請求書の基礎知識

請求書の品目・名目の書き方について

売上が上がった際に作成するのが請求書。ですが、請求書作成の際に品目・名目で何を記入すべきか迷った経験が誰しもあると思います。取引相手に分かりやすい品目を記載して円滑に取引したいですよね。そこで今回は請求書に記載する品目・名目を解説します。

そもそも請求書を作成する目的って?

ビジネスを行う上で当たり前の請求書。請求書発行を会計業務の一つとして何気なく行っている方もいらっしゃるかもしれませんが、入金されなければ意味がありません。入金をしっかりとしてもらえるよう取引相手に配慮した請求書の作成が不可欠です。この重要なポイントを押さえた上で品目・名目を決めるコツを考えていきましょう。

どういう品目名を記載すべきか

請求書の品目・名目を記載する際の必ず守るべきフォーマットというのはありません。請求者と受領者が相互に理解ができれば、大きな問題はありません(もちろん虚偽の記載はいけません)。

おそらく「広告費」や「システム設計費」、「業務委託費」など簡単に記載することが多いと思います。これで取引の概要は掴めるでしょう。ですが、やはり後で見返した際に何の請求だったか正確に把握できたほうがいいですよね。

例えば、定期的に取引があり、毎回「広告費」と記載しているとします。毎回決まった商品・サービス内容であれば問題ありませんが、取引ごとに内容が異なるケースがあると思います。それぞれの請求書を後で見返した時に内容が把握できていなければ、どんな内容の商品・サービスで売り上げが生じたのが分からなくなります。

単発で生じた取引ならなおさらです。重要なのは一目見て「どんな取引内容だったのか分かる」状態が理想です。

具体的に何をしたかをメモしておきましょう

取引内容の詳細を把握するために、品目を具体化する必要はないかもしれません。例えば「コンサルティング費」といったケースです。品目をコンサルティング費にしておき、加えて「採用活動のサポート」「業務効率化の助言」など追記で記載しておくのです。

そうすることでコンサルティングの内容が把握でき、見返した際に具体的な状況が把握できます。取引相手とのやりとりの中で過去の取引を後から確認する必要が出てくるかもしれません。そういった際にこういったメモは非常に役立ちます。

経理確認をスムーズに

いかがでしたでしょうか。日々当たり前のように発行している請求書。詳細の取引内容を記載して経理業務をスムーズにしていきましょう。

請求書の作成・管理は「クラウド会計ソフト freee」で

クラウド会計ソフトfreeeを利用することで、請求書の作成・発行後の入金管理ができます。

バックオフィス基礎知識