人事労務の基礎知識

有給休暇とは?有給休暇付与日数の計算方法を雇用形態別に詳しく説明します

最終更新日:2020/10/06

2020年9月現在、新型コロナウイルス拡大の影響を受け、さまざまな事業者が休業を余儀なくされています。そのため、従業員に特別休暇や有給休暇の取得をすすめる事業者も多くあります。年次有給休暇は労働基準法で労働者に認められた権利であり、出勤率などの条件を満たしていれば正規雇用、非正規雇用関わらず所定の日数を付与するように有給取得が義務付けられました。この記事では有給休暇の基礎知識、有給休暇の日数や計算方法について解説します。

有給休暇とは?有給付与日数の計算方法

目次

有給管理をもっとラクに

人事労務freee

人事労務freeeは2019年4月からの「有給休暇義務化」に対応。作成・保管の義務がある年次有給休暇管理簿作成も自動で。有給休暇管理を正しく、効率的に行うことができる人事労務管理ソフトです。

有給休暇(年次有給休暇)とは

有給休暇とは、所定の休日以外に労働者が賃金を得ながら取得できる休暇です。事業所の規模や業種を問わず、労働基準法第39条で労働者に認められた権利ですので、就業規則等に規定がなくても、取得することが可能です。有給休暇の取得には事業者側の承認は不要であり、原則として利用の目的に制限はありません。

有給休暇を付与する条件を満たしていれば、企業側(事業主)は、正社員のみならず、契約社員や派遣社員、パートやアルバイトでも与える必要があります。なお、派遣社員の場合は、雇用関係がある派遣元事業主の側に付与する義務があります。

有給取得義務化とは?

働き方改革関連法により、2019年4月から、企業側(事業主)は10日以上有給休暇が付与された労働者に対し、有給休暇を1年以内に5日分取得させる義務が課せられました。

2019年4月からは、5日以上の有給を取得していない従業員に対し、「有給休暇を取得したい」という希望の有無にかかわらず、時期を指定して、業務命令を出して有給休暇を強制的に取得させなければならないのです(有給休暇を5日以上取得済みの従業員に対しては時季指定は不要です)。この義務に違反した場合には、「6ヶ月以下の懲役もしくは30万円以下の罰金」という罰則の対象になります。

関連記事:最低でも有給5日消化しないと罰則!? 有給休暇の取得義務化を分かりやすく解説
参考: 厚生労働省 年次有給休暇の時季指定義務

有給休暇を付与する条件

有給休暇を付与する基本的な条件や出勤率の計算方法を説明します。

有給休暇が付与される条件は

  1. 雇用した日から6ヶ月以上継続して勤務していること
  2. 全労働日の8割以上出勤していること

の2点です。また、出勤をしていなくても、在籍していれば、「継続して勤務している」とみなされます。派遣社員など短期の契約で雇用されている場合も、更新を繰り返して6ヶ月以上継続した勤務となれば、1の条件を満たすことになります。

出勤率の計算

全労働日の8割以上出勤しているかどうかを確認するため、出勤率を計算します。出勤率を計算するうえでの「出勤日」とは、所定休日を除く、労働をした日です。所定休日に休日出勤していても、全労働日には含まれないため、出勤日としてカウントはされません。

業務上に起因する負傷や疾病によって休業している期間、育児・介護休業法に基づく育児休業や介護休業、産前産後休業、年次有給休暇の取得日は、出勤日に含まれます。

また、生理休暇は労働基準法上は出勤日とされませんが、年次有給休暇の出勤率の計算において、出勤日に含めることは可能です。

人事労務freeeなら、出勤率の計算から有給付与まで簡単に出来ます。もちろん、自動で給与計算も。
人事労務freee

雇用形態別有給休暇付与日数の計算方法

 

通常の労働者(週5日間フルタイム勤務)の場合

有給休暇は、前述のように全労働日の8割以上の出勤という条件を満たすと、雇用した日から6ヶ月後に10日付与されます。
その後の1年間で同様に8割以上の出勤率を満たすと、継続勤務1年6ヶ月で11日の付与となります。
翌年の継続勤務2年6ヶ月では12日、それ以降は毎年2日ずつ増えていき、6年6ヶ月以降の条件を満たした年は、年次有給休暇の付与は一律20日です。 定年退職した社員を嘱託として再雇用した場合は、継続した勤務とみなされるため、勤続年数は通算されます。アルバイトやパートから正社員へ転換したケースなど、雇用形態に変更があった場合も同様です。

通常の労働者の付与日数
継続勤務年数 6ヶ月 1年6ヶ月 2年6ヶ月 3年6ヶ月 4年6ヶ月 5年6ヶ月 6年6ヶ月
以上
有給付与日数 10日 11日 12日 14日 16日 18日 20日

引用元:厚生労働省

 

パートタイム労働者(週4日以下・30時間未満勤務)の場合

アルバイトやパートなど、所定労働日数が少ない労働者も、出勤率などの条件を満たすと、年次有給休暇が比例的に付与されます。

たとえば、所定労働日数が週3日の場合、継続して6ヶ月勤務すると5日、1年6ヶ月の勤務で6日であり、6年6ヶ月での11日が限度です。

年次有給休暇のうち、消化できなかった日数は翌年に繰り越しとなりますが、2年間使用しないと時効により権利が消滅します。

週所定労働日数が4日以下かつ週所定労働時間が30時間未満の労働者の付与日数
週所定
労働日数
1年間の所定
労働日数
継続勤務年数
6ヶ月 1年
6ヶ月
2年
6ヶ月
3年
6ヶ月
4年
6ヶ月
5年
6ヶ月
6年6ヶ月
以上
有給付与日数 4日 169日〜
219日
7日 8日 9日 10日 12日 13日 15日
3日 121日〜
168日
5日 6日 6日 8日 9日 10日 11日
2日 73日〜
120日
3日 4日 4日 5日 6日 6日 7日
1日 48日〜
72日
1日 2日 2日 2日 3日 3日 3日

引用元:厚生労働省

有給休暇は次年度に繰り越しが可能

年次有給休暇のうち、消化できなかった日数はすべて付与された日から2年以内であれば繰り越しが可能です。2年を経過した有給は時効により自動的に消滅します。

有給休暇(年次有給休暇)の管理

年次有給休暇の管理は、個別に管理する方法と、統一して管理する方法があります。個別に管理する方法では、中途入社の社員が多い企業では、年次有給休暇の発生日がそれぞれ異なるため、煩雑になりやすいのが難点です。

統一して管理する方法では、統一日を決めて一斉に年次有給休暇を付与しますが、勤務期間を切り捨てることは認められていません。

たとえば、4月1日を基準日とした場合では、1月1日に入社した人は6ヶ月経過していませんが、10日の年次有給休暇を付与することになります。

ただし、入社日によって不公平感が生まれることになりかねないため、基準日を年に2~3回設けるという方法もあります。
たとえば、「12月1日~3月31日入社は4月1日」、「4月1日~7月31日入社は8月1日」、「8月1日~11月30日入社は12月1日」という形です。
ただし、基準日が多いと事務処理が煩雑になりますので、事業所に合った形をとりましょう。

また、4月1日からの法改正により「年次有給休暇管理簿」の作成と3年間の保管が義務づけられました。会社は労働者ごとに取得日数などを決められた項目に応じて記録する必要があるので、併せて対応できるようにしましょう。

有給休暇管理をもっと楽に

「有給休暇義務化」への対応はお済みですか?

クラウド人事労務ソフト人事労務 freeeなら有給休暇の管理を正確に、効率的に行うことができます。

有給管理をもっとラクに

人事労務freeeロゴ

人事労務freeeは2019年4月からの「有給休暇義務化」に対応。作成・保管の義務がある年次有給休暇管理簿作成も自動で。有給休暇管理を正しく、効率的に行うことができる人事労務管理ソフトです。

「有給休暇義務化」に対応可能

人事労務 freeeは2019年4月からの有給休暇義務化に対応しています。従業員の「有給消化率」が確認できたり、3年間の保管が義務化となった「年次有給休暇管理簿」の出力・保管も可能です。

▼人事労務会計freee 有給休暇管理画面人事労務freee 有給管理イメージ

今後の法令改正や保険料率変更にもあんしん対応

法令の改正や保険料率・税率の変更は人事労務担当者にとって、大きなイベントの1つです。これからも最新の制度に準拠するようソフトを自動アップデート。 更新は追加料金なく、いつでも正しく労務管理や給与計算を行えます。

また、労務が初めての方も安心して使いこなせるよう、導入前の設定から導入後の運用の課題まで、経験方なスタッフがスピーディに対応してくれます。サポート利用者のアンケートではサポート総合満足度94%を達成しています。

freeeのサポート

「分からない点は、チャットで瞬時に回答いただけるので、本当に助かりました。初心者でも分かりやすく使えたというのは、うれしかったですね。」ー 株式会社シーオーメディカル

そのほかにも年末調整・労働保険の年度更新・算定基礎届の作成・住民税の更新など、定期的に発生するイベントも人事労務 freeeで効率化できます。

企業の労務担当者のみなさん、人事労務 freeeを是非お試しください

まとめ

年次有給休暇の取得は労働基準法に基づいた労働者の権利ですので、行使の請求があったときには、希望する時季の取得を原則として認めなければなりません。
また、有給取得義務化により、1年以内に5日の有給取得が必須となりました。罰則が発生するので、企業側はもちろんですが、従業員の方も自身の有給日数を把握し、効率的に消化することを心がけましょう。


現在、新型コロナウイルス感染拡大の影響により、休業を余儀なくされている事業者が多い状況にあります。出勤できない間は給料も支払われないため、労働者は有給消化などで対応しなければなりません。しかし、労働基準法により、事業者の都合で労働者を休業させた場合は、休業させた所定労働日について、平均賃金の6割以上の手当(休業手当)を支払わなければなりません。

しかし休業手当を受給するためには、労働者自身ではなく会社側の対応が鍵を握る現実が存在します。

この状況を受けて、厚生労働省は、経済上の理由により事業活動の縮小を余儀なくされた事業主に対して、雇用の維持を図るための休業手当に要した費用を助成する制度を発表しました。詳しくは厚生労働省 雇用調整助成金をご覧ください。

新型コロナウイルスに関連する助成金や、融資制度については下記のページをご覧ください。

新型コロナウイルスに関する関連記事
新型コロナウイルスに関連する融資制度とは? 「無利子・無担保融資」の融資制度や対象となる事業者までわかりやすく解説
新型コロナウイルスに関連する助成金とは? 支給額から対象となる事業者までわかりやすく解説

有給休暇に関する関連記事
「有給休暇義務化」に人手不足の中小企業が対応するには【社労士監修】
年次有給休暇の管理にまつわる疑問と正しい対応例
経営者なら知っておきたい「年次有給休暇の計画的付与」とは

人事労務 freee

人事労務freee

人事労務freeeなら、従業員データや勤怠データから給与を自動で計算、給与明細を自動で作成。社会保険料や雇用保険料、所得税などの計算も自動化し、給与振込も効率化します。

感染症対策情報
人事労務freeeとは?
バックオフィス基礎知識