開業の基礎知識

これって源泉徴収が必要?フリーランスになったら知るべき源泉徴収の基礎知識

源泉徴収

会社勤めをしていた人でしたら、源泉徴収といえば毎年1回会社から渡される「給与所得の源泉徴収票」を思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。しかし、その内容をきちんと把握している方はどれぐらいいるでしょう。

フリーランスになると、源泉徴収は確定申告などで深く関係してきます。このとき源泉徴収されるものとされないものがありますので、しっかりと理解しておくことが重要です。
そこで今回は、源泉徴収が必要なものとそうでないもの、またフリーランスになったら知るべき源泉徴収の基礎知識、について紹介します。

目次

そもそも源泉徴収とは

源泉徴収とは、給与や報酬を支払う側が、予め支払う給与や報酬から納めるべき税金を差し引いて、支払いを行う制度のことです。
先に述べた「給与所得の源泉徴収票」では、会社が徴収した金額などを確認することができます。

このように会社員の場合は、本人に代わって会社が給与に関して源泉徴収を行ってくれます。また法律でも、人を雇って事業を営む会社や個人事業主は、給与等の支払を受けるものごとに源泉徴収票を2通作成し、翌年の1月31日までに1通を税務署長に、1通を給与等の支払を受けるものに交付しなければならないと定められています。

しかしフリーランスの場合自分で確定申告を行いますので、報酬を得ている場合、源泉徴収されるものとされないものがあるということを理解していなくてはなりません。なぜならここをしっかり把握しておかないと、確定申告時に損をするケースもあるからです。

源泉徴収が必要な報酬

フリーランスとして報酬を得る場合、源泉徴収される対象は、以下のように定められています。

①原稿料、講演料、デザイン料など
②弁護士、公認会計士、司法書士等へ払う報酬
③社会保険診療報酬支払基金が支払う診療報酬
④プロ野球選手、プロサッカー選手、モデル等に支払う報酬
⑤芸能人や芸能プロダクションを営む個人に支払われる報酬
⑥宴会等で接待を行うコンパニオンへ支払われる報酬
⑦契約金など役務の提供を約することにより一時に支払う契約金
⑧広告宣伝のための賞金や馬主に支払う競馬の賞金

特に①で挙げたデザイン料は、パッケージデザイン、広告デザイン、庭のデザインなど多岐に渡ります。ただしWEBデザインは源泉徴収がありますが、WEBサイトの製作は源泉徴収がありません(※一例を挙げると、デザインを実際にWEB上で閲覧できるようにするコーディングやプログラミングは対象外となります)。

ここに挙げたもの以外にも、写真撮影料や作曲、編曲料といったものも源泉徴収される対象となりますので、フリーランスの方は自分の仕事が対象になるのか予め確認しておくと良いでしょう。

源泉徴収の手続きについて

ここまでで源泉徴収の基本的なことについて述べてきましたが、ここからは実際にどのような手続きを踏んで納付するのか説明していきます。

1つ注意しておきたいのが、報酬をもらったフリーランスの人自身は、税務署へ行き何かをするということはないということです。勘違いされている方もいるかと思いますが、源泉徴収は、報酬を支払った側が行うものです。また仕事の依頼主がフリーランスである場合も、源泉徴収の必要はありません。

1.源泉徴収額の計算方法

計算方法はいたって簡単です。

支払われる額が100万円以下の場合は、
支払われる額×10.21%

支払われる額が100万円以上の場合は、
(支払われる額-100万円)×20.42%

となっています。シンプルでわかりやすいですね。

※復興特別所得税について
平成23年12月2日に公布された「東日本大震災からの復興のための施策を実施するために必要な財源の確保に関する特別措置法」に基づき、平成25年1月1日から平成49年12月31日の間に生ずる所得について源泉徴収を行う際、復興特別所得税が併せて徴収されます。上記の式の0.21%(100万円以上の場合は0.42%)がこれに当たります。

2.納付方法

税務署にある「報酬・料金等の所得税徴収高計算書」という用紙を使用して納付します。記入方法の詳細は、国税庁のホームページで紹介されています。

3.納付期限

源泉徴収が必要な支払があった場合、支払のあった月の翌月10日までに税務署へ納付しなくてはなりません。納付期限を過ぎると、その期限の翌日から納付する日までの日数に応じ、延滞税が自動で課されますので注意が必要です。

ただし毎月納付するのが煩雑だという方に対し、年2回にまとめて納付できるという特例措置もあります。対象は、給与を支払う従業員が10人未満である源泉徴収義務者です。対象者は源泉所得税の納期の特例の承認に関する申請を税務署に提出することで、特例を受けることができます。

確定申告時の注意点

確定申告する際に納付する税金の中には、源泉徴収で納付した分の税金は含まれていません。つまり二重で税金を納付する状態になっているということです。このため還付申告を行わないと、本来納めるべき税金よりも多い額を納めることになってしまいます。

源泉徴収をきちんと理解していないと返ってくるものも返ってきませんので、フリーランスになったら源泉徴収の管理を正確に行いましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
源泉徴収されるもの、されないもの、またその他の源泉徴収の基礎知識について紹介してきました。
源泉徴収についての知識がないと、確定申告時に損をしてしまうことも理解されたのではないでしょうか。
源泉徴収はフリーランスと密接に関わってきます。ぜひ今回の記事を参考に理解を深めてくださいね。

開業 freee

個人事業の開業に必要な書類を無料で、自動作成することができます。開業時の忙しい時期の作業を大幅に軽減。青色申告をしたい方は開業届の提出が必須です。そのほかに必要な書類も、ステップに沿って入力するだけで簡単に作成可能!

確定申告ソフト freee

開業届を提出したら確定申告に向けた日々の経理作業が始まります。確定申告ソフト freeeなら、面倒な経理、確定申告を圧倒的に簡単・ラクにできます。スマホを活用して領収書の管理も可能です。スマホだけで確定申告を完了した方も!50万人の個人事業主が利用する会計ソフトを試してみませんか?

バックオフィス基礎知識