請求書の基礎知識

切り捨て?切り上げ?請求書の端数処理について解説

最終更新日:2021/01/04

切り捨て? 切り上げ? 請求書の端数処理について解説

請求書を作成するとき、消費税などによって1円に満たないような端数が出てしまうケースが存在します。このような端数はどのように処理をすればいいのでしょうか?今回は、請求書の端数処理について紹介していきます。

クラウド会計ソフト freee

会計freee

クラウド会計ソフトfreeeを利用すると、請求書の作成・発行後の入金管理ができます。請求書を作成すると自動で帳簿をつけるので、経理の効率化が図れます。

目次

請求書は自由だが、納めるべき消費税の端数処理は明確なルールがある

税抜価格が10円単位での請求の場合、税込価格では消費税の計算で端数が出てしまいます。この端数をどうするか悩まれるかもしれませんが、財務省が公表する「総額表示に関する主な質問」にて、「(税込価格の1円未満の)端数をどのように処理 (切捨て、切上げ、四捨五入など)して「税込価格」を設定するかは、それぞれの事業者のご判断によることとなります。」回答があるので、自由に設定して構いません。

しかし、請求書ごとに端数処理の方法が変わっては混乱のもとなので、会社(事業主)として方針を定めて、全ての見積・請求で統一した方が良いでしょう。

納付消費税額計算の端数処理

なお消費税に関する端数処理は、国に納める消費税額の計算の際にも行わなければなりません。そしてその計算はやや複雑であり、それというのも各事業者が納める消費税額の重複を無くすため、税売上に係る消費税額から課税仕入れ等に係る消費税額を差し引いて納めるべき消費税額を求めるからです。

また地方消費税も、同時に計算しなければならず、その計算式は以下となります。

税売上に係る消費税額
→課税期間中の課税売上高に7.8%(軽減税率の適用対象はは6.24%)を掛ける

課税仕入れ等に係る消費税額
→課税期間中の課税仕入高に110分の7.8(軽減税率の適用対象は108分の6.24)を掛ける

納めるべき消費税額
→「税売上に係る消費税額」-「課税仕入れ等に係る消費税額」

地方消費税
→「納めるべき消費税額」に78分の22を掛ける


課税売上と課税仕入れ等に係る消費税額
→計算結果から1円未満切り捨て

納めるべき消費税額
→計算結果から100円未満切り捨て

地方消費税
→計算結果から100円未満切り捨て

※全ての計算で、前の計算で行われた端数処理を引き継ぎます。

インボイス制度の導入によって請求書のルールも変わる

インボイス(適格請求書)とは、売手が買手に対して、複数の税率が存在する軽減税率で混乱が生じることを避けるため、正確な適用税率や消費税額も記載された請求書です。

インボイス制度が導入されると、売り手は消費税の課税事業者から求められればインボイスを発行しなければなりませんし、買い手は消費税の仕入税額控除のためにインボイスを保存しておかねばなりません(売り手にも保存義務があります)。

そして、インボイスにおける端数処理では、インボイスごとに最後にまとめて端数処理を行うルールになっています(複数税率が混在する場合は、税率ごとに1回)。
個別の商品ごとに端数処理をしてはいけませんので、制度導入後は注意しましょう。

売上額などに端数が生じた場合は?

なお、消費税とは関係なく税別価格の段階で、例えば工数などで計算して売上を決めている場合、工数としてかけられる倍数によっては端数が生じてしまうことがあります。そのような場合に関しては特に端数の処理には決まりがありません。

端数が発生する場合は請求書を発行し、確認してもらう前に取引先と端数の処理について相談し、どのような処理をするのかを決めましょう。

まとめ

請求書の端数処理について説明しましたが、いかがでしょうか。消費税の場合は、原則として端数は切り捨てとする場合が多いです。そして、業務の中で端数が出てしまった場合には、取引先と協議の上、端数処理をどうするのか決めるようにしましょう。

請求書や見積書・発注書の発行と管理を効率的に進める方法

バックオフィス業務の中で、欠かせないタスクとして、請求書の作成やその後の入金処理などが挙げられます。

クラウド会計ソフト freee会計を使うことで、請求書の作成から入金管理まで、効率的に行えます。


クラウド会計ソフト freee会計

請求や入金の管理が効率的に

請求書の作成から郵送、その後の入金管理が会計ソフト内で完結。オールインワンで対応し、請求と経理のデータを紐付けることで、経理業務がより効率的になります。


クラウド会計ソフトfreeeで作成できる請求書のイメージ

請求書のほか、見積書、納品書の作成も可能。見積から請求、納品までの一連の流れに必要な書類の作成がfreeeだけで完結します。

合算請求・定期請求で請求業務をラクに

freee会計で作成した複数の見積書・納品書を合算して請求でき、作成の手間を省くことが可能。

設定をしておけば、期日になると下書きの請求書が自動作成され、請求作成日をメールでお知らせする機能もあります。

会計freeeでの定期請求のイメージ

請求書の郵送も格安で

クラウド会計ソフト freee会計で作成した請求書はPDFで発行できるだけではありません。

1クリックで郵送依頼をすることも可能。業界最安値の1通150円(税抜)で請求書を郵送できます(到着までに3-4営業日かかります。)。

freee会計の請求書の郵送について

請求書の作成にクラウド会計ソフト freee会計を使ってみたい方は、freee会計アカウントの新規作成(無料)ページからお試しください。

請求書の作成・管理は「freee会計」で

freee会計

freee会計を利用することで、請求書の作成・発行後の入金管理ができます。