請求書の基礎知識

違いはどこにある? 領収書と請求書

ビジネスで利用する書類にはいくつか種類がありますが、請求書と領収書は聞いた感じがにていますし、どういう違いがあるのかを理解するのになかなか手間取ってしまいがちです。今回は、請求書と領収書の違いについて説明したいと思います。

請求書とは

まず、請求書についての説明をしたいと思います。請求書とは、料金や代金などの支払を請求、つまりお願いするときの書類です。支払い前なので、支払期日や、支払いの対価となる物品やサービスの内訳・個数、支払い先、支払期限などが記載されるのが一般的です。

領収書とは

次に領収書ですが、領収書は、支払が行われたあとに、代金を受け取ったことを証明する書類です。支払い後の書類なので、支払の対価となる物品・サービスの内訳などは請求書と同様に記載してありますが、支払期限などの記載はありません。

領収書と請求書の違い

請求書も領収書も、支払いを求める側(サービスの提供側)が支払う側(サービスを受ける側)に発行するものという共通点があります。それでは、請求書と領収書の違いはどこにあるのでしょうか。

請求書は、支払を求めるときに発行するもので、領収書は、お金を受け取ったときに、お金を払ったことを証拠として残しておくために発行するものとなります。

請求書はトラブルを防ぐ意味でも発行が必要だといえますが、領収書に関しては、発行をしなくても法律上の問題はありません。商習慣として、領収書があることでスムーズな取引ができる意味合いが強いです。

収入印紙の扱いにも違いがある

また、請求書と領収書では、収入印紙の扱いにも違いがあります。請求書に関しては、収入印紙を貼る必要は基本的にありません。それに対して、領収書は5万円以上の取引であれば収入印紙を貼り付ける必要があります。(金額によって、貼り付けるべき収入印紙の金額は異なります)

請求書と領収書を兼ねる場合がありますが、その場合は基本的に領収書に合わせて対応をします。そのため、5万円以上の取引であれば収入印紙を貼り付けるようにしましょう。

まとめ

請求書と領収書の違いについて説明しました。請求書も領収書も発行する人と受け取る人は同じですが、支払の前なのか、それとも後なのかという違いと収入印紙の貼り付けの違いがあります。大事な書類ですので、請求書も領収書もしっかりと区別を持って管理していくようにしましょう。

請求書の作成・管理は「クラウド会計ソフト freee」で

クラウド会計ソフトfreeeを利用することで、請求書の作成・発行後の入金管理ができます。

バックオフィス基礎知識