開業の基礎知識

屋号って変更できる?個人事業の屋号の変更について解説

最終更新日:2022/01/06

屋号の変更

事業を続けていると、店舗数や取り扱っている商品、サービスなどの増加や変化などで屋号を変更したいと思うこともあるでしょう。

本記事では、個人事業の屋号の変更方法について解説します。

目次

freee開業バナー

屋号とは?

屋号とは、お店の名前など事業で使っている名前のことです。税務署に提出する開業届に屋号を記載すれば、それが屋号として受理されます。税務署に提出した家号は、毎年の確定申告時に提出する申告書や決算書に記載して申告をします。

事業をする上で、屋号を変更することはそう珍しいものではありません。そのため、いつでも好きなタイミングで屋号を変更することができます。

屋号を変更するために必要な手続き

ここからは屋号を変更するために必要な手続きを紹介します。

1.税務署への手続き

屋号を変更する場合、税務署への手続きは必要ありません。

上述したように、毎年の確定申告時に屋号を記載した書類を税務署に提出しています。屋号を変更した場合は、確定申告時に提出する申告書や決算書に変更後の屋号を記載するだけで完了です。

毎年屋号を記載して確定申告をしているので、税務署も申告書や決算書で変更を確認できます。 どうしても変更した証拠を残したい、または申告書や決算書に記載するだけでは不安な場合は、開業届を提出し直すことも可能です。開業届の「その他参考事項」に屋号変更したことを記載しましょう。

開業届の提出には、freee開業の利用がおすすめです。

freee開業は簡単な質問に答えるだけで、無料で必要な書類を自動で作成でき、屋号も所定の欄にきちんと記載されます。


freee開業はステップに沿って必要事項を記入するだけ!

開業届を提出する際に、「提出自体よりも、項目の記載に悩んだ」という方は少なくありません。

何を書いたらいいか迷いがちな項目(職業・仕事の種類など)も、プルダウンメニューから選ぶだけで完了します。


設問に答えていくだけで書類ができあがります。

「書類を確認する」ボタンを押すと、必要書類が控えも含めて自動でPDFに出力されます。

その際、1ページ目には提出先の税務署への宛名も記載されていますので、そのまま封筒に貼り付けて郵送すれば完了です。


freee開業

プリントアウトして判子をおせば完了なので、開業届の作成から提出までの時間を大幅に削減することができます。

2.他の外部関係者への手続き

① 金融機関

屋号を変更したことで、場合によっては銀行などの金融機関への手続きをした方が良いでしょう。

ネットショップなど、不特定多数の顧客からの振込がある場合は店名と振込先の名前が違うと、顧客が不安になる可能性があります。屋号付き口座を利用している場合は名義変更をした方が取引先も安心と言えます。

また、金融機関から融資などを受けている場合は念のため担当者に屋号を変更したことを伝えておきましょう。

② 法務局

屋号を法務局に商号登記している場合は、商号変更登記をする必要があります。

基本の必要書類は、商号登記申請書と登記料3万円です。また、印鑑の届出を変更前の屋号印にしている場合は変更後の屋号印の登録が必要です。そのため、再度印鑑届出書の提出も必要です。

③ 小規模企業共済

小規模共済に加入している場合は、中小機構に届出事項変更申出書を提出して屋号の変更を知らせる必要があります。

④ 得意先や取引先へのお知らせ

得意先や取引先には、請求書や領収書などの宛先を変更してもらう必要があるため、変更したら早めにお知らせしましょう。

⑤ 飲食店などで営業許可を受けている場合

飲食店などで市区町村から営業許可を受けている場合も、屋号を変更した場合は届け出をする必要があります。

許可を得た市区町村に営業許可申請事項変更届などを提出します。他に書類が必要であったり、提出期限が決められていたりするので、あらかじめ許可を得た市区町村に確認しましょう。

屋号は何回まで変更できる?

屋号は自由に変更可能です。回数を制限するような法律や規則もありませんが、何回も変更することはおすすめできません。

金融機関からの信用も低くなる可能性もありますし、何より得意先や顧客からの評判を損なう可能性もあります。屋号を変更する場合は、慎重に行いましょう。

屋号だけでなく住所も変わる場合の手続き

屋号だけでなく住所も変わる場合の手続きも、基本は屋号の変更と同じです。しかし、その中でも税務署への提出書類が異なります。

屋号だけの変更であれば届け出は必要ないのですが、住所が変わる場合は税務署に「所得税・消費税の納税地の異動に関する届出書」を提出する必要があります

この届け出に異動前と異動後の住所を記載し、屋号欄に変更後の屋号を記載します。また、「その他参考事項」に屋号の変更があった旨を記載します。

届出の退出期限は決まっておらず「納税地の異動があった後、遅滞なく提出」となっていますが、忘れないようにできるだけ早く提出しましょう。

まとめ

今回は個人事業の屋号の変更について解説しました。屋号は、いつでも好きなタイミングで変更することができます。

しかし、頻繁に変更すると信用を失う可能性があるので注意が必要です。また、屋号と同じくらい重要で注意を払う必要があるのが確定申告です。

確定申告を簡単に終わらせたい方はfreee会計の利用がおすすめです。

確定申告を簡単に終わらせる方法

確定申告には青色申告と白色申告の2種類があります。どちらを選択するにしても、期限までに書類を作成し納税をすることが重要です。

青色申告と白色申告の違いを知りたい!という方は、「青色申告と開業届の基礎知識!青色申告のメリットと白色申告との違い」をご参照ください。

書類の作成には、手書きのほか、国税庁の「確定申告等作成コーナー」や会計ソフトで作成する方法がありますが、「確定申告書の作成は難しいのでは?」と苦手意識をお持ちの方も多いでしょう。

そこでおすすめしたいのが、確定申告ソフト「freee会計」の活用です。

freee会計は、会計の知識がないから不安だという方でも、質問に沿って答えていくだけで簡単に書類を作成することができます。
以下に書類を完成させるまでのステップをご紹介します。

5stepで確定申告書が完成

ステップに沿って入力するだけで、簡単に確定申告が完了します。

1.銀行口座やクレジットカードを同期すれば自動入力!

1年分の経費の入力はとても面倒。freee会計なら、銀行口座やクレジットカードを同期することで自動入力にできます。日付や金額だけでなく、勘定科目を推測して自動入力してくれるので、作業時間と手間を大幅に省くことができます。

確定申告の金額や科目を自動入力

溜め込んだ経費も自動入力でカンタン!

2.簿記を知らなくても手軽に入力できる!

freee会計は現金での支払いも、いつ・どこで・何に使ったか、家計簿感覚で入力するだけなので、とても手軽です。自動的に複式簿記の形に変換してくれるので、簿記を覚えなくても迷わず入力することができます。

難しい簿記を学ぶ必要なし


有料のスタータープラン(年払いで月額980円)、スタンダードプラン(年払いで月額1,980円)はチャットで確定申告についての質問が可能です。さらに、オプションサービスに申し込むと電話で質問も可能になります。

価格・プランについて確認したい方はこちらをご覧ください。最大30日間無料でお試しいただけます。

3.質問に答えるだけで税金は自動計算

質問に答えるだけで税金の計算ができる

税金の計算も○×の質問に答えるだけ

保険やふるさと納税、住宅ローンなどを利用している場合は、税金が安くなります。それらの難しい税金の計算も、freee会計なら、質問に答えるだけで自動算出。確定申告のために、わざわざ税金の本を買って勉強をする必要はありません。

4.あとは確定申告書を税務署に提出するだけ

freee会計を使って確定申告書を自動作成したら、税務署へ郵送もしくは電子申告などで提出して、納税をすれば完了です。

マイナンバーカードとカードリーダの用意があれば、ご自宅からでもすぐに提出が完了するので、税務署に行く手間がかかりません!

【関連記事】
【2022年版】e-Taxでネットで確定申告:PC・スマホでのやり方とメリットまとめ

簡単に確定申告書が完成

あとは完成した確定申告書を提出して納税するだけ

freee会計を使うとどれくらいお得?

確定申告ソフトのfreee会計には、会計初心者の方からも「本当に簡単に終わった!」というたくさんの声をいただいています。

税理士さんなどに経理を依頼した場合、経理の月額費用は最低でも1万円ほど、確定申告書類の作成は最低でも5万円〜10万円ほどという場合がほとんどです。freee会計なら、月額980円〜でステップに沿って質問に答えるだけで、簡単に確定申告を完了することができます。

余裕を持って確定申告を迎えるためにも、ぜひ確定申告ソフトの活用をご検討ください。

【関連記事】
【初めての向けにオススメ】そもそも確定申告とは?スマホ申告の活用など

税務署に行かずに確定申告を終わらせるなら、電子申告(e-Tax)がおすすめです。
freee電子申告開始ナビ(無料)について詳しくみる

freee開業で、税務署に行かずに開業届を作成

freee開業

freee開業なら、知識ゼロでもミスなく開業書類を作成できます。なのでわざわざ税務署に行く必要はありません。

しかも、メールアドレスを登録するだけで使える無料のサービスなので、面倒もありません。