保険料を「免除保険料」といいます。厚生年金基金は、免除保険料と代行部分以外の加算分を掛金として納めます。厚生年金保険に関しては、免除保険料を差し引いた額を国に納めます。

厚生年金保険の保険料率

まず厚生年金保険の料率を決める被保険者の区分や、厚生年金に関係する法改正について確認しましょう。

厚生年金保険の被保険者の区分

厚生年金保険の被保険者の区分は主に2つであり、1つは「一般の被保険者」、もう1つは「坑内員、船員の被保険者」です。

厚生年金保険に関係する法改正

厚生年金保険には31の等級があり、等級に応じて厚生年金保険料が決められています。

厚生年金保険の保険料率は毎年改定されてきましたが、平成29年9月分からは一般の被保険者、坑内員・船員の被保険者ともに「18.300%」で固定となっています。

引用元:日本年金機構

厚生年金保険料の計算方法

厚生年金保険料は、毎月の給与(標準報酬月額)と賞与(標準賞与額)に共通の保険料率をかけて計算します。算出された保険料は事業主と被保険者が半分ずつ負担します。

保険料の種類 保険料額の計算方法
毎月の保険料額 標準報酬月額 × 保険料率
賞与の保険料額 標準賞与額 × 保険料率

標準報酬月額とは?

会社に勤める人(厚生年金保険の被保険者)が会社から支給される給与(基本給のほか、役職手当、家族手当、通勤手当、残業手当など)の1ヶ月分の総支給額を「報酬月額」と言います。

毎年9月に、4月から6月までの報酬月額を基に、その報酬月額を一定の幅で区分した報酬月額にあてはめて「標準報酬月額」を決定(定時決定)し、保険料や年金額の計算に使用します。

現在の標準報酬月額は1等級(88,000円)から31等級(620,000円)までの31等級に分かれています。

定時決定の算定月以後に報酬月額の大幅な変動(標準報酬月額の2等級以上)があった場合には、標準報酬の改定(随時改定)が行われます。

標準賞与額とは?

支給された1回の税引き前の賞与額から1,000円未満を切り捨てたもので、150万円を超えるときは150万円とします。

それでは、具体例で厚生年金保険料を計算してみましょう。

<厚生年金保険料の計算例>
4月・5月・6月の平均給与額255,000円、賞与が410,500円の従業員(厚生年金基金なし)の場合
  • 毎月の給与にかかる厚生年金保険料
    厚生年金保険料額表によると、255,000円は17等級で標準報酬月額は26万円
    厚生年金保険料=26万円×18.300%×1/2(労使折半)= 23,790円
  • 賞与にかかる厚生年金保険料
    賞与410,500円(1,000円未満を切り捨て)→ 標準賞与額41万円
    厚生年金保険料=41万円×18.300%×1/2(労使折半)= 37,515円

標準報酬月額、標準賞与額が高くなると厚生年金保険料が高額になりますが、将来の給付時には、年金などがその分多く支給される仕組みになっています。

まとめ

以上のように、厚生年金保険制度の仕組みや厚生年金保険と国民年金との違い、厚生年金保険料の計算方法を押さえておくことは、将来の年金生活を考えていくうえで役に立ちます。実務として社会保険を取り扱っている人はもちろんのこと、厚生年金保険に加入している人は仕組みについて再確認しておくとよいでしょう。

監修:山本務 <やまもと つとむ>
(特定社会保険労務士)

やまもと社会保険労務士事務所、代表の山本です。労働相談、あっせん代理、労務環境調査、行政調査対応、人事労務管理、就業規則の作成・見直し、労働保険・社会保険の電子申請、給与計算、助成金申請支援など幅広く展開しています。

社会保険の手続きや保険料の計算をラクに

従業員の入退社時の手続きや保険料の計算が煩雑でお困りではありませんか?

こうした手続きは人事労務 freeeを使うことで、効率良く行えます。

人事労務freee イメージ図

従業員情報の収集がラクに

健康保険・厚生年金保険の加入手続きや給与計算に必要な情報を、オンラインでまとめて収集できます。

入社前の社員にもメールで依頼できるほか、書類への転記の手間がなくなります。

人事労務 freee 年末調整イメージ

入社時の資格取得届の作成が可能

加入義務の事実が発生してから5日以内に、該当従業員の健康保険・厚生年金保険被保険者資格取得届を提出する必要があります。被扶養者がいるときは、健康保険被扶養者(異動) 届・国民年金第3号被保険者にかかる届出書も作成します。

人事労務freeeでは、従業員情報からこれらの届出書類を簡単に出力できます。

社会保険料の計算含む、給与計算事務全体を効率化

人事労務 freeeでは、従業員情報や最新の料率にもとづいて、社会保険の計算をミスなく効率的に行えます。

ワンクリックで給与計算・給与明細の発行が完了します。

年末調整・労働保険の年度更新・算定基礎届の作成・住民税の更新など、定期的に発生するイベントも人事労務 freeeで効率化できます。

企業の労務担当者のみなさん、人事労務 freeeを是非お試しください

人事労務 freee

人事労務freee

人事労務freeeなら、従業員データや勤怠データから給与を自動で計算、給与明細を自動で作成。社会保険料や雇用保険料、所得税などの計算も自動化し、給与振込も効率化します。

バックオフィス基礎知識