請求書の基礎知識

「様」と「御中」どちらが正しい?請求書の宛名の書き方

請求書はビジネス文章の一つですので、しっかりとマナーにのっとった書き方で先方に送付したいものです。送付するときに、宛名をどのように書けばいいのか迷うこともあるでしょう。今回はそのようなときのために、請求書の宛名の書き方を紹介します。

正式名称を記載しよう

請求書を送付するときに会社の名前を省略したり、「株式会社」の部分を「(株)」のように略して発行していないでしょうか。

名称の一部となるので、省略することは失礼にあたる、という考え方があります。請求書にはしっかりと正式名称を書くようにしましょう。

会社名に付ける宛名

担当者が特になく、会社宛てに請求書を送付する場合や、経理部に直接請求書を送付してほしいという依頼があった場合などは、担当者ではなく、会社や部署宛に請求書を送付することになるかと思います。

会社や部署など、組織宛てに請求書を送る場合に使う宛名は「御中」となります。たとえば「◯◯株式会社 御中」「◯◯株式会社 経理部 御中」のように利用します。

担当者名に付ける宛名

担当者がわかっている場合は、担当者宛に請求書を送付することが多いと思います。また、個人宛てに請求書を送る場合についても同様の宛名の使い方をします。

個人(担当者)に向けて請求書をおくる場合、宛名は「様」となります。「殿」を用いる人もいると思いますが、これは目上の人が目下の人に対して使う敬称となります。また、会社名に「様」を付けて送る方がいますが、マナーとして避けたほうがいいでしょう。

御中と様の併用はNG

会社名と担当者名を併記する場合、宛名はどのように用いるのが正しいのでしょうか。

「◯◯株式会社御中 ✕✕様」のように、会社名と担当者名の両方に宛名を付けるのは正しくありません。「◯◯株式会社 ✕✕様」というように、担当者名に宛名を付けるのが正しい用法となります。

まとめ

請求書の宛名についてまとめましたが、いかがでしょうか。請求書の送付時に宛名がしっかり書かれていることは、マナーのひとつですので、覚えておきましょう。

請求書や見積書・発注書の発行と管理を効率的に進める方法

バックオフィス業務の中で、欠かせないタスクとして、請求書の作成やその後の入金処理などが挙げられます。
クラウド会計ソフト freeeを使うことで、請求書の作成から入金管理まで、効率的に行えます。

クラウド会計ソフト freeeサイト

請求や入金の管理が効率的に

請求書の作成から郵送、その後の入金管理が会計ソフト内で完結。オールインワンで対応し、請求と経理のデータを紐付けることで、経理業務がより効率的になります。

クラウド会計ソフトfreeeで作成できる請求書のイメージ

請求書のほか、見積書、納品書の作成も可能。見積から請求、納品までの一連の流れに必要な書類の作成がfreeeだけで完結します。

合算請求・定期請求で請求業務をラクに

freeeで作成した複数の見積書・納品書を合算して請求でき、作成の手間を省くことが可能。

設定をしておけば、期日になると下書きの請求書が自動作成され、請求作成日をメールでお知らせする機能もあります。

会計freeeでの定期請求のイメージ

請求書の郵送も格安で

freeeで作成した請求書はPDFで発行できるだけではありません。

1クリックで郵送依頼をすることも可能。業界最安値の1通150円(税抜)で請求書を郵送できます。(到着までに3-4営業日かかります)

会計freeeの請求書の郵送について

請求書の作成に会計freeeを使ってみたい方は、会計freeeアカウントの新規作成(無料)ページからお試しください。

請求書の作成・管理は「クラウド会計ソフト freee」で

クラウド会計ソフトfreeeを利用することで、請求書の作成・発行後の入金管理ができます。

バックオフィス基礎知識