開業の基礎知識

独立と資金の関係について

開業資金と融資

独立をするためにはある程度の資金が必要です。しかし、どれぐらいの資金が必要か、どのようにして資金を集めたらいいかなど、わからない点もたくさんあるでしょう。独立に必要な資金の額や貯め方、集め方がわからないと、独立までの計画を立てることもできません。ここでは独立のために必要な資金について見ていきましょう。

目次

自己資金とは

独立するときに必要なのが自己資金です。自己資金とは、簡単にいうと自分が持っているお金のことです。ただし、他から借りて返済しなければならない借入金は除きます。本当の意味で自由に使える自分のお金のことです。その自己資金からパソコンなどの備品を購入したり、事務所や店を契約するための権利金などを支払ったりすることになります。独立をするためには、自己資金を貯める必要があります。

独立にはどれぐらいのお金がかかる?

では、独立にはどれぐらいのお金がかかるのでしょうか。これは、独立する形態が個人事業主なのか法人なのか、また、どのような業種なのかなどによって異なります。例えば、法人の場合は法人の設立登記などをする必要があります。法人の設立登記などには少なくとも30万円以上のお金がかかります。個人事業主の場合は設立登記がないので、そのお金は必要ありません。
業種ごとに見ると、例えば小売業なら販売する商品を仕入れなければなりませんし、店舗を借りる場合は保証金などのお金が必要です。一方、ライターなどのフリーランスの場合は、パソコンなどの必要最低限のものをそろえるだけでも良いですし、自宅で仕事をすれば賃貸にかかるもろもろのお金はいりません。 また、独立後すぐに安定した収入が入るとは限りません。そのため半年ぐらいの生活費も用意しておいた方が良いでしょう。独立するために必要なお金の目安は、開業にかかるもろもろの経費プラス半年程度の生活費と思ってください。

自己資金はどのように貯めるか?

独立のためには、独立にかかる諸経費プラス半年程度の生活費が必要です。では、その資金はどのように貯めればよいのでしょうか。その貯め方を見ていきましょう。

①給料の中から貯める

最もスタンダードなのは給料の中から貯めることです。まずは1か月の給料と生活するためにかかる費用を把握し、差し引きして貯金できる額を算出しましょう。できれば計画表などを作成し、その通りに貯めることができるか確認しましょう。できなければどこに原因があるのかを探求し、改善策を考えます。このことは独立前後に事業計画や資金繰りを考え、計画を遂行する練習になります。経営者の目を養う機会はそうそうありませんので、ぜひ行いましょう。

②副業をする

毎月の給料からのみ、諸経費プラス半年程度の生活費を貯めるというのは通常難しいです。ボーナスなどを利用して、貯金をすることになりますが、別の収入源、つまり副業を確保するのも一つの手です。

副業といってもいろいろあります。例えば会社の勤務時間後や、土日などの休みにアルバイトするのも副業です。しかしあまりおすすめはできません。残業や土日出勤が発生すれば、決まった時間にアルバイト先にいけないこともあります。そもそも会社によっては副業を禁止しているところも多いでしょう。アルバイトは給与所得になるため、住民税の金額などから副業が分かってしまう可能性もゼロではありません。副業を始めるなら給与所得以外のものが良いでしょう。

少し専門的な話になりますが、確定申告時に給料の住民税の納付書は勤務先の会社に、それ以外の所得の住民税の納付書を自宅に届くように申請できるので、副業が勤務先の会社にばれることは基本ありません。給与所得以外の所得というと事業所得や雑所得、不動産所得などですが、元手がかかるものはマイナスになる可能性があるので気をつけましょう。クラウドソーシングなど、ネットを活用してパソコンひとつでできるものが良いでしょう。執筆をしたり、テープ起こしをしたり、資料をエクセルでまとめたりという仕事であれば、マイナスになることはないので、確実に自己資金を貯めることができます。また、独立したあとも空いた時間で続けることができます。収入が安定するまでは大きな助けになることもあります。

創業融資と自己資金

法人設立や個人事業でも店舗運営を考えている場合、自己資金だけで独立に必要な資金を用意するのは現実的には困難です。そのときは金融機関の創業融資などの借り入れを考える必要があります。通常、金融機関からの融資は数年事業を行った実績がないと受けることができません。実績が信用になるからです。しかし、創業融資はこれから独立しようという人が受けられる融資です。では信用をどこで図るかというと、自己資金の金額で図ります。サラリーマン時代に少しずつ自己資金を貯めていたということが信頼になります。日本政策金融公庫の場合は、創業にかかる資金のうち10分の1以上の自己資金があれば、創業融資をうけることができます。ただし、注意すべき点がいくつかあります。

1つ目は少しずつ自己資金を貯めていたということが信頼になるということ。自己資金の金額の確認は通帳などで行います。親類などに借り入れをして、融資前にお金をいっぺんに通帳に入金しても自己資金とは認められません。創業融資を受けようと考えているときは、計画的に自己資金を貯めるようにしましょう。また、タンス預金で手元に現金を置いている場合や、株式などで持っている場合も自己資金としては認められません。

2つ目は事業で使うお金の10分の1以上の自己資金がいるということ。そこに生活費は含まれません。実際は生活費のことを考えないといけないのですが、事業の計画書を作る際には生活費を除くようにしなければなりません。

まとめ

今回は、独立と資金の関係についてみてきました。独立するためには、独立にかかるもろもろの経費プラス半年程度の生活費が必要です。創業融資をうけるためにも、ある程度の自己資金を貯める必要があります。独立する時期を明確にし、今回の記事を参考に計画的に自己資金を用意するようにしましょう。

freee開業なら、税務署に行かずに開業届をかんたんに作成

個人事業を始める際には「開業届」を、青色申告をする際にはさらに「青色申告承認申請書」を提出する必要があります。 記入項目はそれほど多くはありませんが、どうやって記入したらいいのかわからないという方も多いと思います。

そこでおすすめなのが「freee開業」です。ステップに沿って簡単な質問に答えていくだけで、必要な届出をすぐに完成することができます。

freee開業で作成可能な5つの届出

1. 個人事業の開業・廃業等届出書
開業届のことです。

2. 所得税の青色申告承認申請書
青色申告承認申請書は事業開始日から2ヶ月以内、もしくは1月1日から3月15日までに提出する必要があります。期限を過ぎた場合、青色申告できるのは翌年からになるため注意が必要です。

3. 給与支払事務所等の開設・移転・廃止届出書
家族や従業員に給与を支払うための申請書です。

4. 源泉所得税の納期の特例の承認に関する申請書
原則毎月支払う源泉所得税を年2回にまとめて納付するための手続です。毎月支払うのは手間ですので、ぜひ提出しましょう。

5. 青色事業専従者給与に関する届出・変更届出書
青色申告をする場合に、家族に支払う給与を経費にするための手続です。青色申告をして家族に給与を支払う場合は必ず提出しましょう。

freee開業の使い方を徹底解説

freee開業を使った開業届の書き方は、準備→作成→提出の3ステップに沿って必要事項を記入していくだけです。

image1

Step1:準備編

image2

準備編では事業の基本情報を入力します。迷いやすい職業欄も多彩な選択肢のなかから選ぶだけ。


image3

事業の開始年月日、想定月収、仕事をする場所を記入します。
想定月収を記入すると青色申告、白色申告のどちらが、いくらお得かも自動で計算されます。

Step2:作成編

次に、作成編です。


image6

申請者の情報を入力します。
名前、住所、電話番号、生年月日を記入しましょう。


image8

給与を支払う人がいる場合は、上記のように入力をします。
今回は準備編で「家族」を選択しましたので、妻を例に記入を行いました。


image9

さらに、見込み納税金額のシミュレーションも可能。
※なお、売上の3割を経費とした場合の見込み額を表示しています。経費額やその他の控除によって実際の納税額は変化します。

今回は、青色申告65万円控除が一番おすすめの結果となりました。

Step3:提出編

最後のステップでは、開業に必要な書類をすべてプリントアウトし、税務署に提出します。


image10

入力した住所をもとに、提出候補の地区がプルダウンで出てきます。地区を選ぶと、提出先の税務署が表示されますので、そちらに開業届けを提出しましょう。


image12

届け出に関する説明とそれぞれの控えを含め、11枚のPDFが出来上がりました。印刷し、必要箇所に押印とマイナンバー(個人番号)の記載をしましょう。

郵送で提出したい方のために、宛先も1ページ目に記載されています。切り取って封筒に貼りつければ完了です。

いかがでしょう。
事業をスタートする際や、青色申告にしたい場合、切り替えたい場合など、届出の作成は意外と煩雑なものです。

しかし、freee開業を活用すれば、無料ですぐに届け出の作成が完了。

また、確定申告書の作成もfreee会計を使えば、ステップに沿ってすぐに完了します。
freee開業freee会計を使って、効率良く届出を作成しましょう。

確定申告を簡単に終わらせる方法

確定申告には青色申告と白色申告の2種類があります。どちらを選択するにしても、期限までに書類を作成し納税をすることが重要です。

青色申告と白色申告の違いを知りたい!という方は、「青色申告と開業届の基礎知識!青色申告のメリットと白色申告との違い」をご参照ください。

書類の作成には、手書きのほか、国税庁の「確定申告等作成コーナー」や会計ソフトで作成する方法がありますが、「確定申告書の作成は難しいのでは?」と苦手意識をお持ちの方も多いでしょう。

そこでおすすめしたいのが、確定申告ソフト「freee会計」の活用です。

freee会計は、会計の知識がないから不安だという方でも、質問に沿って答えていくだけで簡単に書類を作成することができます。
以下に書類を完成させるまでのステップをご紹介します。

5stepで確定申告書が完成

ステップに沿って入力するだけで、簡単に確定申告が完了します。

1.銀行口座やクレジットカードを同期すれば自動入力!

1年分の経費の入力はとても面倒。freee会計なら、銀行口座やクレジットカードを同期することで自動入力にできます。日付や金額だけでなく、勘定科目を推測して自動入力してくれるので、作業時間と手間を大幅に省くことができます。

確定申告の金額や科目を自動入力

溜め込んだ経費も自動入力でカンタン!

2.簿記を知らなくても手軽に入力できる!

freee会計は現金での支払いも、いつ・どこで・何に使ったか、家計簿感覚で入力するだけなので、とても手軽です。自動的に複式簿記の形に変換してくれるので、簿記を覚えなくても迷わず入力することができます。

難しい簿記を学ぶ必要なし


有料のスタータープラン(年払いで月額980円)、スタンダードプラン(年払いで月額1,980円)はチャットで確定申告についての質問が可能です。さらに、オプションサービスに申し込むと電話で質問も可能になります。

価格・プランについて確認したい方はこちらをご覧ください。最大30日間無料でお試しいただけます。

3.質問に答えるだけで税金は自動計算

質問に答えるだけで税金の計算ができる

税金の計算も○×の質問に答えるだけ

保険やふるさと納税、住宅ローンなどを利用している場合は、税金が安くなります。それらの難しい税金の計算も、freee会計なら、質問に答えるだけで自動算出。確定申告のために、わざわざ税金の本を買って勉強をする必要はありません。

4.あとは確定申告書を税務署に提出するだけ

freee会計を使って確定申告書を自動作成したら、税務署へ郵送もしくは電子申告などで提出して、納税をすれば完了です。

マイナンバーカードとカードリーダの用意があれば、ご自宅からでもすぐに提出が完了するので、税務署に行く手間がかかりません!

【関連記事】
【2021年版】e-Taxでネットで確定申告:PC・スマホでのやり方とメリットまとめ

簡単に確定申告書が完成

あとは完成した確定申告書を提出して納税するだけ

freee会計を使うとどれくらいお得?

確定申告ソフトのfreee会計には、会計初心者の方からも「本当に簡単に終わった!」というたくさんの声をいただいています。

税理士さんなどに経理を依頼した場合、経理の月額費用は最低でも1万円ほど、確定申告書類の作成は最低でも5万円〜10万円ほどという場合がほとんどです。freee会計なら、月額980円〜でステップに沿って質問に答えるだけで、簡単に確定申告を完了することができます。

余裕を持って確定申告を迎えるためにも、ぜひ確定申告ソフトの活用をご検討ください。

【関連記事】
【初めての向けにオススメ】そもそも確定申告とは?スマホ申告の活用など

税務署に行かずに確定申告を終わらせるなら、電子申告(e-Tax)がおすすめです。
freee電子申告開始ナビ(無料)について詳しくみる

freee開業で、税務署に行かずに開業届を作成

freee開業

freee開業なら、知識ゼロでもミスなく開業書類を作成できます。なのでわざわざ税務署に行く必要はありません。

しかも、メールアドレスを登録するだけで使える無料のサービスなので、面倒もありません。