開業の基礎知識

カフェ開業は楽じゃない!?オープン前に知っておきたい経営スタイルと戦略

コーヒーの香りに包まれて、おしゃれなインテリアに囲まれカフェ経営。
こんなスタイルに憧れを持つ方も多いですが、カフェを開業するのは想像以上にたいへんです。
コンセプトの確立や競合との差別化、メニュー開発などはもちろんですが、そのまえの段階の開業までの戦略を考えていますか?

今回は、カフェを開業したいと考えている方に向けて、開業前に考えておきたい戦略についてご紹介していきます。

 cafe-strategy_1.jpg

目次

あなたはどっち?カフェオーナーのタイプ

カフェを開業したいと思っている方は大きく2つのタイプに分けることができ、それぞれデメリットを抱えています。

想い重視型

「自分の淹れたコーヒーを多くの人に味わってもらいたい」
「地域の人たちの憩いの場を作りたい」

こういった想いを持ちカフェ開業を目指す方は、「想い重視型」です。
中には、「少しくらい採算が合わなくても自分のお店を実現したい!」という気持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか?

しかし、想いが先走ってしまい、採算が合わない経営を続けることはおすすめできません。

カフェ開業には経営知識も必要ですし、物件の選定も来客数に大きな影響を及ぼします。

物件重視型

「手持ちの不動産で空きが出てしまった。カフェなんてどうだろう?」
「子供が独立して部屋が余っている。そうだ!カフェを開いてみようかしら」

このように、カフェ自体にこだわりはないけれど、物件をうまく活用する手段としてカフェ開業を考えている方が「物件重視型」です。

しかし、想いがないことがつまずく1つの要因になりかねません。
なぜなら、物件を活用する手段としてカフェを選んだ場合、当然そこに多くの利益を望むはずですが、カフェ経営で大儲けをしようというのは難しい話だからです。

カフェはほかの飲食店に比べ、客単価が低く回転率も良くありません。また、想いがないと、多少の利益は出ても人の管理の手間や休みが取れないといった理由から、やる気が続かなくなってしまうこともあります。

カフェオーナーのタイプ別の戦略とは?

前述のとおり、想い重視型と物件重視型のカフェオーナーは、それぞれデメリットを抱えています。
しかし、双方はきちんと戦略を練れば、どちらもデメリットを解消することができるのです。

共同経営(想い重視型・物件重視型)

例えば、想い重視型の方は物件重視型の方と共同経営をすれば、家賃の負担がなくなります。
逆に、物件重視型の方は場所を提供するだけで、カフェの実務を想い重視型の方に任せることができるのです。

もちろん、そんなに都合良く意見の一致する相手がいるとは限りませんし、費用や収益の分配についても考えなくてはなりません。
しかし、初期投資を抑え、互いのデメリットを補うという観点から見ると、決して悪くはない条件です。

今はインターネットなどを駆使すれば手軽に情報を集めることができますので、意外と共同経営者を探すのも難しくない話かもしれません。

期間限定出店(想い重視型・物件重視型)

カフェ経営はしたいけど、うまくいくか不安だという方は、まずは期間限定出店で様子を見るという方法もあります。
期間限定でしたら低コストで始められますし、たとえうまくいかなかったとしてもリスクは少なく、そこから学ぶこともたくさんあります。

例えば、想い重視型の方は自身の考えたメニューやコンセプトが世間に通用するものなのか調べることができますし、物件重視型の方は、カフェ経営が果たして自身に合っているのかを判断するチャンスにもなります。
最短1日からレンタルできるスペースもありますので、「まずはお試しで!」という方におすすめです。

穴場物件(想い重視型)

集客を望み、家賃の高い人気物件を借りようと考えている方は、一度よく考えてみましょう。
融資を受けられたとしても、必ずしも経営がうまくいくとは限りません。
確かに費用をかければそれだけ思いどおりのお店を作ることができますが、その分、返済額は増えるということを忘れないでください。
なるべく家賃を抑えたいと悩んでいるのであれば、以下のような穴場物件を探してみるのもひとつの手です。

  • <穴場物件の例>
  • ・遊休施設(※)
  • ・空きスペースのある商業施設
  • ・空き家になっている古民家

これらの物件は比較的低コストで借りることができるため、初期投資を抑えることが可能です。
インターネットで「カフェ 運営者 募集」といったキーワードで調べると、出店者を公募しているサイトもたくさん出てきます。
自分の理想とぴったりの物件を見つけるのはなかなか難しいですが、まずは低コストでカフェ経営を成功させ、自信を持ってから次の店舗を持つというのもいい考えです。

※使用されていない施設のこと。廃校になった小学校などがカフェに生まれ変わった例もあります。

物件提供(物件重視型)

自身でカフェを経営するのではなく、カフェを経営したいと思っている方に場所を提供するのはいかがでしょうか?
人を雇うリスクを考え、付け焼刃の知識でカフェを経営しようとする方もいるかもしれませんが、長続きさせるのはたいへんです。なぜなら、カフェを開業する人の中には、数百万円単位の借金をし、熱い想いを必死に実現させようとする人もいるからです。

そんな人たちと対等に戦っていく覚悟はありますか?
物件提供だけでしたらカフェ運営者募集のサイトもありますし、SNSを活用して告知をすれば、低コストで多くの方に知ってもらうことも可能です。
物件の魅力をうまくアピールできれば、応募にも反響を得ることができるはずです。

夢のカフェを 現実の「事業」とするために

自分はどのようなタイプのカフェ経営者を目指すべきかを考えた上で、「やはりカフェを出店しよう」と思ったら、具体的な出店準備を始めましょう。ここでは、カフェ開業にあたって必要となる手続きや、事業運営に必要なことをご紹介します。

開業届出書(法人設立届出書)の提出

カフェを経営しようとする以上、収入から経費を差し引いた所得から、一部を納税しなければなりません。そこで、「個人事業の開業届出書」を最寄りの税務署に提出し、次の年度から所得税などの納税対象になることを知らせます。

 cafe-strategy_2.png


引用元:国税庁

また、株式会社などの法人を設立すると、個人事業よりも節税できる場合があります。法人を設立するときには「法人設立届出書」を税務署に提出し、次年度から法人税などを納税することを宣言します。

 cafe-strategy_3.png


引用元:国税庁

また、法務局へ出向いて、法人設立の商業登記を行う必要があります。登記申請書など、必要書類の作成は難しいので、司法書士に作成や申請を代行してもらってもいいでしょう。

個人・法人いずれの事業としても、確定申告は必須です。帳簿が簡易な「白色申告」もありますが、いくつかの条件を満たすことで65万円の控除を受けられる「青色申告」がおすすめです。最近は便利なソフトやアプリによって、青色申告で求められる複式簿記やたいへんな計算をパソコンで簡単にできるようになっていますので、負担は大きくないはずです。
必要経費は、カフェの開業後にしか計上できないものではありません。カフェの開業準備のために使った費用も経費にできますので、領収書は忘れずに保管しておくようにします。開店後は、カフェの売上が記録されたデータも保管しておきましょう。
そのほか、食品衛生責任者(調理師免許)や防火管理者の講習を受けて資格を取得したり、保健所に営業許可申請を提出して衛生的に問題がないかチェックを受けたりして、必要な手続きを踏んでおきます。

開業資金の調達

やり方にもよりますが、開業のために必要な資金は、開店直後の運転資金も含めて数百万円から1,000万円以上は用意しておく必要があります。ただし、居抜き物件を転用したり、外装やインテリアを手作りしたりすれば、大幅に開業費用が抑えられることも考慮に入れ、必要資金を計算しましょう。

資金調達の方法ですが、まだ実績のない事業の開業資金は、日本政策金融公庫に代表される公的金融機関に融資を申し込むといいでしょう。ただし、実際に融資を受けるためには「事業計画書」などの必要書類の作成が必要となり、その内容次第では融資を断られることもあります。現実的な事業計画を立て、「成功する見込みのある事業であること」を示しましょう。
日本政策金融公庫からの融資以外にも、地元の自治体(都道府県・市町村)や、金融NPOによる融資制度もあります。一定の要件を満たすことで、返済不要の補助金や助成金がもらえる自治体もありますので、開業する地域の制度はよく調べてみましょう。

自分好みのきれいでおしゃれなカフェを作ろうと思えば、どうしても費用がかさみますが、最近ではインターネットを活用して、不特定多数の個人から資金を集めるクラウドファンディングなども盛んです。独自の特徴があり、口コミが広がるようなコンセプトのカフェを開業するのであれば、クラウドファンディングによって、開業前から応援してくれる「ファン」を集めることもできます。

集客・PR

立地によって商圏がある程度限定されるカフェは、地方紙やフリーペーパーなどに広告を出したり、ビラを配ったりするなど、特定の地域を狙った集客がスタンダードな方法です。チラシやショップカードを作って近隣の店舗に置いてもらうのも有効でしょう。
また、SNS運用も集客には効果的です。開店準備の段階からSNSアカウントをこまめに更新し、ターゲットになりそうな人と交流しましょう。SNSを起点に口コミが広がれば、一気に人気店になる可能性もあります。
また、Facebook広告などは、特定の年齢層や住所、趣味、嗜好の人をピンポイントに狙って、効果的に広告を出すことができます。1日数百円からでも出稿できますので、試してみてもいいでしょう。
ユニークなコンセプトやビジュアル的な特徴があるカフェであれば、プレスリリースを出すことによって、テレビや雑誌、ネットメディアなどが取材に来て取り上げてくれるかもしれません。メディア向けの資料はしっかりと作り込み、取材対応も丁寧に行いましょう。

手間のかかる作業をスムーズに

物件探し、資金繰り、コンセプトの決定など、カフェ開業のためには入念な下準備が必要ですが、もちろん事務作業も大切です。まず、カフェは当然飲食を扱いますので、保健所に食品営業許可申請書等を提出し食品衛生法に基づく許可を得なくてはなりません。
そして、開業の目処がたったら、税務署に開業届を出さなくてはならないのです。

カフェに関する勉強はしたけれど、税務署という言葉が出ただけで拒否反応を示してしまう方もいるのではないでしょうか?
そこでおすすめしたいのが「開業freee 」です。

開業freeeを使用すれば、画面の内容に沿って簡単な質問に答えていくだけで、以下の書類を自動作成することができます。

  • <開業freeeで作成できる書類例>
  • ・個人事業の開業・廃業等届出書(開業届け)
  • ・所得税の青色申告承認申請書(青色申告を行う場合)
  • ・青色事業専従者給与に関する届出書(家族に給与を支払うか、家族への給与を経費にする場合)
  • ・給与支払事務所等の開設届出書(給与を支払う場合)
  • ・源泉所得税の納期の特例の承認に関する申請書(給与を支払う場合)

ステップに沿って必要事項を記入!

開業freeeのステップは、準備・作成・提出の3ステップ。
何を書いたらいいか迷いがちな項目(例えば、職業・仕事の種類)も、多彩なプルダウンメニューから選ぶだけです。
また、ご自身の事業にぴったりな確定申告の種類をシミュレーションし、選ぶこともできます。

「書類を確認する」ボタンを押すと、あなたに必要な書類が、控えも含めて自動でPDFに出力されます。
その際、1ページ目には提出先の税務署への宛名も記載されていますので、切り取って封筒に貼りつければすぐに郵送することができます。

まとめ

カフェ開業に至るまでの道のりはとてもたいへんなものです。しかし、その分ご自身の理想のカフェをオープンすることができれば、喜びもひとしおです。
物件選定や資金調達、集客などは、今後の経営を左右する重要な問題ですので、本記事がご参考になれば幸いです。

開業 freee

個人事業の開業に必要な書類を無料で、自動作成することができます。開業時の忙しい時期の作業を大幅に軽減。青色申告をしたい方は開業届の提出が必須です。そのほかに必要な書類も、ステップに沿って入力するだけで簡単に作成可能!

確定申告ソフト freee

開業届を提出したら確定申告に向けた日々の経理作業が始まります。確定申告ソフト freeeなら、面倒な経理、確定申告を圧倒的に簡単・ラクにできます。スマホを活用して領収書の管理も可能です。スマホだけで確定申告を完了した方も!50万人の個人事業主が利用する会計ソフトを試してみませんか?

バックオフィス基礎知識