開業の基礎知識

フランチャイズのオーナーになるために必要な準備とは?

独立開業の選択肢の一つとしてよく挙がるのがフランチャイズのオーナーです。しかし、一言でフランチャイズと言っても様々。一体どんな業種があり、どうやって事業を軌道に乗せればいいのでしょう。
今回の記事では、フランチャイズのオーナーとしての独立にご興味がある方に向けて基礎知識をご紹介していきます。

フランチャイズのオーナーになるために必要な準備とは?

目次

開業freeeバナー

フランチャイズとは

フランチャイズ(franchise)とはそもそも何でしょう。英和辞典で調べると、「会社の設立認可」「営業許可」といった意味が出てきます。

これは、流通におけるビジネスモデルの一つで、「フランチャイザー」と呼ばれる親企業が加盟店に一定地域内での営業販売権を与えることを指します。加盟店は、営業販売権を得る代わりに親企業に「ロイヤリティ」と呼ばれる対価を支払います。

フランチャイズの形態をとっている業種には、コンビニ、居酒屋、ラーメン屋など様々。あまり馴染み深くはないかもしれませんが、塾やデイサービス、ハウスクリーニングなどもフランチャイズ展開しているところがあります。

マイナビ独立がフランチャイズオーナー97人に実施したインタビューによると、フランチャイズオーナーとして独立した年代で一番多かったのが30代、次いで20代、40代でした。社会人として実力が付いてきた30代ごろから独立を考える方が多いようです。

フランチャイズのオーナーになるメリット

フランチャイズのオーナーになる最大のメリットは、未経験でもビジネスを構築できる点です。「いつか自分の事業を持ちたい」「独立したい」と思っても、やりたいビジネスアイデアがなかったり、失敗を恐れる方は少なくありません。
フランチャイズでは、仕入れルート・販売方法・集客ノウハウなど、ビジネスを展開するために必要な知識と経験ががパッケージになっているため、未経験からでもビジネスを構築することができます。

何か事業を立ち上げようと思うと、その道のノウハウや専門知識が必要です。しかし、フランチャイズ加盟店はすでに一度成功しているノウハウを手に入れることができるのです。また、フランチャイズ展開している会社は有名企業が多く、立ち上げの段階からブランド力も得ることができます。

成功しているモデルを展開するため、通常の新規事業に比べて収益予測が立てやすいというメリットもあります。事業者本人にとっても安心ですし、収益予測を立てやすいということは、銀行からの借り入れもしやすくなるということです。

フランチャイズのオーナーになるデメリット

フランチャイズのオーナーになる上でのデメリットもいくつかあります。まずはロイヤリティの支払いです。フランチャイズへの加盟期間中は、本部に対してロイヤリティを払い続ける義務があります。
多くのフランチャイズでは、「売上比率何%」という形での支払い形態をとっていますが中には「月額固定」形態のところもあります。もし月額固定のロイヤリティで、思うように利益が出なかった場合でも、ロイヤリティの支払いが発生するため注意が必要です。事前によく確認しましょう。

また、「自分の城」とも言える事業を立ち上げることができますが、ある程度は本部のマニュアルに従わなければいけません。オリジナルメニューの提供や、店舗独自の販促キャンペーンができないところがほとんどのため、全て自分の思う通りにやりたい方には向かないでしょう。

また、メリットの一つに「ブランド力」がありましたが、本部や他のフランチャイズ加盟店が何か事件を起こし、ブランド毀損があった場合に影響を受ける可能性もあります。

フランチャイズのオーナーになる上での注意点

フランチャイズのメリット、デメリットを踏まえた上でオーナーに興味がある場合は、早速気になる業種の資料請求をしてみましょう。

また、フランチャイズを始める前に知っておきたい注意点もいくつかあります。

自己資金

フランチャイズを検討している方は、まず自己資金について知っておく必要があります。フランチャイズ加盟店の募集情報には、「50万円以下で開業可能」や「開業資金不要」といった条件のものもありまりますが、自己資金が少なすぎるのも何かあった時に不安です。
マイナビ独立が実施した調査によると、オーナーがフランチャイズ開業のために用意した自己資金の金額で最も多かったのは300-500万円。しかし、自己資金0円、100万円未満で独立した方の割合も少なくありません。

経理作業

フランチャイズの本部は、経営ノウハウを提供してくれますが、実務面……特に経理のサポートは行いません。このため、帳簿の管理や日々の経理、確定申告はオーナーの仕事です。また、お店を開業したら多くの仕事が発生します。自分一人ではまかなえなくなる日がやってきますので、売り上げが伸びてきたらスタッフの雇用も検討しましょう。

人事労務

スタッフを雇用することになると発生するのがシフト管理や給与管理などのバックオフィス業務です。先ほどの経理の話にもつながりますが、作業をできる限り効率化するためにも、人事労務ソフトの活用やアウトソーシングをして、できるだけ本業に専念することが大切です。

フランチャイズのオーナーになるための最初のステップ

フランチャイズをスタートする場合の最初のステップは、税務署への開業届と言えるでしょう。税務署に開業届を提出することで、事業を始めることをお知らせすることになります。

また、この開業届の提出時に、青色申告承認申請書も提出しておくと、青色申告での確定申告が認められるため後々楽です。
開業時には、他にも従業員を雇用するかなどによって提出する書類が異なります。「何を提出したらいいかわからない」という方も多く、営業開始してから「あれも必要だった!」と気づくケースもあるようです。

営業を開始すると忙しくなりますので、できるだけ最初の段階で簡単に届出を完成させることが重要です。そこでオススメしたいのが、無料で開業に必要な書類を作れる、開業freeeです。

開業freeeで開業届を作ろう

開業freee」を使用すれば、画面の内容に沿って簡単な質問に答えていくだけで、以下の書類を自動作成することが可能です。

・開業・廃業等届出書(開業届け)
・青色申告承認申請書(青色申告を行う場合)
・青色事業専従者給与に関する届出書(家族に給与を支払うか、家族への給与を経費にする場合)
・給与支払事務所等の開設届出(給与を支払う場合)
・源泉所得税に納期の特例の承認に関する申請書(給与を支払う場合)

ステップに沿って必要事項を記入!


「準備」「作成」「提出」の3ステップで完了!

開業freeeのステップは、準備・作成・提出の3ステップ。
何を書いたらいいか迷いがちな項目(例えば、職業・仕事の種類)も、多彩なプルダウンメニューから選ぶだけです。

設問に答えていくだけで書類ができあがります。

また、ご自身の事業にぴったりな確定申告の種類をシュミレーションし、選ぶこともできます。

image9

「書類を確認する」ボタンを押すと、あなたに必要な書類が控えも含めて自動でPDFに出力されます。
その際、1ページ目には提出先の税務署への宛名も記載されていますので、切り取って封筒に貼りつければすぐに郵送することができます

image12

開業届などの各種届出が完了したら、確定申告に向けた準備をする必要があります。

確定申告を簡単に終わらせる方法

確定申告には青色申告と白色申告の2種類があり、期限までに書類を作成し納税をすることが重要です。
書類の作成には、手書きのほか、国税庁の「確定申告等作成コーナー」や会計ソフトで作成する方法がありますが、「確定申告書の作成は難しいのでは?」と苦手意識をお持ちの方も少なくありません。
そこでお勧めしたいのは、確定申告ソフトfreeeの活用です。


確定申告ソフトのfreeeは、会計の知識がないから不安だという方でも、質問に沿って答えていくだけで簡単に書類を作成することができます。
以下に書類を作るまでのステップをご紹介します。

ステップに沿って入力するだけ

ステップに沿って入力するだけで、簡単に確定申告が完了します。

STEP1: 基本情報の入力

まずは基本情報の入力です。あなたの事業、事業主であるあなた自身の情報について入力後、青色申告・白色申告のいずれかを選択。提出方法も選択しましょう。

基本情報の入力

事業の基本情報を入力!


STEP2: 申告書作成に必要な情報の入力

次に、確定申告書を作成する際に必要な情報を入力していきます。年度の取引の最終確認を行った後、◯✕形式で22個質問に答えていきます。

まるばつ形式で回答

有料のスタータープラン(月額980円)、スタンダードプラン(月額1980円)は
チャットで確定申告についての質問が可能。
さらに、オプションサービスに申し込むと電話で質問も可能です。

STEP3: 完成!

STEP2で入力した内容を元に確定申告書が完成!


有料のスタータープラン(月額980円)とスタンダードプラン(月額1980円)では作成した書類の確認や出力が可能です。
マイナンバーカードとカードリーダをご用意いただけば、ご自宅からでもすぐに提出が完了するので、税務署に行く手間がかかりません!

※無料プランでは、申告書作成まで可能です。

会計freeeを使うとどれくらいお得?

確定申告ソフトのfreeeは、会計初心者の方からも「本当に簡単に終わった!」との声も多く寄せられています。

また、税理士さんなどに経理を依頼した場合、経理の月額費用は最低でも1万円、確定申告書類の作成は最低でも5万円〜10万円ほど必要です。

いかがでしょう?
確定申告ソフトのfreeeは、ステップに沿って質問に答えるだけで簡単に確定申告を完了することができます。
余裕を持って確定申告を迎えるためにも、ぜひ確定申告ソフトの活用をご検討ください。

開業 freee

個人事業の開業に必要な書類を無料で、自動作成することができます。開業時の忙しい時期の作業を大幅に軽減。青色申告をしたい方は開業届の提出が必須です。そのほかに必要な書類も、ステップに沿って入力するだけで簡単に作成可能!

バックオフィス基礎知識