開業の基礎知識

開業届の書き方って?作成から提出までを徹底サポート

記入項目は少ないのですが、書き方に迷う項目が多い開業届。初めて個人事業を始める方は不安に思うことでしょう。
開業届はご自身で事業をスタートするという宣言でもありますので、作成することをうれしく思う反面、開業当初は忙しく、調べたり聞いたりすることを煩雑に感じるのではないでしょうか。
そこで今回は、ミスなく、すぐに完成する開業届の書き方をご紹介します。

開業届け

目次

開業freeeバナー

そもそも開業届って?

開業届の正式名称は「個人事業の開業・廃業等届出書」です。
開業届は、税務署に事業の存在を届け出ることによって、納税する意思を示すためのものです。

ちなみに、個人事業主は開業届を提出する義務はありません。確定申告をし、必要な納税さえしていれば、開業届は出さなくてもいいのです。とはいえ、確定申告で青色申告を行う場合には、開業届を提出していることが前提となりますし、屋号名義の銀行口座開設、あるいは金融機関によっては創業融資の申込みの際にも、必要になることがあります。
ちなみに、開業届を出す際の費用ですが、個人事業主にはかかりません。

開業届はどこでもらうの?

開業届を入手する方法は大きく分けて2つあります。

・国税庁のWebサイト([手続名]所得税の青色申告承認申請手続)からダウンロードする方法
・最寄りの税務署で受け取る方法

最寄りの税務署で直接受け取りたい場合は、「地名+税務署」で検索するか、国税庁のWebサイトの「国税局・税務署を調べる」を活用しましょう。
なお、受け取りに行く場合は、ご自身の控えのために1部余分にもらっておくことをおすすめします。

また、確定申告で青色申告を行いたい個人事業主は、この開業届を税務署に提出してから1ヵ月以内に青色申告承認申請書を提出しなければなりません。
青色申告承認申請書も、開業届と同様に国税庁のWebサイト([手続名]所得税の青色申告承認申請手続)からダウンロードすることができます。

開業届の書き方

それでは、具体的な開業届けの書き方をご紹介します。

個人事業の開業・廃業等届出書

引用元:国税庁

開業届で記入する項目は以下のとおりです。

(1)納税地
(2)氏名・電話番号
(3)生年月日
(4)個人番号(マイナンバー)
(5)職業
(6)屋号
(7)開業した場所の住所(※住所と同じでもOKです)
(8)所得の種類
(9)開業日
(10)事業の概要

さらに、人によっては、青色申告承認申請書の有無、給与支払いについても記載が必要です。

開業freeeでミスなく簡単に開業届を作成!

個人事業をスタートした際は「開業届」、青色申告をするためにはさらに「青色申告承認申請書」の提出が必須です。 記入項目は決して多くはありませんが、どう書けばよいか悩んでしまう方は少なくありません。

そこでおすすめしたいのが「開業freee」です。ステップに沿って簡単な質問に答えるだけで必要な届出がすぐに完成します。

開業freeeで作成可能な5つの届出

1. 個人事業の開業・廃業等届出書
開業届のことです。

2. 所得税の青色申告承認申請書
青色申告承認申請書は事業開始日から2ヶ月以内、もしくは1月1日から3月15日までに提出する必要があります。期限を過ぎた場合、青色申告できるのは翌年からになるため注意が必要です。

3. 給与支払事務所等の開設・移転・廃止届出書
家族や従業員に給与を支払うための申請書です。

4. 源泉所得税の納期の特例の承認に関する申請書
原則毎月支払う源泉所得税を年2回にまとめて納付するための手続です。
毎月支払うのは手間ですので、ぜひ提出しましょう。

5. 青色事業専従者給与に関する届出・変更届出書
青色申告をする場合に、家族に支払う給与を経費にするための手続です。青色申告をして家族に給与を支払う場合は必ず提出しましょう。

開業freeeの使い方を徹底解説

開業freeeを使った開業届けの書き方は、

準備→作成→提出

の3ステップに沿って必要事項を記入していくだけです。

image1

Step1:準備編

image2

準備編では事業の基本情報を入力します。迷いやすい職業欄も多彩な選択肢のなかから選ぶだけ。


image3

事業の開始年月日、想定月収、仕事をする場所を記入します。
想定月収を記入すると青色申告、白色申告のどちらが、いくらお得かも自動で計算されます。

Step2:作成編

次に、作成編です。


image6

申請者の情報を入力します。
名前、住所、電話番号、生年月日を記入しましょう。


image8

給与を支払う人がいる場合は、上記のように入力をします。
今回は準備編で「家族」を選択しましたので、妻を例に記入を行いました。


image9

さらに、見込み納税金額のシミュレーションも可能。
※なお、売上の3割を経費とした場合の見込み額を表示しています。経費額やその他の控除によって実際の納税額は変化します。

今回は、青色申告65万円控除が一番おすすめの結果となりました。

Step3:提出編

最後のステップでは、開業に必要な書類をすべてプリントアウトし、税務署に提出します。


image10

入力した住所をもとに、提出候補の地区がプルダウンで出てきます。
地区を選ぶと、提出先の税務署が表示されますので、そちらに開業届けを提出しましょう。


image12

届け出に関する説明とそれぞれの控えを含め、11枚のPDFが出来上がりました。印刷し、必要箇所に押印とマイナンバー(個人番号)の記載をしましょう。

郵送で提出したい方のために、宛先も1ページ目に記載されています。切り取って封筒に貼りつければ完了です。

いかがでしょう。
事業をスタートする際や、青色申告にしたい場合、切り替えたい場合など、届出の作成は意外と煩雑なものです。
しかし、開業freeeを活用すれば、無料ですぐに届け出の作成が完了。 また、確定申告書の作成も会計freeeを使えば、ステップに沿ってすぐに完了します。
開業freee会計freeeを使って、効率良く届出を作成しましょう。

まとめ

初めての方は、開業届に記載の必要がある項目、ない項目についてもすぐに判断できません。そこで、開業freeeを使って、記入が必要な物のみ対応すれば大丈夫です。
開業届を提出することで、一番損をしない方法で確定申告ができるなど、大きなメリットがあります。ぜひ、すぐに開業届を作成できる開業freeeを使って、安心して確定申告に臨んでください。

開業 freee

個人事業の開業に必要な書類を無料で、自動作成することができます。開業時の忙しい時期の作業を大幅に軽減。青色申告をしたい方は開業届の提出が必須です。そのほかに必要な書類も、ステップに沿って入力するだけで簡単に作成可能!

確定申告ソフト freee

確定申告ソフト freee なら、面倒な確定申告が圧倒的に簡単・ラクになります。ぜひお試しを!

バックオフィス基礎知識