請求書の基礎知識

切り捨て? 切り上げ? 請求書の端数処理について解説

請求書を作成するとき、消費税などによって1円に満たないような端数が出てしまうケースが存在します。このような端数はどのように処理をすればいいのでしょうか?今回は、請求書の端数処理について紹介していきます。

消費税の端数の処理は明確なルールがある

10円単位での請求の場合、消費税で端数が出てしまいます。端数の処理を間違えてしまうと納税額が変わってしまうので、注意したいところです。
国税庁がルールとして消費税の課税によって出た1円未満の端数に関しては全て切り捨てと定めています。消費税額による端数に関しては全て切り捨てて、端数のない数字を請求書に記載するのが原則です。取引先からもらった請求書と消費税が合わないときには、まずこの切り捨てのルールにのっとって処理されているかを確認するべきです。切り上げや四捨五入によって処理されていないかを確認してみましょう。

インボイス方式の導入によって請求書のルールも変わる

消費税に軽減税率が導入される影響などから、「インボイス方式」が導入されることが予想されています。インボイス方式とは、課税事業者が発行する請求書に記載された税額のみが控除の対象になる方式です。この方式が導入されることで、適用税率や税額を請求書に記載しなければならなくなる可能性があります。

売上額などに端数が生じた場合は?

工数などで計算して売上を決めている場合、工数としてかけられる倍数によっては端数が生じてしまうことがあります。そのような場合に関しては特に端数の処理には決まりがありません。

端数が発生する場合は請求書を発行し、確認してもらう前に取引先と端数の処理について相談し、どのような処理をするのかを決めましょう。

まとめ

請求書の端数処理について説明しましたが、いかがでしょうか。消費税の場合は、原則として端数は切り捨てとする場合が多いです。そして、業務の中で端数が出てしまった場合には、取引先と協議の上、端数処理をどうするのか決めるようにしましょう。

請求書の作成・管理は「クラウド会計ソフト freee」で

クラウド会計ソフトfreeeを利用することで、請求書の作成・発行後の入金管理ができます。

バックオフィス基礎知識