請求書の基礎知識

「ご請求書(御請求書)」という表現は正しい? 知っておくべきビジネスマナー

最終更新日:2021/07/05

「御請求書」や「ご請求書」という表現は正しい? 知っておくべきビジネスマナー

ビジネスでお金のやり取りをする際には、必ずといっていいほど必要になるのが請求書です。請求書を発行する側としては、発注者に敬意を払うのが一番ですから、ビジネスマナーを意識して請求書を送りたいものです。今回は、請求書の呼称についてご紹介します。

クラウド会計ソフト freee

会計freee

クラウド会計ソフトfreeeを利用すると、請求書の作成・発行後の入金管理ができます。請求書を作成すると自動で帳簿をつけるので、経理の効率化が図れます。

目次

近年見られるようになった「御請求書」という表現

「ご挨拶」のように名刺や形容詞などに「お」「ご」「御」をつけて、丁寧さや相手への敬意を示す表現があります。このルールに則って、請求書のことを「ご請求書(御請求書)」と呼ぶ人が増えているようです。

「御請求書」という呼び方は、請求している側(自分)の行為を丁寧にしているので、違和感を覚える人も多いかもしれません。ですが、自身の行為に対して謙虚な気持ちを込めて「お」や「ご」をつける場合もあります。

例えば、「ご説明」や「ご紹介」の「ご」は相手への敬意を表します。そのため、「請求書」に「御」をつけること自体は決して間違っているわけではありません。

実際に「御請求書」と付けるか

実際の取引では、請求書を「御請求書」と呼ぶことに違和感を覚える人が多いようです。

見積書には「御見積書」を使うのが一般的ですが、請求書には「御請求書」はあまり使われていないことからも、「御請求書」という表現は使用しない方が無難でしょう。

封筒の添え字は「請求書在中」?「御請求書在中」?

多くの郵便物が届く企業の場合、送り主が不明の封筒は後回しにされて開封されないこともあります。そのため、重要な請求書であることが一目でわかるように「請求書在中」と封筒に明記するのが一般的です。

請求書サンプル

では、封筒に明記する「請求書在中」の添え字は「請求書在中」と「御請求書在中」どちらを使用すべきなのでしょうか?

この場合、内容を簡潔に伝えることが最も重要なので、「御請求書在中」ではなく「請求書在中」のように、文字数の少ない簡略化された形にするとよいでしょう。

「請求書在中」の意味や記載方法など、さらに詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にしてください。

【関連記事】
請求書を送る封筒に「請求書在中」は必要?どこに書けばいいの?

まとめ

請求書を「御請求書」と使うのは文法的には間違っていませんが、一般的ではありません。ケースによって使い分けた方が良い言葉なので、請求書を発行する際にはその点を頭に入れておきましょう。

請求書や見積書・発注書の発行と管理を効率的に進める方法

バックオフィス業務の中で、欠かせないタスクとして、請求書の作成やその後の入金処理などが挙げられます。

クラウド会計ソフト freee会計を使うことで、請求書の作成から入金管理まで、効率的に行えます。


クラウド会計ソフト freee会計

請求や入金の管理が効率的に

請求書の作成から郵送、その後の入金管理が会計ソフト内で完結。オールインワンで対応し、請求と経理のデータを紐付けることで、経理業務がより効率的になります。


クラウド会計ソフトfreeeで作成できる請求書のイメージ

請求書のほか、見積書、納品書の作成も可能。見積から請求、納品までの一連の流れに必要な書類の作成がfreeeだけで完結します。

合算請求・定期請求で請求業務をラクに

freee会計で作成した複数の見積書・納品書を合算して請求でき、作成の手間を省くことが可能。

設定をしておけば、期日になると下書きの請求書が自動作成され、請求作成日をメールでお知らせする機能もあります。

会計freeeでの定期請求のイメージ

請求書の郵送も格安で

クラウド会計ソフト freee会計で作成した請求書はPDFで発行できるだけではありません。

1クリックで郵送依頼をすることも可能。業界最安値の1通150円(税抜)で請求書を郵送できます(到着までに3-4営業日かかります。)。

freee会計の請求書の郵送について

請求書の作成にクラウド会計ソフト freee会計を使ってみたい方は、freee会計アカウントの新規作成(無料)ページからお試しください。

請求書の作成・管理は「freee会計」で

freee会計

freee会計を利用することで、請求書の作成・発行後の入金管理ができます。