開業の基礎知識

個人事業主は屋号の入った通帳を作ろう!屋号付き口座を解説

Online Banking Account Transaction Concept

皆さんは仕事でどのような通帳を使っているでしょうか。個人で使っている通帳を仕事でも使っているという人も多いようです。しかし、個人用と仕事用の通帳は分けて管理した方が良いですね。そこで便利なのが屋号の入った通帳。ここでは屋号付き口座について解説します。

目次

屋号付き口座を持つメリット

では、屋号付き口座を持つとどのような良いことがあるのでしょうか。ここでは屋号付き口座を持つメリットを見ていきましょう。

1.確定申告のとき便利

確定申告では、事業での収入や経費のみを申告する必要があります。プライベートの通帳1つで個人用としても仕事用としても使っていると、確定申告のときに1つ1つ個人で使ったものか、仕事で使ったものか分けなければなりません。後から見て、何の支払いだったかわからないことも結構あります。プライベートの通帳と事業用の通帳を分けることで、どれが仕事用のものかがすぐにわかるので、確定申告の手間が格段に省け、なおかつより正しい申告ができるようになります。
また、事業用の通帳は保管義務があります。万が一、税務調査があったときなどは提示しなければいけません。プライベートの通帳1つで個人用としても仕事用としても使っている場合は、その通帳を提示しないといけないので、なんとなく嫌な気分になる人も多いです。そういったことも踏まえて屋号付き口座をもっていた方が良いでしょう。

2.顧客に不安を抱かせない

ネットショップなどを経営している場合など、決まった得意先ではなく不特定多数の顧客から振込入金がある場合、個人名のみの口座だと顧客に不安を抱かせることがあります。
そんな時、屋号付き口座を使っているとお店の名前も載っているので安心ですね。

屋号付き口座が開ける銀行は?

屋号付き口座は、メガバンクやゆうちょ、ネット銀行などで開設することができます。 屋号付き口座を開設できる主な銀行は以下のとおりです。

・三菱東京UFJ銀行
・みずほ銀行
・三井住友銀行
・りそな銀行
・ゆうちょ銀行
・楽天銀行
・ジャパンネット銀行

地方銀行など、地元の金融機関でも屋号付き口座を開設できる場合があります。詳しくは各金融機関にお問い合わせください。

屋号付き口座を開設するために必要な書類など

屋号付き口座を開設するために必要な書類などは金融機関ごとで違いますが、おおよそ次のものが必要になります。

・本人確認書類
運転免許証やマイナンバーカードなどです。
・開業届
事業をしているということが重要になるので、開業届が必要です。
開業して数年たっている場合は確定申告書などでも良い場合があります。
・印鑑
銀行印になることも多いので、他の銀行印と分けた方が良いでしょう。
・屋号確認資料
屋号付き口座を開設するためには、その屋号を使っていることが確認できる書類を金融機関に提出する必要があります。屋号確認資料には主に次のようなものがあります。

・所得税や地方税の納税証明書または領収証
・社会保険料の領収書
・事務所などの賃貸契約書
・水道代や電気代などの公共料金の領収書
・所得税や住民税の確定申告書控え

上記書類のなかで、屋号が載っているものしか使えません。どれにも屋号の記載がない場合は、他のもので代替えできるかどうかを確認する必要があります。

※一般の口座と違い屋号付き口座は、申請当日に開設することができません。申請後おおむね1週間程度かかることがあります。必要書類は早めに用意しておきましょう。

「開業届」には屋号を記載する必要があり、この開業届が屋号を記載する最初の書類になる場合も多いです。
事業を始める人は「開業届」なんて書いたことないという人がほとんどではないでしょうか。そんなとき便利なのが「開業freee」。「開業freee」は簡単な質問に答えるだけで、すぐに必要な書類を自動で作成でき、屋号も所定の欄にきちんと記載されます。しかも費用は無料。開業して「開業届」を作成するときは、「開業freee」を使いましょう。

余談ですが、控除面などで有利な青色申告をするためには、あらかじめ「青色申告申請承認書」を税務署に提出する必要があります。こちらの書類も「開業freee」で作成できます。開業届と一緒に税務署に提出しましょう。

まとめ

今回は屋号付き口座についてご紹介しました。屋号付き口座を持つと事業として使ったものがすぐにわかるので確定申告のときに便利であることや、お店の名前と振込先が同じなので顧客に不安を抱かせないなどのメリットがあります。
屋号付き口座を開設するために必要な書類などは、金融機関ごとで違います。口座開設の申請後おおむね1週間程度かかることがあります。必要書類は早めに用意しておきましょう。

開業 freee

個人事業の開業に必要な書類を無料で、自動作成することができます。開業時の忙しい時期の作業を大幅に軽減。青色申告をしたい方は開業届の提出が必須です。そのほかに必要な書類も、ステップに沿って入力するだけで簡単に作成可能!

確定申告ソフト freee

開業届を提出したら確定申告に向けた日々の経理作業が始まります。確定申告ソフト freeeなら、面倒な経理、確定申告を圧倒的に簡単・ラクにできます。スマホを活用して領収書の管理も可能です。スマホだけで確定申告を完了した方も!50万人の個人事業主が利用する会計ソフトを試してみませんか?

バックオフィス基礎知識