請求書の基礎知識

請求書と交通費の関係についてわかりやすく解説します

最終更新日:2021/01/20

  
請求書と交通費の関係についてわかりやすく解説します

フリーランスの方が請求書を発行する場合、オフィスへの移動や遠方への出張などで、交通費を請求書に含めて請求を行うことがあります。そのような場合、請求書にどのように交通費を記載すべきなのでしょうか。

本記事では、請求書と交通費の関係について詳しく解説していきます。

クラウド会計ソフト freee

会計freee

クラウド会計ソフトfreeeを利用すると、請求書の作成・発行後の入金管理ができます。請求書を作成すると自動で帳簿をつけるので、経理の効率化が図れます。

目次

請求書に交通費は含んでいいもの?

交通費は請求書に含んでもいいものなのでしょうか。基本的には、請求書を「発行する側(フリーランス)」と「受け取る側(クライアント)」で双方の合意があれば問題ありません。

しかし、双方の合意がない場合には、クライアント側から請求書の差し戻しを要求される場合もあります。また、近隣で打ち合わせをする際の交通費などは、交通費を請求しないのが一般的です。

いずれにしても交通費などがかかるようなサービスを提供する場合には、請求書のやり取りをする前や、契約を締結する前に交通費の取扱いに関して、トラブルを防ぐために事前に合意を取ったほうがいいでしょう。

請求書に交通費を含む場合の留意点

請求書に交通費を含む場合ですが、「交通費」と請求書に記載しているだけでは不十分だと言われる可能性があります。

交通費が実際にかかったことが証明できるよう、移動にかかった分の領収書などを用意しておき、移動区間などが証明できるようにしておきましょう。

なお、PASMOやSuicaといった交通ICカードを利用すると、一定期間・件数を越えると利用の履歴が消えてしまいます。券売機等でこまめに領収書を発行するようにしましょう。

経費申請に請求書を用いることはできるのか

少し話は変わりますが、経費申請をするときに領収書を用意することができず、請求書を領収書の代替として用いることができないか、という疑問がある方もいると思います。

請求書は支払いの証明として用いることができますが、基本的には請求書と同時に出金伝票(現金を支払ったときに利用する書類)を用いて経費申請をすることになるでしょう。いずれにしても領収書がもらえる場面であれば領収書をしっかりと受け取ることを忘れずに行いたいものです。

まとめ

本記事では、フリーランスの方が交通費を請求する際の注意点について解説してきました。交通費の請求は、クライアントとの契約によって、経費に含めることができるかが異なります。トラブルを未然に防ぐためにも、契約前にクライアントと双方の合意を得るのが得策です。

また、可能であれば、契約書にしっかりと明記することで、トラブル時に自分の身を守ることができます。

請求書や見積書・発注書の発行と管理を効率的に進める方法

バックオフィス業務の中で、欠かせないタスクとして、請求書の作成やその後の入金処理などが挙げられます。
クラウド会計ソフト freeeを使うことで、請求書の作成から入金管理まで、効率的に行えます。

クラウド会計ソフトfreee

請求や入金の管理が効率的に

請求書の作成から郵送、その後の入金管理が会計ソフト内で完結。オールインワンで対応し、請求と経理のデータを紐付けることで、経理業務がより効率的になります。

クラウド会計ソフトfreeeで作成できる請求書のイメージ

請求書のほか、見積書、納品書の作成も可能。見積から請求、納品までの一連の流れに必要な書類の作成がfreeeだけで完結します。

合算請求・定期請求で請求業務をラクに

freeeで作成した複数の見積書・納品書を合算して請求でき、作成の手間を省くことが可能。

設定をしておけば、期日になると下書きの請求書が自動作成され、請求作成日をメールでお知らせする機能もあります。

会計freeeでの定期請求のイメージ

請求書の郵送も格安で

freeeで作成した請求書はPDFで発行できるだけではありません。

1クリックで郵送依頼をすることも可能。業界最安値の1通150円(税抜)で請求書を郵送できます。(到着までに3-4営業日かかります)

会計freeeの請求書の郵送について

請求書の作成に会計freeeを使ってみたい方は、会計freeeアカウントの新規作成(無料)ページからお試しください。