開業の基礎知識

介護タクシー開業のための基礎知識

最終更新日:2021/08/04

介護タクシー開業のための基礎知識

介護が必要な高齢者や障害のある方の移動には、介護タクシーが大活躍します。高齢化が進む中で、そのニーズはますます高まっています。

介護タクシーの開業は、普通自動車二種免許を持っていれば介護の経験がなくても大丈夫です。満たさなければならない条件はありますが、比較的開業しやすい分野といえます。「困っている人のを助けたい」という思いから始める人も多く、社会貢献しているという実感が持てる事業として人気があります。

今回は、そんな介護タクシーのの基礎知識をご紹介します。

目次

介護タクシーとは?

介護タクシーとは、自力(一人)での移動が困難な高齢者や障害者の方を支援するためのサービスで、一般乗用旅客自動車運送事業(ハイヤー・タクシー事業)に分類されます。

主に車椅子やストレッチャーに対応した車両を使用し、運転手が移動だけでなく利用者の介助も行うのが大きな特徴です。

介護タクシー事業の運営に国家資格は必要ありませんが、国土交通省の各運輸局の事業許可を取得する必要があります。

介護タクシー開業に必要な免許と資格

介護タクシーを開業するためには、まず普通自動車二種免許が必要です。

上述のとおり、一般的なタクシーとは異なり、乗り降りの際にさまざまな介助が必要になる場合があるため、必須条件ではありませんが、介護職員初任者研修(旧ホームヘルパー2級以上)を取得しておくと良いでしょう。

介護保険の適用となる「介護保険タクシー」として働きたい場合は、介護職員初任者研修の取得が必要です。

介護タクシーに初任者研修を取得しておくと良い理由

介護タクシーを利用する人は、介護タクシーのことを「介護サービスが含まれているタクシー」と認識している人も多く、歩行が困難な方でも乗り降りができることが大きな要因となっています。

そのため、介護タクシー利用者の乗り降りを手助けしたり、さまざまな介助ニーズに応え、信頼や安心を得るために、介護職員初任者研修(旧ホームヘルパー2級)を取得しておくことをおすすめします。

介護タクシーと介護保険タクシーの違い

介護タクシーとは、介護認定を受けた方や障害者の方の送迎サービスを行うタクシーのことです。

利用者への介助は行わず、介護保険の対象外となります。そのため、介護職員初任者研修の資格は必要ありません。このようなタクシーは「福祉タクシー」とも呼ばれています。

対して介護保険タクシーとは、利用者への介助を行うことができます。そのため、介護職員初任者研修の資格が必須条件となっています。また、サービス料金に介護保険が適用されます。

介護タクシー開業までの流れ

では、実際に介護タクシーを開業するまでの流れを見ていきましょう。

<一般乗用旅客自動車運送事業(福祉輸送事業限定)経営許可申請の流れ>

1. 許可要件の確認

介護タクシー事業を開業するためには、国土交通省の各運輸局の事業許可を取得する必要があります。そして、許可を得るためには、「人的要件」「設備要件」「資本的要件」のすべてを満たさなければなりません。

審査要件である「人的要件」「設備要件」「資金的要件」を確認し、運輸支局へ許可申請を行いましょう。

介護タクシーを開業するために必要な要件

人的要件

  • 普通2種免許を保有しているドライバーがいること
  • 運行管理者がいること(整備管理者と運転者の兼任が可能)
  • 整備管理者がいること(運行管理者と運転者の兼任が可能)

設備要件
  1. 土地、建物の使用権限が3年以上ある営業所。事務所および、休憩・仮眠室があること。
  2. 自動車の車庫が原則として営業所に併設されていること。車両の長さ、幅+1m以上のスペースがある車庫であること。点検、整備及び清掃のための水道等の清掃施設があること。使用権限が3年以上あること。
  3. 1両以上の車両を有すること。リフト、スロープ、寝台等がある福祉車両であること。運賃をメーター制にする場合は、タクシーメーターを設置していること。

資金要件
所要資金の合計額の50%以上、かつ、事業開始当初に要する資金の100%以上の自己資金を、申請日以降、常に確保していること。

2. 運輸支局へ許可申請書を提出

営業所所在地を管轄する、運輸支局輸送担当の方に申請書類一式を提出します。申請書はA4版縦、横書き、左とじにして、本通1部控え2部の合計3部作成します。書類の不備や添付書類の不足が見受けられる場合は補正指示があります。

参考:
・国土交通省 中部運輸局「介護タクシー事業の経営許可までの流れ
・国土交通省 中部運輸局「一般乗用旅客自動車運送事業(福祉輸送事業限定)経営許可申請書作成の手引き
・国土交通省 中部運輸局「一般乗用旅客自動車運送事業申請書様式

3. 法令試験および事情聴取の実施

申請者は、申請書が受理された後に法令試験と事情聴取を受けます。

法令試験は、道路運送法等に関するものです。試験は○×方式、語群選択方式及び簡単な筆記回答方式で30問出題され、24問以上正解しなければ合格できません。

<一般乗用旅客自動車運送事業(1人1車制個人タクシーを除く。)の申請等に係る法令試験の実施要領について>

試験対象者
申請者本人(申請者が法人である場合は、許可後当該一般乗用旅客自動車運送事業に専従する役員)とする。なお、試験当日の開始前に、当該申請に係る受験者が申請者本人であることを運転免許証等の提示により確認する。

出題範囲

  1. 道路運送法
  2. 道路運送法施行令
  3. 道路運送法施行規則
  4. 旅客自動車運送事業運輸規則
  5. 旅客自動車運送事業等報告規則
  6. 自動車事故報告規則
  7. その他一般旅客自動車運送事業の遂行に必要な法令等

設問方式
○×方式、語群選択方式及び簡単な筆記回答方式とする。

出題数
30問

試験時間
45分

合格基準
正解率80%以上(24問以上の正解)を合格とする。

試験の結果
試験終了後に合否を発表する。ただし、次項(再試験)に定める再試験の場合は後日発表する。

再試験
初回の試験において合格基準に達しなかった場合は、後日再試験を実施する。

その他
受験の際には、法令集等の持ち込みを認めることとする。

法令試験は月に1回しか行われないので、注意が必要です。毎月1日〜15日の間に申請のあったものは翌月中旬に、16日〜末日の間に申請のあったものは翌月下旬に実施されます。

参考:国土交通省 中部運輸局「一般乗用旅客自動車運送事業(1人1車制個人タクシーを除く。)の申請等に係る法令試験の実施要領について

4. 審査基準に基づく審査

審査は公示基準に基づいて行われます。従って、基準に適合しない場合は却下の対象になります。

参考:国土交通省「福祉輸送サービスを行うことを条件とした一般乗用旅客自動車運送事業の申請に関する審査基準について【平成16年3月31日中運輸公示第168号】(PDF)

5.許可処分

許可証が交付されるまでの期間は、約2ヵ月程度とさ定められていますが、申請書類に不備があった場合はそれ以上のさらに時間が必要になることな場合もあります。

6. 許可証の交付

許可書は、申請書を提出した運輸支局で交付されます。介護タクシー事業を開業するまでには、他にも様々な手続きが必要です。そのため、許可証が交付されてすぐに事業を開始することはできません。

手続きの詳細については、許可証交付後に管轄の運輸支局で説明されます。

7. 登録免許税の納付、提出

許可書の交付後、登録免許税(3万円)を指定された期限までに納付します。納付後、領収書本通を所定の届出様式に添付して中部運輸局へ提出する必要があります。

8. 運賃・約款の認可申請、処分

9. 介護タクシーに使う車両の検査・登録

車両の検査を受けて登録し、緑ナンバーに変更します。
※車両の所有者名義は、使用者ではなく事業者でなくてはいけない。

10. 管轄運輸支局へ運輸開始届の提出

介護タクシー事業を開始したら、管轄運輸支局に運輸開始届を提出します。届出が受理されて、介護タクシー開業までのすべての手続が完了したことになります。

参考・引用元:国土交通省 中部運輸局「介護タクシーをはじめるには

介護タクシー開業に必要な諸経費

介護タクシー開業に必要な費用項目を確認してみましょう。

項目 参考費用
車両代 200万円
(車種や中古・新車かにより異なります)
タクシーメーター
(設置費用含む)
12万円〜15万円
車椅子などの備品購入 3万円〜5万円
運輸局登録免許税 3万円
残高証明 事業計画の50%以上の資金
車庫の料金(12ヶ月) 24万円
営業所の賃料(12ヶ月) 60万円
運転資金(3ヶ月分) 150万円
(給与、燃料、消耗品等)
広告宣伝費(12ヶ月) 5%〜10%
介護職員初任者研修(任意) 3万円〜15万円
任意保険料 10万円
(保険会社にて異なります)

介護タクシー開業に使える補助金・助成金制度

介護タクシーを開業するには多くの資金が必要となります。運転資金はしっかりと確保しておきたいものです。資金調達の方法としては、自己資金や融資の他にも、助成金や補助金などがあります。ここでは介護タクシー開業に使える補助金や助成金を紹介していきます。

福祉タクシー車両導入促進事業費補助金

神奈川県、千葉県などで実施されている高齢者や障害者の交通手段の確保・充実を図り、公共交通機関としての福祉タクシーの導入を促進するため、福祉タクシーを導入する一般乗用旅客自動車運送事業者等の車両購入に必要な費用の一部を助成する制度です。

都道府県によって適用範囲は異なりますが、神奈川県の福祉タクシー導入促進事業費補助金を例に挙げてみます。

1.補助対象者

  1. 県内に営業所を有するタクシー事業者
  2. 県内市町村を運送の区域としている福祉有償運送事業者
  3. 上記の者に車両を貸与するリース事業者

2.補助対象車両
ユニバーサルデザインタクシーを含む車いす車(スロープ付、リフト付)、寝台車、兼用車で、以下の要件を満たす車両
  1. 県内に使用の本拠を置く車両
  2. この補助金の交付を過去に受けたことがない車両
  3. タクシー事業者及びタクシー事業者に車両を貸与するリース事業者にあっては、国土交通省の福祉タクシー車両に対する補助金の交付決定を受けた車両

3.補助金額

新規購入車両 改造車両
タクシー事業者
(リース事業者)
1台あたり15万円 1台あたり6万3千円
福祉有償運送事業者
(リース事業者)
1台あたり30万円 1台あたり12万5千円

参考・引用元:神奈川県ウェブサイト「福祉タクシー車両導入促進事業費補助金

小規模事業者持続化補助金

小規模事業者等が、地域の商工会議所や商工会議所の助言を受けて経営計画書を作成し、計画に沿った販路開拓を行う場合にかかる費用の3分の2(上限50万円)を補助する制度です。

対象 卸売業・小売業・サービス業・製造業などの小規模事業者
補助率・補助額 上限50万円以内で、補助対象となる経費の3分の2以内(複数の事業者が連携して取り組む共同事業の場合は100~500万円)
申込み方法 郵送による申請

※事前に最寄りの商工会議所で「事業支援計画書」を作成・交付してもらう必要があります。

参考・引用元:日本商工会議所「小規模事業者持続化補助金実施年度メニュー

キャリアアップ助成金

キャリアアップ助成金は、非正規雇用の労働者の社内でのキャリアアップを促進する取組を実施した場合に利用することができる助成するものです。

対象 6ヵ月以上雇用実績のある契約社員、パート社員を正社員に登用し、さらに6ヵ月継続雇用した場合
支給金額 該当者1人につき60万円
申込み方法 キャリアアップ計画を作成し、労働局またはハローワークに提出

参考・引用元:厚生労働省「キャリアアップ助成金

この他にも国土交通省の地域公共交通確保維持改善事業によるタクシー関係の補助金も、車両、設備のバリアフリー化(福祉車両の導入を含む)を進めるため必要な費用の一部を補助するものがあります。

まとめ

いかがでしたでしょうか。介護タクシー開業の基礎知識について解説してきました。介護タクシーは、要介護者の病院への送迎手段を提供するタクシーで、公的介護支援事業として国の支援を受けることができます。

管轄の運輸局への申請、運賃の認可、法定試験、運送開始の届出など、多くの要件や試験、書類の準備が必要となるため、開業までには3~4ヶ月の準備期間が必要となります。介護タクシー開業が成功するためにもしっかりと準備をしておくことをおすすめします。

また、介護タクシー開業にはそれなりの資金が必要になります。

開業後もやることが多く、出費も多くなるので、できるだけ時間とお金を節約したいところ。そこでおすすめしたいのが、freee開業です。

freee開業を使えば、簡単な質問に答えるだけで税務署に提出しなくてはいけない「開業届」を簡単に、しかも無料で作成することができます

さらに、開業届の作成と合わせて、「青色申告承認申請書」も作成することができます。確定申告には青色と白色の2種類があり、青色申告は難しい…という印象を持たれがちですが、実は法改正を経て労力はほぼ変わらなくなりました。会計ソフトのfreeeを使うことで、確定申告書類もステップに沿って質問に答えれば、簡単に作成できます。青色申告を選択することで大きな節税効果がありますので、ぜひ活用したいところです。

効率化と節税のポイント

必要な届出や日々の経理・確定申告に割く時間をできるだけ短く済ませるにあたっては、freee開業を活用し、3ステップに沿って必要事項を記入していくだけで、最短5分で必要書類が完成します。それでは、具体的に見ていきましょう。

経理・確定申告最短5分で書類完成


開業freee登録の職業欄


想定月給を入力することで想定年収が自動で計算され、青色申告による節税効果がどれくらいになるかもシュミレーションできます。

想定月給入力で青色申告の節税効果が分かる


想定月給を入力すると、自動で想定年収が計算され、青色申告によってどれだけ節税効果があるかもシュミレーションできます。

確定申告の種類を選ぶ


出力される書類を確認したら、「書類を確認する」ボタンを押します。

確定申告の書類を確認


郵送先も印刷されますので、封筒に貼ってポストに投函するだけで完了です。

freee開業 出力された書類の内訳

郵送先も印刷されますので、封筒に貼ってポストに投函するだけで完了します。

いかがでしょうか? 開業のためには色々とやらなければならないことがあります。
少しでも時間と費用を節約するために、freee開業freee会計をぜひご活用ください。

確定申告を簡単に終わらせる方法

確定申告には青色申告と白色申告の2種類があります。どちらを選択するにしても、期限までに書類を作成し納税をすることが重要です。

青色申告と白色申告の違いを知りたい!という方は、「青色申告と開業届の基礎知識!青色申告のメリットと白色申告との違い」をご参照ください。

書類の作成には、手書きのほか、国税庁の「確定申告等作成コーナー」や会計ソフトで作成する方法がありますが、「確定申告書の作成は難しいのでは?」と苦手意識をお持ちの方も多いでしょう。

そこでおすすめしたいのが、確定申告ソフト「freee会計」の活用です。

freee会計は、会計の知識がないから不安だという方でも、質問に沿って答えていくだけで簡単に書類を作成することができます。
以下に書類を完成させるまでのステップをご紹介します。

5stepで確定申告書が完成

ステップに沿って入力するだけで、簡単に確定申告が完了します。

1.銀行口座やクレジットカードを同期すれば自動入力!

1年分の経費の入力はとても面倒。freee会計なら、銀行口座やクレジットカードを同期することで自動入力にできます。日付や金額だけでなく、勘定科目を推測して自動入力してくれるので、作業時間と手間を大幅に省くことができます。

確定申告の金額や科目を自動入力

溜め込んだ経費も自動入力でカンタン!

2.簿記を知らなくても手軽に入力できる!

freee会計は現金での支払いも、いつ・どこで・何に使ったか、家計簿感覚で入力するだけなので、とても手軽です。自動的に複式簿記の形に変換してくれるので、簿記を覚えなくても迷わず入力することができます。

難しい簿記を学ぶ必要なし


有料のスタータープラン(年払いで月額980円)、スタンダードプラン(年払いで月額1,980円)はチャットで確定申告についての質問が可能です。さらに、オプションサービスに申し込むと電話で質問も可能になります。

価格・プランについて確認したい方はこちらをご覧ください。最大30日間無料でお試しいただけます。

3.質問に答えるだけで税金は自動計算

質問に答えるだけで税金の計算ができる

税金の計算も○×の質問に答えるだけ

保険やふるさと納税、住宅ローンなどを利用している場合は、税金が安くなります。それらの難しい税金の計算も、freee会計なら、質問に答えるだけで自動算出。確定申告のために、わざわざ税金の本を買って勉強をする必要はありません。

4.あとは確定申告書を税務署に提出するだけ

freee会計を使って確定申告書を自動作成したら、税務署へ郵送もしくは電子申告などで提出して、納税をすれば完了です。

マイナンバーカードとカードリーダの用意があれば、ご自宅からでもすぐに提出が完了するので、税務署に行く手間がかかりません!

【関連記事】
【2021年版】e-Taxでネットで確定申告:PC・スマホでのやり方とメリットまとめ

簡単に確定申告書が完成

あとは完成した確定申告書を提出して納税するだけ

freee会計を使うとどれくらいお得?

確定申告ソフトのfreee会計には、会計初心者の方からも「本当に簡単に終わった!」というたくさんの声をいただいています。

税理士さんなどに経理を依頼した場合、経理の月額費用は最低でも1万円ほど、確定申告書類の作成は最低でも5万円〜10万円ほどという場合がほとんどです。freee会計なら、月額980円〜でステップに沿って質問に答えるだけで、簡単に確定申告を完了することができます。

余裕を持って確定申告を迎えるためにも、ぜひ確定申告ソフトの活用をご検討ください。

【関連記事】
【初めての向けにオススメ】そもそも確定申告とは?スマホ申告の活用など

税務署に行かずに確定申告を終わらせるなら、電子申告(e-Tax)がおすすめです。
freee電子申告開始ナビ(無料)について詳しくみる

freee開業で、税務署に行かずに開業届を作成

freee開業

freee開業なら、知識ゼロでもミスなく開業書類を作成できます。なのでわざわざ税務署に行く必要はありません。

しかも、メールアドレスを登録するだけで使える無料のサービスなので、面倒もありません。