開業の基礎知識

個人事業を開始したい人必見!開業届とその他の申請書類の基礎知識

sole-proprietor-file

個人事業を開始したいと思っている方の中には、そうはいっても何から始めればいいのかわからない、と悩みを抱えている方もいるのではないでしょうか。
そこで今回の記事では、個人事業を開始したいと思っている方は知っておきたい、開業時に必要な、開業届とその他の申請書類の基礎知識について紹介していきます。

目次

開業届とは

個人が事業を開始する際、まず税務署に提出するのが「個人事業の開業・廃業等届出書」です。これは一般的に「開業届」といわれているものです。この届出は、事業開始日から1ヶ月以内に税務署に提出することになっています。

法人を設立する際の複雑な手続きとは異なり、個人が事業を開始する際は、基本的にこの開業届の提出のみで大丈夫です。
またこの開業届を提出し忘れても、なにか不利益が生じるということはありません。つまり開業届を提出しなくても個人が事業を開始することは可能です。

開業届のメリット

先に「開業届を提出しなくても個人が事業を開始することは可能」と述べましたが、開業届を提出するといくつかのメリットがあります。

まず、確定申告を青色申告で行うことができるようになります。これは青色申告を利用する際に申請する青色申告承認申請書(正式名称は「所得税の青色申告承認申請書」)は、開業届を提出しないと申請できないからです。
(※後で紹介する開業届以外にも適宜必要な書類で、青色申告承認申請書については詳しく述べています)
青色申告を利用すると、様々な節税効果を見込めますので、これだけでも開業届を提出するメリットとしては十分と言えるでしょう。

更に開業届を提出すると、屋号を持つことができるようになります。
屋号とは会社でいう会社名にあたるものです。屋号を持てば、屋号名義の銀行口座が開設できたり、社会的信用を得たりすることができます。

開業届にはもう1つある?

ここまでは税務署に提出する開業届について説明してきましたが、実は都道府県に提出する開業届もあります。

なぜなら国が課税する所得税や消費税は税務署に納付しますが、都道府県が課税する地方税の1つ、個人事業税は都道府県に納付するからです。

ただし個人事業税を課税される業種は限られていますし、所得税の申告を税務署に行うと、自動的に個人事業税の申告も行ったとみなされるので、わざわざ都道府県に開業届を提出するということはあまりないようです。

無料で、簡単に、最速で、開業届けを作成する方法

ここまで開業届とそのメリットについて説明してきました。
開業届は税務署に行けばもらうことができますし、国税庁のホームページからダウンロードすることも可能です。
  しかし初めて開業する方の中には、詳しい書き方が分からず、開業届を作成するのに時間がかかってしまうというような方もいるのではないでしょうか。

そこでおすすめするのが「開業freee」です。「開業freee」を使えば、無料で、簡単に、最速で、開業届を作成することができます。
画面にそって質問に答えていくだけで結構ですので、一切手間がかかりません。

banner_rev02_05

開業届以外にも適宜必要な書類

開業時に必要な書類は基本的に開業届のみだと述べましたが、それ以外にも任意で提出する書類がいくつかあります。提出することでメリットのある書類もありますので、ぜひ参考にしてみてください。

青色申告承認申請書

青色申告承認申請書を提出した個人事業主の方で、家族を従業員としている場合、青色事業専従者給与に関する届出書を提出することで、従業員の家族へ支払う給与を必要経費として課税対象額から差し引くことができます。

源泉所得税納期の特例の承認に関する申請書

源泉所得税納期の特例の承認に関する申請書とは、従業員の給与から源泉徴収した所得税の納期を、半年ごとに変更するための届出です。
通常従業員の給与から源泉徴収した所得税は、徴収した翌月10日が納期となっています。
このため毎月の納税は煩雑だと考えている方にはおすすめです。ただし手続対象者は、給与を支払う従業員が10人未満である源泉徴収義務者、という条件があります。

給与支払事務所等の開設届出書

給与支払事務所等の開設届出書(正式名称は「給与支払事務所等の開設・移転・廃止届出書」)とは、給与支払を行う事務所を開設した場合、それを税務署へ知らせるための届出です。
※ただし新たに個人事業を開始した方で、開業届をすでに税務署へ提出しているのであれば、この届出を提出する必要はありません。

なお、上記で紹介した書類も「開業freee」で、無料で、簡単に、最速で、作成することが可能です。
開業freee」では開業時に必要な書類が網羅されています。このため本業に専念したい、煩雑な事務作業は手っ取り早く済ませたい、という方にはぴったりのツールです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
開業には開業届が必要だということとその利点、またその他の書類にも様々なメリットがあることを紹介しました。すべてこれから開業を考えている方に役立つ知識ばかりです。
また記事の中で紹介した書類は、すべて「開業freee」で作成することが可能です。「開業freee」を使えば、どの書類も無料で、簡単に、最速で提出することができますので、書類の作成に手間取ったら、ぜひ使ってみてくださいね。

開業フリー
会計フリー
知識総合トップへ戻る