開業の基礎知識

開業届と個人番号の書き方・注意点

開業届には、個人番号(マイナンバー)を記載する必要があります。
個人番号(マイナンバー)とは、マイナンバー制度に伴って発行された、国民ひとりひとりに与えられる固有の個人番号です。
2016年から始まった制度で、個人事業主・フリーランスの皆さんも、様々な書類への個人番号(マイナンバー)の記載が必要になります。

新たに始まった制度のため、不安に感じる方もいらっしゃるのではないでしょうか。
そこで今回の記事では、開業届への個人番号の書き方や注意点、他に記入が必要な書類についてご説明します。

目次

開業届と個人番号

1.開業届で個人番号を記入する箇所

まずは、個人番号がどこに記載されているのかをご説明します。
個人番号は、通知カードもしくは個人番号カードの下記の番号を指します。

my_number1 my_number2




上記の画像の赤枠で囲まれた番号を、開業届に記載します。
具体的な記載場所は、下記の画像の赤枠部分です。

開業届_個人番号

2.開業届の他に、個人番号の記入が必要なもの

確定申告で青色申告を選択する方は、開業届の提出と同時に「青色事業申告書」を提出しましょう。
他にも「青色事業専従者給与に関する届出・変更届出書」や「源泉所得税の納期の特例の承認に関する申請書」など、開業届と合わせて一度に提出しておきたい書類がいくつかあります。

いずれの書類も、個人番号(マイナンバー)の記載が必要です。

3.必要書類を用意しよう

開業届のほかに必要な書類は人によって異なります。
そこで、ご自身がどの書類を用意したらいいかわからない方、不安を感じる方にお勧めしたいのが「開業freee」です。


開業freeeは、ステップに沿って簡単な質問に答えるだけで、開業届が完成します。
さらに、記入した内容に沿って、あなたに必要な書類を自動で作成します。

image11



最終ステップで表示される、必要書類の一覧、
「書類を確認する」ボタンを押すと、PDFが出力されます。

image13



マイナンバーの記入場所、通知カードとマイナンバーカード上での記載場所も表示されるため迷いません。

image12
出力されたPDFの1枚目には、郵送先の住所も記載されているので、切り取って封筒に貼ればすぐに郵送できるでしょう。

いかがでしょう?
導入されたばかりのマイナンバー制度ですが、開業freeeを使えば、ミスなく簡単に書類を作成、提出することができます。
開業届の作成は意外と手間に感じる方も少なくありません。できるだけ時間をかけずに書類を作成し、本業をスムーズにスタートしてくださいね。

開業 freee

個人事業の開業に必要な書類を無料で、自動作成することができます。開業時の忙しい時期の作業を大幅に軽減。青色申告をしたい方は開業届の提出が必須です。そのほかに必要な書類も、ステップに沿って入力するだけで簡単に作成可能!

確定申告ソフト freee

開業届を提出したら確定申告に向けた日々の経理作業が始まります。確定申告ソフト freeeなら、面倒な経理、確定申告を圧倒的に簡単・ラクにできます。スマホを活用して領収書の管理も可能です。スマホだけで確定申告を完了した方も!50万人の個人事業主が利用する会計ソフトを試してみませんか?

バックオフィス基礎知識