請求書の基礎知識

請求書にマイナンバーを表記する必要はあるのか?

取引先とのやり取りに用いる請求書ですが、マイナンバーの添付をお願いされたり、または今後の制度によってマイナンバーの添付が必要になるのか知りたいという人は少なくないのではないでしょうか。

今回は請求書とマイナンバーとの関係性について紹介していこうと思います。

マイナンバーが必要となる書類

マイナンバーが必要となる書類ですが、税務署に対して提出する法定調書には記載が必要になります。つまり、主に行政機関に提出する書類に関してはマイナンバーの記載が必要になります。

また、民間企業と個人や企業の間でマイナンバーのやり取りがある場合は、マイナンバーを提供することで、法定調書を作成する場合となります。

請求書にマイナンバーの記載は必要か?

上記のことを考えたうえで、マイナンバーの記載は必要になるのでしょうか。請求書は法定調書ではありませんし、請求書に関連してマイナンバーが必要となるケースもありません。そのため、マイナンバーの記載は必要がないということになります。

マイナンバーを記載された書類の管理は、厳密に行わなければいけないと定められいますので、記載していることによって、先方への負担が増えてしまう可能性もあります。場合によっては、マイナンバーが記載されている請求書の受取りそのものを拒否されてしまう場合もあるでしょう。

よって、請求書にはマイナンバーを載せることはしないようにすることが適当です。

法人番号は記載してもよい

企業間のやり取りの場合、法人に付与された法人番号を請求書に付与するのはどうなのでしょうか。

法人番号については、公表されていますのでマイナンバーとは違い、他の人に漏えいしてはいけないものではありません。

また、支払調書などの法定調書を作成するときに法人番号の記載が必要な場合がありますので、記載しておいても問題はないでしょう。

まとめ

個人事業主の場合、マイナンバーを請求書に記載することによって、先方への管理コストなどをかけてしまうこともあり、請求書にマイナンバーを載せるのは原則としていらない行為だということを覚えておきましょう。

また、法人番号については、公開情報のため記載してもよいですが、活用の仕方についてはしっかりと考えて請求書に記載するようにしましょう。

請求書や見積書・発注書の発行と管理を効率的に進める方法

バックオフィス業務の中で、欠かせないタスクとして、請求書の作成やその後の入金処理などが挙げられます。
クラウド会計ソフト freeeを使うことで、請求書の作成から入金管理まで、効率的に行えます。

クラウド会計ソフト freeeサイト

請求や入金の管理が効率的に

請求書の作成から郵送、その後の入金管理が会計ソフト内で完結。オールインワンで対応し、請求と経理のデータを紐付けることで、経理業務がより効率的になります。

クラウド会計ソフトfreeeで作成できる請求書のイメージ

請求書のほか、見積書、納品書の作成も可能。見積から請求、納品までの一連の流れに必要な書類の作成がfreeeだけで完結します。

合算請求・定期請求で請求業務をラクに

freeeで作成した複数の見積書・納品書を合算して請求でき、作成の手間を省くことが可能。

設定をしておけば、期日になると下書きの請求書が自動作成され、請求作成日をメールでお知らせする機能もあります。

会計freeeでの定期請求のイメージ

請求書の郵送も格安で

freeeで作成した請求書はPDFで発行できるだけではありません。

1クリックで郵送依頼をすることも可能。業界最安値の1通150円(税抜)で請求書を郵送できます。(到着までに3-4営業日かかります)

会計freeeの請求書の郵送について

請求書の作成に会計freeeを使ってみたい方は、会計freeeアカウントの新規作成(無料)ページからお試しください。

請求書の作成・管理は「クラウド会計ソフト freee」で

クラウド会計ソフトfreeeを利用することで、請求書の作成・発行後の入金管理ができます。

バックオフィス基礎知識