開業の基礎知識

開業支援を徹底解説!開業時の課題を解決するおすすめサービス

Website Design UI Software Media WWW Concept

開業時には、事業が軌道に乗るのか不安を感じることもあるでしょう。
また、開業に必要な作業がうまく進められないことも考えられます。
開業に際して課題を抱えている場合は、開業支援サービスの利用を検討してみましょう。
具体的にどのようなサービスが受けられるのかについて把握してくださいね。

目次

banner_rev02_05

事業が頓挫するリスクはどのくらい?

最初に、事業が頓挫するリスクについて考えます。また、開業時に十分な準備をしておかないと、開業後から着実に事業の状態が悪化し、廃業に追い込まれることになりかねません。

そこで、想定されるリスクを具体的に見ていきましょう。まず、当初想定ほど売り上げが上がらないケースが考えられます。いくら素晴らしい製品やサービスを提供できる体制が整っていたとしても、顧客に満足してもらえるとは限りません。というのも、価格設定を誤っていたり、そもそも想定顧客に認知されなかったりといった可能性が考えられるからです。

さらに、開業に手間取ってしまうことも考えられます。開業する業種にもよりますが、開業時には多くの書類が必要になることもありますよ。開業に至ったころには疲れ果てて...といった事態になる可能性もあるのです。

統計データによると、開業の10年後には、約12%の事業者しか事業を継続できていません。いかに多くの事業者が、せっかく開業したにもかかわらず、結局事業をあきらめてしまっているかがわかりますね。事業継続率の数値を見て、予想以上に事業頓挫のリスクが高い、と感じた方も多いのではないでしょうか。

あなたの事業は長期にわたって継続したいですよね。事業の長期継続には、スタートダッシュが大切です。丁寧な開業支援を受けることで事業が軌道に乗れば、継続の可能性が高まりますよ。

HP作成支援とは?

開業時に受けたい支援の1つが、HP作成です。HPを作成しておけば、名刺や口コミなどで商品に興味を持った人が、HPを通じて顧客になってくれる可能性が高まるからです。HPは自力で作成することも不可能ではありません。

しかし、HPが検索結果の上位に表示されなければ、閲覧者が限られてしまいます。HPは他の手段による広告を見た顧客の訪問が期待できますので、早期に検索上位に表示されるよう、SEO対策を講じておくべきです。

また、HPの品質が低いと、商品の品質まで低いと勘違いされてしまうリスクがあります。せっかくHPを見てもらえたのに、出来が悪くてかえってイメージを損ねてしまう、という事態にならないよう、HPは適切な情報量やレイアウトとなるようにしておきたいですよ。

では、HP作成において具体的にどのような支援を受けられるのかを見ていきましょう。まず、HP作成をすべて依頼することができます。HPの作成には一定の知識が必要です。また、ある程度時間をかけて丁寧に作成しないと、せっかく作ったHPが集客につながらなくなってしまいますよ。

特に、開業準備を進める際には何かと忙しくなりがちです。思い切ってHP作成をおまかせすれば、その他の準備作業に集中することができます。

では、HP作成を一から依頼するとなると、どのくらいの費用がかかるのでしょうか。ページ数やHP機能などによって価格は異なりますが、簡単なHPであれば10万円以下で作成してもらうことも十分可能です。それほど多くの費用をかけなくても、事業用のHPを作成してもらえるのです。

HP作成を丸投げする方法以外にも、SEO対策だけを実施してもらう、という選択肢があります。自力で簡単なHPを作成する知識と時間のある人にオススメです。

HPを作成したものの、訪問者がほぼゼロ...という事態になっていませんか。検索によってHPを閲覧してもらいたければ、検索結果の上位にHPを表示させる必要があります。上位表示を目指すためには、SEO対策が不可欠ですよ。SEO対策を専門家に依頼すれば、検索されやすいキーワードを盛り込む等の作業を行ってくれます。

HPへのアクセス数を増やしたいときは、SEO対策支援の依頼を検討してみてくださいね。

どんな営業支援が受けられるの?

事業を軌道に乗せるためには、効率よく営業を行う必要があります。開業当初の営業は手探りになりがちです。しかし、開業間もないころこそ、優れた営業を行い、顧客を確保することが重要ですよ。損益分岐ラインを早期に超えるためにも、営業に関してもしっかりサポートを受けられると安心です。

では、どのような営業支援を受けることができるのでしょうか。まず、名刺やチラシなどの作成を手伝ってもらうことができます。目的に合わせて最適な内容を記載することで、顧客からの問い合わせを増やしたり、好感度をアップさせたりすることができます。

また、商品の価格設定を支援してもらう選択肢もあります。新たに事業を開始するとなると、適切な価格がいくら位なのか、わかりづらいことがありますよね。高すぎると顧客に悪いイメージを持たれてしまいますし、安すぎると利益を自ら減らしてしまうことになります。地域の価格相場の調査をしてもらうなどすれば、より効果的な価格設定につなげられますよ。

開業時に必要な書類を手軽にそろえる方法とは?

開業時には、開業届の提出が必要なほか、節税につながる青色申告届出書などを提出することが望ましいです。
とはいえ、開業準備の際には書類以外にもたくさんやることがありますよね。
書類準備にかける時間はできるだけ短縮したいものです。
そこで、開業時に必要な書類を手軽にそろえる方法を確認してみましょう。
書類をそろえる際には、コストを一切かけない方法があります。
フリーソフトを活用するのです。フリーソフトと聞くと、信頼性に不安を感じる人もいるかもしれませんね。
しかし、無料でも安心して使えるソフトもありますよ。
例えば、開業freeeであれば、使いやすいレイアウトで初心者でも手軽に利用できます。
自ら書式を意識して作成する必要もありません。
開業freee画面での質問に答えるだけで、自動的に書類が作成されるのです。
どの書類が必要かも開業freeeが判断してくれるので、ラクラク開業できますよ。


人を雇う場合にも安心の開業支援をチェック!

開業にあたって、人を採用する場合もあるでしょう。
雇用を行う場合には、開業時に追加的な準備が必要になります。
開業freeeでは、開業時からすぐに人を雇う場合でも安心できる支援体制が整っています。
では、具体的な支援内容を見ていきましょう。
人を雇う場合は、「専従者給与」として報酬を支払うことで、人件費を経費計上できます。
しかし、専従者給与を経費にするためには、税務署への書類提出が必要です。
開業freeeを使えば、質問に答えるだけで書類に必要な項目が自動で記入されていきますよ。
書類記入が難しそうだから、人を雇うのは諦めよう...と思っていたあなた。開業freeeで人件費計上もラクラク実施できます。

まとめ

解消時には多くの書類が必要になります。
また、名刺やHPの準備など、やるべき作業が山積みです。
個人事業だからと言って自分1人ですべての開業準備をこなそうとすると、開業までに長い時間がかかってしまいます。
そして、開業できたときには事業を積極展開する体力が残っていないかもしれません。
そこで、開業を検討しているなら、様々な開業支援サービスを利用しましょう。
HP作成や開業手続き書類の作成などは、工夫すれば低コストで支援してもらうことができますよ。
事業をスムーズにスタートできればそれだけ早期に収益が上がりますから、ぜひ支援の活用を検討してみてくださいね。

開業 freee

個人事業の開業に必要な書類を無料で、自動作成することができます。開業時の忙しい時期の作業を大幅に軽減。青色申告をしたい方は開業届の提出が必須です。そのほかに必要な書類も、ステップに沿って入力するだけで簡単に作成可能!

確定申告ソフト freee

開業届を提出したら確定申告に向けた日々の経理作業が始まります。確定申告ソフト freeeなら、面倒な経理、確定申告を圧倒的に簡単・ラクにできます。スマホを活用して領収書の管理も可能です。スマホだけで確定申告を完了した方も!50万人の個人事業主が利用する会計ソフトを試してみませんか?

バックオフィス基礎知識