開業の基礎知識

開業届と個人番号の書き方・注意点

開業届には、個人番号(マイナンバー)を記載する必要があります。
個人番号(マイナンバー)とは、マイナンバー制度に伴って発行された、国民ひとりひとりに与えられる固有の個人番号です。
2016年から始まった制度で、個人事業主・フリーランスの皆さんも、様々な書類への個人番号(マイナンバー)の記載が必要になります。

新たに始まった制度のため、不安に感じる方もいらっしゃるのではないでしょうか。
そこで今回の記事では、開業届への個人番号の書き方や注意点、他に記入が必要な書類についてご説明します。

開業届と個人番号

目次

開業freeeバナー

1.開業届で個人番号を記入する箇所

まずは、個人番号がどこに記載されているのかをご説明します。
個人番号は、通知カードもしくは個人番号カードの下記の番号を指します。

my_number1 my_number2

上記の画像の赤枠で囲まれた番号を、開業届に記載します。
具体的な記載場所は、下記の画像の赤枠部分です。

開業届_個人番号

2.開業届の他に、個人番号の記入が必要なもの

確定申告で青色申告を選択する方は、開業届の提出と同時に「青色事業申告書」を提出しましょう。
他にも「青色事業専従者給与に関する届出・変更届出書」や「源泉所得税の納期の特例の承認に関する申請書」など、開業届と合わせて一度に提出しておきたい書類がいくつかあります。

いずれの書類も、個人番号(マイナンバー)の記載が必要です。

3.必要書類を用意しよう

開業届のほかに必要な書類は人によって異なります。
そこで、ご自身がどの書類を用意したらいいかわからない方、不安を感じる方にお勧めしたいのが「開業freee」です。


開業freeeは、ステップに沿って簡単な質問に答えるだけで、開業届が完成します。
さらに、記入した内容に沿って、あなたに必要な書類を自動で作成します。

image11



最終ステップで表示される、必要書類の一覧、
「書類を確認する」ボタンを押すと、PDFが出力されます。

image13



マイナンバーの記入場所、通知カードとマイナンバーカード上での記載場所も表示されるため迷いません。

image12

出力されたPDFの1枚目には、郵送先の住所も記載されているので、切り取って封筒に貼ればすぐに郵送できるでしょう。

いかがでしょう?
導入されたばかりのマイナンバー制度ですが、開業freeeを使えば、ミスなく簡単に書類を作成、提出することができます。
開業届の作成は意外と手間に感じる方も少なくありません。できるだけ時間をかけずに書類を作成し、本業をスムーズにスタートしてくださいね。
また、開業届を出して事業をスタートしたら、必ず考えなくてはいけないのが確定申告です。

確定申告を簡単に終わらせる方法

確定申告には青色申告と白色申告の2種類があり、期限までに書類を作成し納税をすることが重要です。
書類の作成には、手書きのほか、国税庁の「確定申告等作成コーナー」や会計ソフトで作成する方法がありますが、「確定申告書の作成は難しいのでは?」と苦手意識をお持ちの方も少なくありません。
そこでお勧めしたいのは、確定申告ソフトfreeeの活用です。


確定申告ソフトのfreeeは、会計の知識がないから不安だという方でも、質問に沿って答えていくだけで簡単に書類を作成することができます。
以下に書類を作るまでのステップをご紹介します。

ステップに沿って入力するだけ

ステップに沿って入力するだけで、簡単に確定申告が完了します。

1.銀行口座やクレジットカードは同期すれば自動入力!

面倒な1年分の経費の入力も、銀行口座やクレジットカードを同期すれば自動で入力できます。日付や金額だけでなく、勘定科目を推測して自動入力してくれるので大幅に手間を省くことができます。

基本情報の入力

ため込んだ経費も自動入力でカンタン!

2.簿記を知らなくてもカンタンに入力できる!

現金で払った場合でも、いつ・どこで・何に使ったか、家計簿感覚で入力するだけで大丈夫です。自動的に複式簿記の形に変換してくれるので、簿記を覚えなくても迷わず入力することができます。

簿記を知らなくてもカンタンに入力

有料のスタータープラン(月額980円)、スタンダードプラン(月額1980円)は
チャットで確定申告についての質問が可能。
さらに、オプションサービスに申し込むと電話で質問も可能です。

3.質問に答えるだけで税金は自動計算

○×の質問に答えるだけで税金も計算


保険やふるさと納税、住宅ローンなどを利用している場合は税金が安くなります。難しい税金の計算もfreeeなら、質問に答えるだけで自動で計算してくれます。確定申告をするために、本を買って税金について勉強する必要はありません。

4.あとは確定申告書を税務署に提出するだけ

あとは自動で確定申告書を作成してくれるので、税務署に郵送や電子申告などで提出して、納税をすれば完了です。

マイナンバーカードとカードリーダをご用意いただけば、ご自宅からでもすぐに提出が完了するので、税務署に行く手間がかかりません!
あとは確定申告書を提出するだけ

あとは完成した確定申告書を提出して納税するだけ

会計freeeを使うとどれくらいお得?

確定申告ソフトのfreeeは、会計初心者の方からも「本当に簡単に終わった!」との声も多く寄せられています。

また、税理士さんなどに経理を依頼した場合、経理の月額費用は最低でも1万円、確定申告書類の作成は最低でも5万円〜10万円ほど必要です。

いかがでしょう?
確定申告ソフトのfreeeは、ステップに沿って質問に答えるだけで簡単に確定申告を完了することができます。
余裕を持って確定申告を迎えるためにも、ぜひ確定申告ソフトの活用をご検討ください。
【初めての向けにオススメ】そもそも確定申告とは?スマホ申告の活用など

開業 freee

個人事業の開業に必要な書類を無料で、自動作成することができます。開業時の忙しい時期の作業を大幅に軽減。青色申告をしたい方は開業届の提出が必須です。そのほかに必要な書類も、ステップに沿って入力するだけで簡単に作成可能!

確定申告ソフト freee

確定申告ソフト freee なら、面倒な確定申告が圧倒的に簡単・ラクになります。ぜひお試しを!

バックオフィス基礎知識