請求書の基礎知識

請求書に「ただし書き」は必要?請求書の基礎知識

請求書は、主にサービスや品物と代金のやり取りに使われるものだということは多くの人が知っていることでしょう。領収書などには、「ただし書き」として、品物の詳細が書いてあることがありますが、請求書の場合、ただし書きは必要なのでしょうか。今回は請求書のただし書きについて紹介します。


ただし書きとはどういうもの?

ただし書きとはどういうもののことを指すのでしょうか。一般的なただし書きの意味としては、条例や法律などに「ただし」という前置きを持って付けられた例外や条件を表す言葉だとされています。

ビジネスでのただし書きは、領収書など、どのようなサービスや品物を提供したかが不明確になりがちなものに対して、「ただし、◯◯代として」というような文章を加えることで、明確に何に対しての書類なのかを表すものだとされています。

請求書にはただし書きがいるのか?

領収書では、詳細な品物の内容を示すためにただし書きを付けることがありますが、請求書にはただし書きが必要なのでしょうか。

請求書の場合、何に対しての請求なのかをはっきりさせる必要があります。ですから、請求書の項目には名目や品目というこうもくがあり、その項目の中にどのようなサービスや商品に対しての請求なのかがわかるような記載があるはずです。

ですから、請求書の場合、領収書のような品目やサービスなどを明らかにする用なただし書きはそもそも必要がありません。

まとめ

請求書のただし書きについての情報をお伝えしましたが、基本的に請求書にはただし書きは必要ないです。もし、補足事項や伝えたいメッセージがある場合は、請求書の備考欄を活用し、補足事項を伝えるようにしましょう。

請求書の作成・管理は 会計ソフトfreeeで

請求書

会計ソフト freeeを利用することで請求書の作成・発行後の入金管理ができます。

知識総合トップへ戻る