青色申告の基礎知識

「青色事業専従者給与に関する届出書」の書き方は?

最終更新日:2021/01/18

「青色事業専従者給与に関する届出書」の書き方は?

「青色事業専従者給与に関する届出書」とは、青色申告で確定申告をしている事業者が、配偶者や親族に対して支払った給与を経費として計上するために必要な書類のことです。

青色申告事業者が事業を手伝う配偶者や親族に支払った給与は、そのままでは経費として計上できません。経費に計上するためには、事前に税務署に青色事業専従者給与に関する届出書を提出しておく必要があるのです。

配偶者や親族への給与を経費にできるか否かで所得額は大きく変わってきますから、青色事業専従者給与に関する届出書は非常に重要な書類といえます。

今回の記事では、届出の提出期限や書き方のポイントのほか、簡単に届出を作成・提出する方法をご紹介します。

目次

初めての確定申告でも安心の会計freeeのサイトバナー

青色事業専従者とは?

青色事業専従者とは、次の3つの要件を満たす人のことをいいます。

<青色事業専従者と認定される3つの要件>

  • 青色申告者と生計を一にする配偶者その他親族であること
  • 当該年度の12月31日現在で年齢が15歳以上であること
  • 6ヵ月を超える期間(または事業に従事することのできる期間の2分の1を超える期間)、青色申告者の事業に従事していること

上記の要件を満たしている配偶者や親族へ支払う給与が「青色事業専従者に対する給与」として認められるためには、下記の4つの条件をすべて満たす必要があります。

<青色事業専従者給与として認められるための要件>
  • 給与の受け取り手である配偶者や家族が青色事業専従者であること
  • 青色事業専従者給与に関する届出書を納税地の所轄税務署長へ期限内に提出していること
  • 届出書に記載されている方法、金額の範囲内で給与が支払われていること
  • 給与が労務の対価として相当であると認められる金額であること
参考:国税庁|青色事業専従者給与と事業専従者控除
青色事業専従者給与に関する届出・変更届出書
引用元:青色事業専従者給与に関する届出・変更届出書

青色事業専従者給与に関する届出書の提出期限は?

青色事業専従者給与に関する届出書は、提出期限までに納税地を所轄する税務署に提出する必要があります。期限を過ぎないように注意しましょう。

提出期限

青色事業専従者給与に関する届出書の提出期限は、青色事業専従者への給与を経費にしようとする年の3月15日までです。提出期限が土曜・日曜・祝日の場合は、その翌日が期限日になります。

例えば、2022年提出分(2020年1月1日~12月31日分)の確定申告で経費にしようとする場合は、1年前の2021年3月15日が期限日です。なお、1月16日以降に開業した場合や青色事業専従者が働き始めた場合には、その日から2ヵ月以内に提出が必要です。

届出は一度行えば、毎年提出する必要はありません。ただし、届出に記載した給与金額を変更したり、新たに青色事業専従者が加わったりした場合には、変更届出書を提出する必要があります。

届出書は国税庁Webサイトからダウンロードできます。

青色事業専従者給与に関する届出書の書き方のポイント

引用元:国税庁|青色事業専従者給与に関する届出書・変更届出書(書き方)   

青色事業専従者給与に関する届出書に記入する項目は、氏名や続柄、給料金額などです。各項目の記入例は下記のとおりです。

・専従者の氏名
「専従者の氏名」欄には、配偶者や親族の氏名を記入します。

・続柄
「続柄」欄には妻、長男など、事業主との続柄を記入します。

・年齢/経験年数
「年齢」欄には年齢を、「経験年数」欄には事業に従事している期間を記入します。

・仕事の内容・従事の程度
「仕事の内容・従事の程度」欄には、販売事務や記帳事務などの業務内容のほか、販売責任者や経理責任者といった職責も記入します。また、従事の程度は、「毎日◯時間程度従事」「◯月から◯月までの農耕期に毎日従事」など、従事する時間や期間を記入します。

・資格等
「資格等」欄には、大型運転免許や簿記2級といった保有資格を記入します。

・給料
「給料」の「支給期」の欄には、「毎月◯日頃」などと記入します。「金額(月額)」の欄には、支給する給料の月額の金額を記入します。

ここに書いた金額の範囲内で支払われた給与であること、かつ仕事内容に対して相当であると認められる金額が、経費として算入される可能性があります。仕事内容と比べて過大な金額と判断された場合は、その過大な分が経費として認められない場合もあります。

・賞与
「賞与」の「支給期」の欄には、「毎年◯月」などと記入します。「支給の基準(金額)」の欄には、「◯ヵ月分」または支給金額を記入します。

・昇給の基準
「昇給の基準」欄には、「毎年概ね◯%」や、使用人がいる場合は「使用人の昇給基準と同じ」などと記入します。

青色事業専従者給与に関する届出書を簡単に作成する方法

青色事業専従者給与に関する届出書の作成でおすすめしたいのが、個人事業主の開業手続きと開業届作成を無料でサポートする開業freee です。ステップに沿って必要事項を記入するだけで、青色事業専従者給与に関する届出書をはじめとした書類や、青色申告に必要な書類をすべて自動で作成することができます。

届出書の中には、どう記入したらいいのかわからないようなものもありますが、開業freee は質問に答えるだけで自動で入力できますので、驚くほど簡単に届出書の作成が完了します。

確定申告(青色申告)を簡単に終わらせる方法

大きな節税メリットがある青色申告。お得であることは分かっていても、「確定申告書の作成は難しいのでは?」という意見も少なくありません。
そこでお勧めしたいのは、確定申告ソフトfreeeの活用です。

ステップに沿って入力するだけ

ステップに沿って入力するだけで、簡単に確定申告が完了します。

1.銀行口座やクレジットカードは同期すれば自動入力!

freeeは、面倒な1年分の経費の入力も、銀行口座やクレジットカードを同期すれば自動で入力できます。日付や金額だけでなく、勘定科目を推測して自動入力してくれるので大幅に手間を省くことができます。

基本情報の入力

ため込んだ経費も自動入力でカンタン!

2.簿記を知らなくてもカンタンに入力できる!

freeeなら、現金で払った場合でも、いつ・どこで・何に使ったか、家計簿感覚で入力するだけで大丈夫です。自動的に複式簿記の形に変換してくれるので、簿記を覚えなくても迷わず入力することができます。

簿記を知らなくてもカンタンに入力

有料のスタータープラン(月額1,180円)、スタンダードプラン(月額2,380円)は
チャットで確定申告についての質問が可能。
さらに、オプションサービスに申し込むと電話で質問も可能です。

価格・プランについて確認したい方はこちら。最大30日間無料でお試しいただけます。

3.質問に答えるだけで税金は自動計算

○×の質問に答えるだけで税金も計算


保険やふるさと納税、住宅ローンなどを利用している場合は税金が安くなります。難しい税金の計算もfreeeなら、質問に答えるだけで自動で計算してくれます。確定申告をするために、本を買って税金について勉強する必要はありません。

4.あとは確定申告書を税務署に提出するだけ

freeeで確定申告書を自動作成したら、税務署に郵送や電子申告などで提出して、納税をすれば完了です。

マイナンバーカードとカードリーダをご用意いただけば、ご自宅からでもすぐに提出が完了するので、税務署に行く手間がかかりません!
e-Taxでネットで確定申告:PC・スマホでのやり方とメリットまとめ【2019年(令和元年)10月最新情報】
あとは確定申告書を提出するだけ

あとは完成した確定申告書を提出して納税するだけ

会計freeeを使うとどれくらいお得?

確定申告ソフトのfreeeは、会計初心者の方からも「本当に簡単に終わった!」との声も多く寄せられています。

また、税理士さんなどに経理を依頼した場合、経理の月額費用は最低でも1万円、確定申告書類の作成は最低でも5万円〜10万円ほど必要です。

いかがでしょう?
確定申告ソフトのfreeeは、ステップに沿って質問に答えるだけで簡単に確定申告を完了することができます。
会計に関する知識がゼロの初心者の方から「本当に簡単に終わった!」との声も多数寄せられています。
確定申告を行うためには、日頃から帳簿をつけたり、必要書類をそろえたりしておく必要があります。しかし、確定申告ソフトを活用すれば、「青色申告をしたかったのに、書類不備で手続きできなかった!」「何度も書き直しで大変だった」という思いをすることは少ないでしょう。
余裕を持って確定申告を迎えるためにも、ぜひ確定申告ソフトの活用をご検討ください。
【初めての向けにオススメ】そもそも確定申告とは?スマホ申告の活用など
税務署に行かずに確定申告を終わらせるなら、電子申告(e-Tax)がおすすめです。freee電子申告開始ナビ(無料)について詳しくみる

まとめ

青色事業専従者給与に関する届出書の記入方法とポイント、届出の提出期限について解説しました。この届出は毎年提出する必要はないため、最初に青色申告で確定申告をしようとする年に、ほかの申請書類と併せて提出するといいでしょう。

また、これから個人事業の開業手続きをする方には、開業freeeの利用がおすすめです。難しそうな開業届をはじめ、青色事業専従者給与に関する届出書など、青色申告に必要な各種書類を簡単に作成することが可能です。自分に必要な提出書類も入力内容に応じて自動判定しますので、スムーズに開業準備を始めていただけます。

青色申告ソフト freee


確定申告

青色申告ソフト freeeなら、青色申告対応の決算書が自動で作成できます。是非お試しを!

確定申告freee
バックオフィス基礎知識