請求書の基礎知識

請求書の源泉徴収についてわかりやすく解説

「源泉徴収」という言葉はそれなりによく聞くワードかもしれませんが、実際にそれがどのようなものなのかご存じの方は多くないと思います。請求書においては、源泉徴収税を含んだものもあり、フリーランスや個人事業主で働くかたは、源泉徴収と請求書の関係を知っておく必要があります。今回は、請求書の源泉徴収の書き方や、書かなければならない理由などについて説明します。

源泉徴収とはそもそもどういうものなのか

源泉徴収とは、個人事業主やフリーランスの方の所得税を天引きして会社に納税してもらう制度となります。これは所得全てにかかることではなく、特定の所得に対して適用され、決まった方法で所得税を計算し、請求額から所得税の金額を差し引いて報酬が支払われることになります。

請求書に源泉徴収の金額を記載しなくても、会社側は源泉徴収をして支払いを行うことになりますが、会社が所得税の納付をするときに、源泉徴収の金額を計算することになり、請求書と振り込み通帳を比較しながら源泉徴収の計算をしなければならないことになります。

しかし、請求書に源泉徴収の金額が記載されていれば、計算の手間を省くことができ、作業の手間を省くことができます。請求される側の負担を考え、このような記載をしておくことが請求書においては一般的になっているといえるでしょう。

源泉徴収の対象となる仕事

源泉徴収の対象となる仕事として、代表的なものと言えるのは、原稿の報酬やデザインの報酬が挙げられます。その他にも、写真撮影や翻訳、校正などに発生する報酬に関しては源泉徴収の対象となります。詳しい要件は確認の上、請求書を発行するようにしましょう。

源泉徴収の計算方法

源泉徴収の計算方法ですが、請求額によって計算の方法は異なります。それぞれの場合に分けて紹介しようと思います。

請求額が100万円以下の場合

請求額が100万円以下の場合は、支払金額の10.21%が源泉徴収の税額となります。

請求額が100万円を超える場合

請求額が100万円を超える場合は、支払金額から100万円を差し引いた金額の20.42%に10万2,100円を加算した金額が源泉徴収の金額となります。

請求書への源泉徴収額の記載方法

請求書に計算した源泉徴収の金額はどのように記載すればいいのでしょうか。請求書に記載するときは、請求欄に入れるのではなく、最終的な差し引きの際に源泉徴収の金額がマイナスされていることがわかるように、合計欄に記載することが多いようです。

まとめ

今回は請求書の源泉徴収について紹介しました。自分の業務に源泉徴収が必要なものが該当しそうな場合は事前に確認しておき、請求書を書くことをおすすめします。

請求書や見積書・発注書の発行と管理を効率的に進める方法

バックオフィス業務の中で、欠かせないタスクとして、請求書の作成やその後の入金処理などが挙げられます。
クラウド会計ソフト freeeを使うことで、請求書の作成から入金管理まで、効率的に行えます。

クラウド会計ソフト freeeサイト

請求や入金の管理が効率的に

請求書の作成から郵送、その後の入金管理が会計ソフト内で完結。オールインワンで対応し、請求と経理のデータを紐付けることで、経理業務がより効率的になります。

クラウド会計ソフトfreeeで作成できる請求書のイメージ

請求書のほか、見積書、納品書の作成も可能。見積から請求、納品までの一連の流れに必要な書類の作成がfreeeだけで完結します。

合算請求・定期請求で請求業務をラクに

freeeで作成した複数の見積書・納品書を合算して請求でき、作成の手間を省くことが可能。

設定をしておけば、期日になると下書きの請求書が自動作成され、請求作成日をメールでお知らせする機能もあります。

会計freeeでの定期請求のイメージ

請求書の郵送も格安で

freeeで作成した請求書はPDFで発行できるだけではありません。

1クリックで郵送依頼をすることも可能。業界最安値の1通150円(税抜)で請求書を郵送できます。(到着までに3-4営業日かかります)

会計freeeの請求書の郵送について

請求書の作成に会計freeeを使ってみたい方は、会計freeeアカウントの新規作成(無料)ページからお試しください。

請求書の作成・管理は「クラウド会計ソフト freee」で

クラウド会計ソフトfreeeを利用することで、請求書の作成・発行後の入金管理ができます。

バックオフィス基礎知識