請求書の基礎知識

請求書は手渡しで渡してもいいもの? 知っておきたい基礎知識

請求書はビジネスをするうえで欠かせないものですが、フリーランスの方とのやり取りや、建築業で個人事業主の従業員と契約を結んでいる場合など、請求書のやり取りを手渡しで行いたい場合があるかと思います。しかし、一般的に請求書はメールや郵送で送るものとされていますし、手渡しでもよいものかと悩んでいる方も多いと思います。今回は請求書の手渡しについて紹介します。

請求書の渡し方のルールについて

一般的に郵送で取引先に送る、もしくはPDF化をしてメールで送るケースが多い請求書ですが、渡し方にルールはあるのでしょうか。手渡しの方が相手の顔がわかり、その後の取引の継続につながりやすいなどといった理由で、慣例的に先方の会社に赴き、請求書を手渡しで授受するような企業があるようです。そのような例からも、手渡しが問題ないということがいえそうですが、実際のところはどうなのでしょうか。

請求書に関しては、法的に決まったフォーマットなどもなく、渡し方も慣例に沿っていることは重要ですが、明確なルールはありません。ですから、もし手渡しで請求書を渡す行為そのものを先方が望んでいる場合や、通例として請求書は手渡しとしている取引先がある場合などその決まりに従うのが無難だといえるでしょう。

請求書を手渡しする場合の留意点

請求書を手渡しする場合の留意点はどのようなことが考えられるでしょうか。まず、受け取った封筒が請求書なのか、それとも別の書類なのかわかりにくいという問題がありえるでしょう。請求書が入っている封筒は「請求書在中」と書かれたスタンプを押し、内容物に請求書が含まれていることを明確に示しましょう。

次に、手渡しだと請求書が経理担当者に渡らない場合や、請求処理を忘れられてしまうリスクが高まるという問題点もあるでしょう。請求書の役割とは、請求が行われて達成されるものです。ですから、請求が行われることをしっかりと確認し、リマインドする意味でも、請求書を手渡ししたあとも、メールでもリマインドや内容物の確認などを行っておくことをおすすめします。

まとめ

請求書を手渡しする行為は慣習的に行われることもありますが、法的な観点から見ても特に問題はありません。気持ちのよい商取引をするためにも慣習に従い、請求書のやり取りを円滑にしたいものですね。

請求書や見積書・発注書の発行と管理を効率的に進める方法

バックオフィス業務の中で、欠かせないタスクとして、請求書の作成やその後の入金処理などが挙げられます。
クラウド会計ソフト freeeを使うことで、請求書の作成から入金管理まで、効率的に行えます。

クラウド会計ソフト freeeサイト

請求や入金の管理が効率的に

請求書の作成から郵送、その後の入金管理が会計ソフト内で完結。オールインワンで対応し、請求と経理のデータを紐付けることで、経理業務がより効率的になります。

クラウド会計ソフトfreeeで作成できる請求書のイメージ

請求書のほか、見積書、納品書の作成も可能。見積から請求、納品までの一連の流れに必要な書類の作成がfreeeだけで完結します。

合算請求・定期請求で請求業務をラクに

freeeで作成した複数の見積書・納品書を合算して請求でき、作成の手間を省くことが可能。

設定をしておけば、期日になると下書きの請求書が自動作成され、請求作成日をメールでお知らせする機能もあります。

会計freeeでの定期請求のイメージ

請求書の郵送も格安で

freeeで作成した請求書はPDFで発行できるだけではありません。

1クリックで郵送依頼をすることも可能。業界最安値の1通150円(税抜)で請求書を郵送できます。(到着までに3-4営業日かかります)

会計freeeの請求書の郵送について

請求書の作成に会計freeeを使ってみたい方は、会計freeeアカウントの新規作成(無料)ページからお試しください。

請求書の作成・管理は「クラウド会計ソフト freee」で

クラウド会計ソフトfreeeを利用することで、請求書の作成・発行後の入金管理ができます。

バックオフィス基礎知識