開業の基礎知識

個人事業に印鑑は必要?どんな印鑑を作ればいいのか解説

個人事業主は印鑑を作る必要があるのでしょうか?一度は迷うところかもしれません。もし作る場合は、どんなものを用意したほうが良いか、どんな場面で必要とされるのかについてご紹介します。

個人事業に印鑑は必要?どんな印鑑を作ればいいのか解説

目次

開業freeeバナー

個人事業主に印鑑は必要?

会社員、個人事業主、経営者……立場に関わらず、印鑑は生活をする上で必要なものの一つです。会社員の場合、銀行や宅配、書類への捺印などで使用しますが、個人事業主として独立した場合は、事業に関係ある書類にも捺印することになります。また、会社を設立する際はさらに用途が多く、会社設立時には実印、銀行印、角印の3つの印鑑をつくる必要があります。

法人として会社を作る場合は印鑑は必須ですが、個人事業の場合も事業用の印鑑が必要なのか疑問に思ったことがあるのではないでしょうか。


法人印鑑3本セット
会社を設立したい場合は、会社設立freeeが特別価格で印鑑を作成
(画像の出典:会社設立freee

結論から言うと、法的には個人名の実印を使用して問題ありません。しかし今後、個人事業を発展させていきたいのであれば、事業用の印鑑を作成しても良いかもしれません。事業用の印鑑にはいくつか種類があります。また、なんのために印鑑を作るのか、その理由についてもご紹介していきます。

印鑑の種類

実印

住民登録をしている市役所などに登録した印鑑を、「実印」と呼びます。実印は、身分を公的に証明するとても重要な印鑑です。様々な契約書類で「個人保証」を証明するものになり、契約書類などの重要な書類に使用します。住民票を登録した市役所・区役所で、身分証明証と申請書を合わせて提出すれば簡単に登録することができます。

個人の実印は名前のみが刻まれている丸型の判子です。一方、事業用の印鑑には、屋号が入っています。

丸印と角印

事業用の印鑑の種類には、「丸印」と「角印」の二種類があります。「丸印」には屋号名と代表者名、「角印」には屋号名のみが彫られています。これらは、場面に応じて使い分けることが重要です。

個人事業と印鑑の使い分け

事業用の「丸印」と「角印」には使用用途があります。具体的には、「角印」は請求書や領収書など対外的に使用する印鑑、「丸印」は契約書などに捺印します。屋号入りの印鑑を使うことで、大きな実利はないかもしれませんが、書類の「格」をあげることに繋がるかもしれません。

現在は個人事業主でも、将来的に法人化を考えているのであれば、事業用の印鑑を作ることで一貫して同じ印鑑を使用することができます。また、新しい事業を始めた意気込みとして、事業用の印鑑を作る方も少なくありません。体裁を考えたときに、取引先からの信頼度も少なからずアップするはずです。

個人事業主が印鑑を使うシーン

個人事業主として独立すると、契約書、見積書、請求書、領収書、各種届出、確定申告書類など、印鑑を使う機会があります。それぞれの用途と作業を効率化するおすすめサービスについて紹介します。

契約書

前述したように、個人事業用の印鑑を使用する場合、「丸印」が使われることが一般的です。

見積書・請求書

見積書や請求書には「角印」が使われます。毎月、一社一社クライアントに請求書を送付する作業を大切にしている個人事業主もいれば、できればこの作業を省略したい……と考える方もいらっしゃるでしょう。

例えば、会計ソフトのfreeeを使うと簡単に請求書の作成・印刷ができるのですが、作った書類をWebで共有するという便利な機能もあります。



会計ソフトのfreeeでは請求書をweb上で簡単に作成できさらにWeb共有が可能。
(画像の出典:freeeヘルプセンター


Webから共有するだけだったら郵送の手間はありませんが、なかには「書類を郵送してほしい」と希望する顧客もいるはずです。請求書を作成、印刷、捺印、封筒に入れて投函……取引会社が多い場合は、少なからず負担になります。
こういった作業を煩雑に感じる場合は、1通150円(税別)で会計ソフトのfreeeが郵送代行を行なっているため、活用してみてはいかがでしょう。

ワンクリックで請求書郵送代行の依頼が完了
(画像の出典:freeeヘルプセンター


開業届・青色事業承認申請書

個人事業を立ち上げる場合は、開業届を書く必要があります。また、個人事業主であれば年間の所得を計算し、納税するための確定申告作業も不可欠です。確定申告には青色と白色があり、青色申告は節税効果がとても高くおすすめです。

青色申告を選択するためには、青色事業承認申請書の提出が必須であり、こちらの書類にも印鑑の捺印が必要です。

確定申告書類

確定申告書類にも印鑑が必要です。確定申告の時期になると、申告書類の作成に忙しいフリーランスも少なくありません。労力を最小限にするためにも、会計ソフトの導入を考えて見てはいかがでしょう。

以下で、簡単に確定申告が完了する会計ソフトと、開業支援ソフト(無料)のご紹介をします。ご興味のある方はぜひ活用してみてはいかがでしょう。

開業freeeで開業届を作ろう

開業freee」を使用すれば、画面の内容に沿って簡単な質問に答えていくだけで、以下の書類を自動作成することが可能です。

・開業・廃業等届出書(開業届け)
・青色申告承認申請書(青色申告を行う場合)
・青色事業専従者給与に関する届出書(家族に給与を支払うか、家族への給与を経費にする場合)
・給与支払事務所等の開設届出(給与を支払う場合)
・源泉所得税に納期の特例の承認に関する申請書(給与を支払う場合)

ステップに沿って必要事項を記入!


「準備」「作成」「提出」の3ステップで完了!

開業freeeのステップは、準備・作成・提出の3ステップ。
何を書いたらいいか迷いがちな項目(例えば、職業・仕事の種類)も、多彩なプルダウンメニューから選ぶだけです。

設問に答えていくだけで書類ができあがります。

また、ご自身の事業にぴったりな確定申告の種類をシュミレーションし、選ぶこともできます。

image9

「書類を確認する」ボタンを押すと、あなたに必要な書類が控えも含めて自動でPDFに出力されます。
その際、1ページ目には提出先の税務署への宛名も記載されていますので、切り取って封筒に貼りつければすぐに郵送することができます

image12

開業届などの各種届出が完了したら、確定申告に向けた準備をする必要があります。

確定申告を簡単に終わらせる方法

確定申告には青色申告と白色申告の2種類があり、期限までに書類を作成し納税をすることが重要です。
書類の作成には、手書きのほか、国税庁の「確定申告等作成コーナー」や会計ソフトで作成する方法がありますが、「確定申告書の作成は難しいのでは?」と苦手意識をお持ちの方も少なくありません。
そこでお勧めしたいのは、確定申告ソフトfreeeの活用です。


確定申告ソフトのfreeeは、会計の知識がないから不安だという方でも、質問に沿って答えていくだけで簡単に書類を作成することができます。
以下に書類を作るまでのステップをご紹介します。

ステップに沿って入力するだけ

ステップに沿って入力するだけで、簡単に確定申告が完了します。

STEP1: 基本情報の入力

まずは基本情報の入力です。あなたの事業、事業主であるあなた自身の情報について入力後、青色申告・白色申告のいずれかを選択。提出方法も選択しましょう。

基本情報の入力

事業の基本情報を入力!


STEP2: 申告書作成に必要な情報の入力

次に、確定申告書を作成する際に必要な情報を入力していきます。年度の取引の最終確認を行った後、◯✕形式で22個質問に答えていきます。

まるばつ形式で回答

有料のスタータープラン(月額980円)、スタンダードプラン(月額1980円)は
チャットで確定申告についての質問が可能。
さらに、オプションサービスに申し込むと電話で質問も可能です。

STEP3: 完成!

STEP2で入力した内容を元に確定申告書が完成!


有料のスタータープラン(月額980円)とスタンダードプラン(月額1980円)では作成した書類の確認や出力が可能です。
マイナンバーカードとカードリーダをご用意いただけば、ご自宅からでもすぐに提出が完了するので、税務署に行く手間がかかりません!

※無料プランでは、申告書作成まで可能です。

会計freeeを使うとどれくらいお得?

確定申告ソフトのfreeeは、会計初心者の方からも「本当に簡単に終わった!」との声も多く寄せられています。

また、税理士さんなどに経理を依頼した場合、経理の月額費用は最低でも1万円、確定申告書類の作成は最低でも5万円〜10万円ほど必要です。

いかがでしょう?
確定申告ソフトのfreeeは、ステップに沿って質問に答えるだけで簡単に確定申告を完了することができます。
余裕を持って確定申告を迎えるためにも、ぜひ確定申告ソフトの活用をご検討ください。

開業 freee

個人事業の開業に必要な書類を無料で、自動作成することができます。開業時の忙しい時期の作業を大幅に軽減。青色申告をしたい方は開業届の提出が必須です。そのほかに必要な書類も、ステップに沿って入力するだけで簡単に作成可能!

バックオフィス基礎知識