請求書の基礎知識

建設業の請求書の書き方について説明します

請求書にやり取りと聞いて、一般的にイメージするのはいわゆる事務仕事などかもしれませんが、建設業もビジネスですから、当然請求書のやり取りは存在します。特殊な業態となっている建設業の請求書の書き方はどうなっているのでしょうか。今回は建設業の請求書の書き方について紹介します。

請求書について

請求書とは、一般的にビジネスでのもののやり取りやサービスのやり取りで生じる料金などを請求し、回収するための書類となります。また、このような取引を証明し、どのような金銭のやり取りがあったのかを証明する役割も請求書にはあります。建設業の場合、工事などの請求に関して、請求書でのやり取りが頻繁に生じると思います。工事の請求書について以下で説明しようと思います。

請求書にフォーマットはない

請求書については、決まったフォーマットがあるように思われがちですが、請求が行われ、しっかりと入金されるような形式であればどのようなフォーマットでも構いません。工事関係の請求書に関しては、自治体や建築業者が用意しているテンプレートがありますので、そのようなテンプレートを利用してもよいでしょう。

建築業の請求書で留意すべきこと

建築業だからといって、請求書のフォーマットの基本的な部分に関しては変更しなくても構いません。建築業ならではの特殊な用語などについて、しっかりと用法を気をつけて利用するようにしましょう。たとえば、工事名や人工などといった用語は建設業特有のものです。しっかりと相手に伝わるような請求書を作成することを心がけましょう。

まとめ

建設業の請求書の書き方について説明しました。押さえるべきポイントとしては、建築業といえども請求書の書き方の原則は変わらない、ということです。しっかりと請求書の基本を押さえて作成するようにしましょう。

請求書の作成・管理は 会計ソフトfreeeで

請求書

会計ソフト freeeを利用することで請求書の作成・発行後の入金管理ができます。

知識総合トップへ戻る