請求書の基礎知識

請求書と伝票の違いについて

会計業務を行う際に伝票に記録をされている方もいらっしゃると思います。また売上が出た際には請求書を作成します。では「伝票」と「請求書」の違いは何なのでしょうか。使い分けに焦点を当てて解説します。

そもそも伝票って何?

伝票とは、会計上の取引が誰が見ても分かる状態になっている書類のことをいいます。伝票への記入を誤れば全てを間違えることになるため、慎重に入力を進めなければいけません。伝票への入力で重要なことは「いつ」「何を」「どうしたか」を明確にすることです。

請求書とは?

請求書とは、料金や代金などの支払を請求、つまりお願いするときの書類です。支払い前なので、支払期日や、支払いの対価となる物品やサービスの内訳・個数、支払い先、支払期限などが記載されるのが一般的です。

また請求書は代金を取引相手に請求するための書類です。請求書の作成を会計業務の一環として何気なく行っている方もいらっしゃるかもしれませんが、取引相手から入金されなければ意味がありません。入金をしっかりとしてもらえるよう取引相手に配慮した請求書の作成が不可欠です。

伝票と請求書の違い

よく間違えてしまうのが「入金伝票」と「請求書」です。入金伝票は、商品の販売やサービス提供によって、入金が発生した際に作成します。伝票には、日付・金額・入金先・勘定科目を記載します。もちろん入金に関する伝票なので、銀行から引き出した場合も伝票に記載する必要があります。

一方、請求書ですが、上記の通り請求が発生した際に生じる書類です。つまりまだ入金が完了していない段階で作成する必要があります。また、手元で保管するものではなく、取引相手に送付するという点も伝票と異なる点です。

どういったケースで作成する書類なのかを把握して使い分けましょう。

請求書を送付する際の注意点

先述したとおり、伝票と請求書の違いの1つは取引相手に送付するかどうかです。送付するまでの流れを簡単に解説します。

基本的には送付状の添付はしてもしなくてもどちらでも構いません。ですが、郵送の際はビジネスマナーの観点でみると添付するのが無難です。

またメールの場合、請求書の原本も合わせて郵送しなければいけないという決まりはなく、必須ではありません。請求書のPDFファイルをメールに添付し、取引相手に送付する事業所も増えています。もちろん原本の郵送が必要か否かは取引相手に確認しましょう。

いかがだったでしょうか。伝票と請求書の違いはお分かりいただけたと思います。用途に合わせて使い分けましょう。

請求書や見積書・発注書の発行と管理を効率的に進める方法

バックオフィス業務の中で、欠かせないタスクとして、請求書の作成やその後の入金処理などが挙げられます。
クラウド会計ソフト freeeを使うことで、請求書の作成から入金管理まで、効率的に行えます。

クラウド会計ソフト freeeサイト

請求や入金の管理が効率的に

請求書の作成から郵送、その後の入金管理が会計ソフト内で完結。オールインワンで対応し、請求と経理のデータを紐付けることで、経理業務がより効率的になります。

クラウド会計ソフトfreeeで作成できる請求書のイメージ

請求書のほか、見積書、納品書の作成も可能。見積から請求、納品までの一連の流れに必要な書類の作成がfreeeだけで完結します。

合算請求・定期請求で請求業務をラクに

freeeで作成した複数の見積書・納品書を合算して請求でき、作成の手間を省くことが可能。

設定をしておけば、期日になると下書きの請求書が自動作成され、請求作成日をメールでお知らせする機能もあります。

会計freeeでの定期請求のイメージ

請求書の郵送も格安で

freeeで作成した請求書はPDFで発行できるだけではありません。

1クリックで郵送依頼をすることも可能。業界最安値の1通150円(税抜)で請求書を郵送できます。(到着までに3-4営業日かかります)

会計freeeの請求書の郵送について

請求書の作成に会計freeeを使ってみたい方は、会計freeeアカウントの新規作成(無料)ページからお試しください。

請求書の作成・管理は「クラウド会計ソフト freee」で

クラウド会計ソフトfreeeを利用することで、請求書の作成・発行後の入金管理ができます。

バックオフィス基礎知識