請求書の基礎知識

訂正する場合はどうする?請求書に記載する金額について解説します

ビジネスのやり取りで欠かせない請求書ですが、特に間違えてはいけないのが先方の社名や住所、請求内容、そして請求金額ではないでしょうか。

請求金額を間違えてしまうと、先方も請求額の振込みなどが二度手間になってしまいますし、しっかりと金額は記載したいものですよね。

今回は、請求書の金額の記載について紹介します。

金額の記載方法

金額の記載方法については、税抜きや税込み、または「円」の記載方法など、多くのポイントで悩むことがあると思います。どのように記載すればいいのでしょうか。

単位は「円」か、それとも「¥」か

請求書の単位に関して、どのような記号を用いるのかは悩むポイントの一つだといえるでしょう。ここに関しては実は決まりのようなものはありません。ですから、先方の請求書を受け取る人がわかりやすい方法で記載されていればOKです。

ただ、「¥」を用いる場合は金額の後ろに「―」を入れることが多いようです。また、読みやすいように3桁ごとにカンマを入れるなども、多くの企業が行っています。

いずれにしても、見やすく、誤解のないように伝わる記載方法であれば問題ありません。

請求書に載せる金額は税込みか税抜きか

請求書に載せる金額は税込みと税抜き、どちらの方がいいのでしょうか。請求書の原則として、税込みの金額を記載することが推奨されているため、税込みの金額を記載しておくことは最低限必要なことだと言えるでしょう。

ただ、税抜きの金額も後の経理処理などで必要となるケースが多いため、税抜きの金額と税込みの金額を両方請求書に記載しておく方が親切だといえるでしょう。

請求書の金額訂正が必要となった場合の対処法

請求書に記載する金額を誤ってしまった場合、どのような対処が必要なのでしょうか。

請求書の記載ミスがあった場合、訂正印や二重線を用いた訂正方法はご法度とされています。請求書で金額の誤りがあった場合は、訂正前の請求書の破棄を求めるとともに、新しく請求書を再発行し直す対応が必要となります。

また、再発行された請求書だとわかるよう、郵送する場合などは「再発行」の旨を記載しておきましょう。

請求書を番号などで管理している場合は、再発行だということがわかるように、新しい番号を付与するのではなく、訂正した請求書に付帯した請求書だとわかる番号を付けましょう。

まとめ

今回は請求書に記載する金額について説明しました。正しい記載方法を用いることで、先方にもわかりやすいようにしていきましょう。

請求書の作成・管理は 会計ソフトfreeeで

請求書

会計ソフト freeeを利用することで請求書の作成・発行後の入金管理ができます。

知識総合トップへ戻る