請求書の基礎知識

「御請求書」という表現は正しい? 知っておくべきビジネスマナー

ビジネスのお金のやり取りの際に必ずといっていいほど必要になるのが請求書です。請求をする立場として、発注側に敬意を払うのがベストですので、ビジネスマナーにも配慮して請求書を送りたいものです。今回は請求書の呼称について、紹介していきたいと思います。

近年見られるようになった「御請求書」という表現

「ご挨拶」のように名刺や形容詞などに「お」「ご」を付けることで表現を丁寧にしたり、相手への敬意を示す表現があります。このルールにのっとって、請求書に関しても「御請求書」「ご請求書」と呼ぶような人が増えたものだと思われます。

「御請求書」に感じる違和感の正体

しかし、「御請求書」という呼び方はなんとなく違和感を感じる人も多いのではないでしょうか。これは、請求するのは自分(請求する側)なので、その行為を丁寧にすることに違和感を感じるものでしょう。

しかし、自分の行為に対してへりくだる意味合いを込めて「お」「ご」を付けるケースも中には存在します。例えば、「ご説明」のように、先方に敬意を示す場合には「お」「ご」を付けてもよいことになっています。

ですから、「御請求書」と付けることが間違っているわけではないということが理解できるかと思います。

実際に「御請求書」と付けるか

それでは、実際の取引には「御請求書」という言葉を使うのでしょうか。基本的に今までの習慣から言うと、請求書を「御請求書」と呼ぶのに違和感を感じる人は少なくないようです。

ですから、付けるか付けないかに関しては付けないのが無難だと言えるのではないでしょうか。また、見積書に関しては「御見積書」というケースが一般的ですが、請求書は「御請求書」という言い方が少ないことからも、「御請求書」という呼び方が一般的でないことがわかると思います。

まとめ

請求書を「御請求書」とするのは誤りではないですが、一般的ではないということがおわかりいただけましたでしょうか。ケースによって使い分けるのがベターだといえますので、その点を留意して請求書を発行しましょう。

請求書の作成・管理は 会計ソフトfreeeで

請求書

会計ソフト freeeを利用することで請求書の作成・発行後の入金管理ができます。

知識総合トップへ戻る