開業の基礎知識

個人事業は複数持てる?確定申告や節税対策、複数人での経営について

個人事業をしながら不動産賃貸業を営んでいる場合や、二つの全く異なる事業を営んでいる場合、個人事業が複数あると言えます。

法人ではなく個人事業の場合は、それぞれの事業に任意で屋号をつけても良いですし、区別をつけずに仕事をしても業務上は問題ないでしょう。

気になるのは、確定申告の時に複数書類を出すべきかなどです。今回の記事では、そもそも個人事業が複数あるのはどういう状態なのか、確定申告にどのような影響があるのかについてご紹介します。

個人事業は複数持てる?確定申告や節税対策、複数人での経営について

目次

開業freeeバナー

個人事業が複数ある状態とは

まず、個人事業が複数ある状態について見ていきましょう。
具体的には次のようなケースです。

  1. デザイナーとして活動しつつ、カフェを経営
  2. 美容サロンを経営しつつ、不動産賃貸の収入も得ている
  3. 編集の仕事をしつつ、友人とメディアを共同運営

個人事業で得た所得は事業所得と言われ、事業が複数ある場合はそれぞれの事業所得を合算して確定申告を行います
個人事業主は任意で屋号をつけますが、事業ごとに屋号を持つこともできます。

3のように、ご自身の事業とは別に新たに共同で事業を運営する場合は、2人とも個人事業主として別々に登録を行い、売り上げを折半するか、どちらかが一方に発注をするか、1人が従業員として雇われる方法のいずれかになります。
共同経営者として事業を運営したい場合、株式会社や他の事業体にする方が良い場合もありますので、事業規模などを鑑みて決定しましょう。

所得には分類がある

アルバイト、不動産収入、その他の収入…所得の種類によっては、確定申告の際に記入する箇所も異なります。具体的には、下記のようなケースは事業所得ではないため、注意が必要です。

1 : アルバイト

個人事業主としてWebサイト制作をする方が、例えば花屋でアルバイトした場合、アルバイトで得た所得は給与所得に分類されます。

2 : 不動産収入

不動産の貸し出しをして収入を得ている場合、個人事業で得た事業所得の他に不動産所得を得ていることになります。

3 : 雑所得

ブログ運営を通して得たアフィリエイトやアドセンスからの広告収入、オークションサイトでの売買利益は雑所得に分類されます。


上記以外の所得に関しては、国税庁の『所得の種類と課税のしくみ』をご覧ください。
確定申告の際は、ご自身が得た所得が何に該当するか判断する必要があります。

個人事業を複数持っている場合の確定申告は?

個人事業が複数あり、さらに所得の種類も複数に渡る場合、確定申告が複雑に感じるかもしれません。そんな方にオススメしたいのが会計freeeです。
会計freeeを活用すれば、ステップに沿って必要情報を入力するだけで簡単に確定申告が完了します。

前述したように、個人事業主で2つ以上の事業を行っている場合、それらの所得は「事業所得」として扱われます。この場合は、両方の事業の収支を会計freeeに登録するだけでOKです。
事業を区別して管理するために、取引に「部門」を付与して管理するとなおわかりやすいでしょう。

また、節税効果が高い青色申告をするためには、開業届の提出が必須ですが、年度の途中から新規事業を始めた場合でも、確定申告書の「業種欄」にその新しい事業を記載するなどすれば新たに開業届を提出する必要もありません。

確定申告を簡単に終わらせる方法

確定申告には青色申告と白色申告の2種類があり、期限までに書類を作成し納税をすることが重要です。
書類の作成には、手書きのほか、国税庁の「確定申告等作成コーナー」や会計ソフトで作成する方法がありますが、「確定申告書の作成は難しいのでは?」と苦手意識をお持ちの方も少なくありません。
そこでお勧めしたいのは、確定申告ソフトfreeeの活用です。


確定申告ソフトのfreeeは、会計の知識がないから不安だという方でも、質問に沿って答えていくだけで簡単に書類を作成することができます。
以下に書類を作るまでのステップをご紹介します。

ステップに沿って入力するだけ

ステップに沿って入力するだけで、簡単に確定申告が完了します。

1.銀行口座やクレジットカードは同期すれば自動入力!

面倒な1年分の経費の入力も、銀行口座やクレジットカードを同期すれば自動で入力できます。日付や金額だけでなく、勘定科目を推測して自動入力してくれるので大幅に手間を省くことができます。

基本情報の入力

ため込んだ経費も自動入力でカンタン!

2.簿記を知らなくてもカンタンに入力できる!

現金で払った場合でも、いつ・どこで・何に使ったか、家計簿感覚で入力するだけで大丈夫です。自動的に複式簿記の形に変換してくれるので、簿記を覚えなくても迷わず入力することができます。

簿記を知らなくてもカンタンに入力

有料のスタータープラン(月額980円)、スタンダードプラン(月額1980円)は
チャットで確定申告についての質問が可能。
さらに、オプションサービスに申し込むと電話で質問も可能です。

3.質問に答えるだけで税金は自動計算

○×の質問に答えるだけで税金も計算


保険やふるさと納税、住宅ローンなどを利用している場合は税金が安くなります。難しい税金の計算もfreeeなら、質問に答えるだけで自動で計算してくれます。確定申告をするために、本を買って税金について勉強する必要はありません。

4.あとは確定申告書を税務署に提出するだけ

あとは自動で確定申告書を作成してくれるので、税務署に郵送や電子申告などで提出して、納税をすれば完了です。

マイナンバーカードとカードリーダをご用意いただけば、ご自宅からでもすぐに提出が完了するので、税務署に行く手間がかかりません!
あとは確定申告書を提出するだけ

あとは完成した確定申告書を提出して納税するだけ

会計freeeを使うとどれくらいお得?

確定申告ソフトのfreeeは、会計初心者の方からも「本当に簡単に終わった!」との声も多く寄せられています。

また、税理士さんなどに経理を依頼した場合、経理の月額費用は最低でも1万円、確定申告書類の作成は最低でも5万円〜10万円ほど必要です。

いかがでしょう?
確定申告ソフトのfreeeは、ステップに沿って質問に答えるだけで簡単に確定申告を完了することができます。
余裕を持って確定申告を迎えるためにも、ぜひ確定申告ソフトの活用をご検討ください。
【初めての向けにオススメ】そもそも確定申告とは?スマホ申告の活用など

開業 freee

個人事業の開業に必要な書類を無料で、自動作成することができます。開業時の忙しい時期の作業を大幅に軽減。青色申告をしたい方は開業届の提出が必須です。そのほかに必要な書類も、ステップに沿って入力するだけで簡単に作成可能!

バックオフィス基礎知識