開業の基礎知識

開業届へのこだわりで分かる!?利益を出す事業主と赤字の事業主の違いとは?

個人事業主の業種は様々で、「店舗を持ちたい!」「フリーになって月収UPしたい!」と、希望に燃えている方々がたくさんいます。しかし、独立というのはなかなか難しく、数年で廃業してしまう方も。

では、成功する個人事業主との違いは一体何なのでしょう。

結論から言うと、「開業届などの役所への手続きや会計業務をあっさりすませる人が成功する!」といった傾向があります。
「本当にそれだけで違いがでるの?」
と、中にはいぶかしく思われる方もいることでしょう。そういう方にこそ、是非今回の記事を読んでいただき成功して欲しいです。

目次

開業届けへのこだわりで分かる!?利益を出す事業主と赤字の事業主の違いとは?

開業の届出をあっさりすませる人が成功する理由

成功する方の中にも、最初は開業届が必要だと知らず出さない人もいます。
しかし、成功する人たちは必要だと知ったらすぐに行動に移します。

青色申告も税理士や便利なクラウド会計サービスを利用し、必要最低限の労力で処理していきます。このように、煩雑な事務作業はあっさりと済ませ、本業の営業やサービスの向上に集中することが大切です。

成功へのチャンスを逃してしまう方は、まず開業届を出すか出さないかで迷ってしまいます。そして、まだ売り上げも無いうちから将来の税金のことで悩み、簿記の勉強をしなくてはと意気込んでみたり、経費で落とす方法を考えたりします。しかし考えてみてください。


・売り上げやサービスのことばかり考えているライバル
・経理や税務などの勉強に時間を費やしているライバル

近所に開業されて嫌なのはどちらでしょう?答えは簡単です。とはいえ、納税でミスをしてしまうルーズな事業主では話になりません。個人事業主として成功したいのであれば、

・成功するために必要なことへ時間とエネルギーをかける
・それ以外の基本的な事務作業は、迅速かつ適切に最小限の労力でこなす


この2つがポイントです。個人事業主は多くのことを自分でやらなくてはならないため、とにかく時間が貴重です。幸い今の時代はインターネットで申請のやりとりも出来ますし、便利なクラウドサービスも安価に利用できますので、あっさりと事務作業は済ませることが出来ます。

開業届を出す際に本当にこだわるべきポイント

とはいえ、開業届は適当に済ませれば良いという訳ではありません。
利益を出す個人事業主になりたいのであれば、こだわるべきポイントが3つあります。

ポイント1:屋号の決定

事務作業にこだわりが無くても成功はできますが、屋号にはこだわりを持つべきでしょう。屋号は店舗の名前や名刺の所属名として、自身の事業の看板にもなります。
これから屋号をつけようと思っている方、その屋号は、

・自信と愛着を持って名乗れる屋号でしょうか?
・お客様に信頼と愛情を持ってもらえるでしょうか?


また、ホームページを開設したら必ず屋号をいれることになりますので、その屋号で検索もされます。


・同名の個人事業主、企業、サービスはないでしょうか?
・一般名詞に埋もれてしまう屋号ではないでしょうか?
・検索で屋号だけでヒットしますか?少なくとも業種やエリアで絞れば上位にヒットするような屋号になっていますか?

上記は基本です。他にも事業に応じて考える要素が出てきます。例えば、電話でのやりとりが多いのであれば発音しやすいことが必須ですし、海外のお客様を相手にするならば英字表記で美しく、意味を伝えやすいのが理想です。

ポイント2:開業日の決定

客商売であれば、開業日は年に一度のお店の誕生日のようなものです。
様々な顧客向けのキャンペーンのネタにできますし、従業員のモチベーションUPのイベントにも出来るかもしれません。しかし、そんな年に1度の記念日が営業日でなかったら活用は出来ません。また、クリスマスやお正月などのイベントと重なっていたら大変もったいないです。
開業日に付加価値を加えたいのであれば、様々な角度から考えて決定した方が良いでしょう。開業日は厳密に設立した日にする必要はなく、準備を開始した日など任意で設定しても構わないのです。有効に利用しましょう。

ポイント3:開業する職業

開業届には職業欄があります。課税の観点から述べると、職業欄の記載に応じて事業税の税率が変わるので、その点は考慮に入れても良いでしょう。

しかし、税金を下げるためだけに自分の職業を決めるというのも、もったいない話ではないでしょうか?個人事業主には昇進も他人からの評価もありません。自分で自分の職業を決められるのですから、長い目で見て、どこまで自分の仕事が広がるのか自分への期待をこめて名乗りを上げる。そういった目線で考えてみるのもいかがでしょうか?

開業届を手早く提出するためには

上記のポイントを踏まえていくと、開業届を仕上げるのにもなかなか時間がかかってしまうものです。

そこでおすすめするのが、開業freeeです。開業freeeを使えば、開業届を最速で提出することが可能です。ステップに沿って設問に答えていくだけで、あっという間に開業届が作成されます。
特に職業欄を書くのに時間をかけたくないという方には、開業freeeがぴったりです。何を書いたらいいか迷ってしまう職業欄も、多彩な選択肢から選ぶことが出来ます。

開業届に関するよくある質問と回答

以下に、開業届についてよくある質問をまとめます。

◎開業届は申請する義務があるんですか?
提出しなくても罰則等はありませんが、提出する場合の期限は事業開始から1ヶ月以内となっています。

◎開業届を提出するメリットは?
1、納税する際に「白色申告」ではなく、所得に対し65万円の特別控除が受けられるなど様々な節税効果のある「青色申告」を利用できます。
「青色申告」を利用するには、開業後2ヶ月以内に青色事業承認申請書を提出する必要があります。

なお、先ほどご紹介した開業freeeは、開業届だけではなく、青色事業承認申請書も一緒に自動作成することが可能です。
 
2、会計上の損失を3年間は繰り越すことができるようになります。例えば、今年赤字だった場合、その損失額を翌年の黒字と相殺し節税できる可能性があります。
 
3、銀行で口座を開設する際、屋号で口座を開設出来ます。

◎開業届を提出するデメリットは?
1、失業手当ての受給資格がなくなります。
 
2、健康保険の扶養から外れ、保険料を負担しなくてはならない場合があります。
 
3、業種により事業税がかかります。また、業種により税率が変わるため、職業欄を書く際には検討する必要があります。

◎副業について届出した場合、本業の勤務先にばれませんか?
開業届を出すことで企業に連絡がいくことはありませんが、ホームページで個人名をだしてしまったり、知人・友人から伝わってしまったりするケースはあります。100%秘密に出来るとは思わない方が良いでしょう。

◎開業届に費用はかかるの?
開業届に費用はかかりません。

◎文書の入手先や書き方などの手続のやり方は?
「個人事業の開業・廃業等届出書」という文書を管轄の税務署で受け取るか、国税庁のホームページでPDFになった用紙をダウンロードしましょう。先ほど紹介した開業freeeを使えば、無料で簡単に作成することも可能です。

◎開業届を出さず確定申告もしなければ収入も分からないし、税金を納める必要も無いのでは?
納税は国民の社会的義務であり、脱税は犯罪です。マイナンバー制度で国税庁は資産や収入も特定できるように対策しています。

まとめ

いかがでしょう。個人事業主として成功したいのであれば、開業届や日々の経理・事務作業に時間をかけず、本業に集中できる体制を作ることが大切です。
一方で、屋号や開業日など、こだわると良いポイントもあります。

今回の記事を参考に、効率よく事業運営をしていただけますと幸いです。

開業 freee

個人事業の開業に必要な書類を無料で、自動作成することができます。開業時の忙しい時期の作業を大幅に軽減。青色申告をしたい方は開業届の提出が必須です。そのほかに必要な書類も、ステップに沿って入力するだけで簡単に作成可能!

確定申告ソフト freee

開業届を提出したら確定申告に向けた日々の経理作業が始まります。確定申告ソフト freeeなら、面倒な経理、確定申告を圧倒的に簡単・ラクにできます。スマホを活用して領収書の管理も可能です。スマホだけで確定申告を完了した方も!50万人の個人事業主が利用する会計ソフトを試してみませんか?

バックオフィス基礎知識