開業の基礎知識

個人事業主が知っておきたいマイナンバーの基礎知識

マイナンバー制度が導入されたことで、個人事業主にも大きな影響がありました。確定申告書類への記入だけではなく、給与を支払う立場の方はその管理についても知識を持っておく必要があります。

今回の記事では、個人事業主の方が知っておきたい、マイナンバーの基礎知識についてご紹介していきます。

個人事業主が知っておきたいマイナンバーの基礎知識

目次

開業freeeバナー

マイナンバー(個人番号)とは

マイナンバー(個人番号)とは、国民一人一人に割り当てられた番号のことです。
2015年10月から国民に付与され、2016年1月からマイナンバー制度が始まりました。

マイナンバー制度は、主に社会保障・税・災害対策分野の行政手続きを対象にしており、行政においては提出書類等の簡素化に繋がります。
また、社会保障・災害対策面では、支援を必要とする人を迅速・適切に見つけ出し、支援申請をより簡易に行うことができるでしょう。

個人事業主にとって特に関わりが深いのは、確定申告や納税に関してです。2015年度までは確定申告書類にマイナンバーを記載する必要はありませんでしたが、2016年度分の確定申告以降、記入が義務付けられています。
また、従業員を雇用している場合も、従業員やその家族のマイナンバーを収集し、管理する必要があります。

マイナンバーと個人事業主の確定申告

個人事業主に関わりが深い書類に、確定申告書開業届があります。
新たに個人事業を開業する場合は、開業届を税務署に提出しましょう。また、確定申告を青色で行いたい場合、青色申告承認申請書も併せて提出する必要があります。
(開業届と青色申告承認申請書を無料で簡単に作りたい場合はこちら

さらに、個人事業主が請け負う仕事の種類にもマイナンバーは関わりがあります。

マイナンバーと源泉徴収

フリーのライターや通訳、デザイナーとして働いている場合、実際の報酬からいくらか差し引かれた金額が振り込まれます。これを源泉徴収と言います。

源泉徴収とは、確定申告期に納税するのではなく予め報酬から税金分が差し引かれる制度です。多めに徴収されているため、確定申告をすることで還付されます。

源泉徴収が必要な報酬・料金等の範囲(個人事業主の場合)
  • 原稿料や講演料など
  • 弁護士、公認会計士、司法書士等の特定の資格を持つ人などに支払う報酬・料金
  • 社会保険診療報酬支払基金が支払う診療報酬
  • プロ野球・プロサッカー・プロテニス選手、モデルや外交員などに支払う報酬・料金
  • 芸能人や芸能プロダクションを営む個人に支払う報酬・料金
  • バンケットホステス・コンパニオンやバー、ホステスなどに支払う報酬・料金
  • プロ野球選手の契約金など、役務の提供を約することにより一時に支払う契約金
  • 広告宣伝のための賞金や馬主に支払う競馬の賞金
参照:国税庁『No.2792 源泉徴収が必要な報酬・料金等とは

上記の仕事のいずれかに当てはまる場合、取引先からマイナンバーを確認されます。

その際、本人確認も行われますがマイナンバーカードがあれば番号と合わせて身元確認も行えます。通知カードなど番号確認しかできない場合は、免許証やパスポートなどの身分証明書も提出しましょう。

マイナンバーと個人事業主の仕事(発注側)

個人事業主として活動している場合、時には発注を行う場合もあるでしょう。下記の場合は、源泉徴収義務者になるため注意が必要です。

  • パート・アルバイトや青色専従者などの従業員がいる場合
  • 源泉徴収が必要な発注をした場合

発注先の個人事業主にマイナンバーと身分証明の確認を行い、支払調書に記入をします。
なお、従業員がおらず一人で働いている個人事業主は「源泉徴収義務者」にはなりません。

個人事業主とマイナンバーの管理

パート・アルバイト、青色事業専従者などの従業員がいる個人事業主は、従業員のマイナンバーを取得・保管し、下記の手続きなどで使用する必要があります。

マイナンバーの利用分野・発生する業務
業務 記載書類 用いるマイナンバー
特定個人情報としての
マイナンバーの厳密な管理
すべてのマイナンバー
給与事務における
各種書類への記載
  • 源泉徴収票
  • 給与支払報告書
  • 扶養控除申告書
  • 社会保険関係の届出
    (健康保険被保険者資格取得届など)
従業員及びその家族のマイナンバー、
および支払者のマイナンバー
支払調書への記載 支払調書 取引先のマイナンバー、
及び支払者のマイナンバー

参照:『マイナンバー制度とマイナンバー管理freeeについて


マイナンバーは特定個人情報に該当するため、厳重な管理が必要です。もし、アナログでの取得や管理に不安がある場合、金融機関と同レベルのセキュリティ環境を整えている会計freeeがおすすめです。

法人版の会計freeeまたは人事労務freeeをご利用の方は、追加料金なしでマイナンバー管理freeeをご利用いただけます。
マイナンバー管理freeeは、クラウド上でマイナンバーの収集・保管・利用・破棄まで完結するサービスです。

個人事業主向けの会計freeeでも、電子申告機能をご利用になる方のみ、ご自身のマイナンバーの登録と確定申告書への反映機能をご利用いただけます。

さらに、会計freeeを活用することで、難しいと思われがちな青色申告も簡単に終わらせることができます。

確定申告を簡単に終わらせる方法

確定申告には青色申告と白色申告の2種類があり、期限までに書類を作成し納税をすることが重要です。
書類の作成には、手書きのほか、国税庁の「確定申告等作成コーナー」や会計ソフトで作成する方法がありますが、「確定申告書の作成は難しいのでは?」と苦手意識をお持ちの方も少なくありません。
そこでお勧めしたいのは、確定申告ソフトfreeeの活用です。


確定申告ソフトのfreeeは、会計の知識がないから不安だという方でも、質問に沿って答えていくだけで簡単に書類を作成することができます。
以下に書類を作るまでのステップをご紹介します。

ステップに沿って入力するだけ

ステップに沿って入力するだけで、簡単に確定申告が完了します。

1.銀行口座やクレジットカードは同期すれば自動入力!

面倒な1年分の経費の入力も、銀行口座やクレジットカードを同期すれば自動で入力できます。日付や金額だけでなく、勘定科目を推測して自動入力してくれるので大幅に手間を省くことができます。

基本情報の入力

ため込んだ経費も自動入力でカンタン!

2.簿記を知らなくてもカンタンに入力できる!

現金で払った場合でも、いつ・どこで・何に使ったか、家計簿感覚で入力するだけで大丈夫です。自動的に複式簿記の形に変換してくれるので、簿記を覚えなくても迷わず入力することができます。

簿記を知らなくてもカンタンに入力

有料のスタータープラン(月額980円)、スタンダードプラン(月額1980円)は
チャットで確定申告についての質問が可能。
さらに、オプションサービスに申し込むと電話で質問も可能です。

3.質問に答えるだけで税金は自動計算

○×の質問に答えるだけで税金も計算


保険やふるさと納税、住宅ローンなどを利用している場合は税金が安くなります。難しい税金の計算もfreeeなら、質問に答えるだけで自動で計算してくれます。確定申告をするために、本を買って税金について勉強する必要はありません。

4.あとは確定申告書を税務署に提出するだけ

あとは自動で確定申告書を作成してくれるので、税務署に郵送や電子申告などで提出して、納税をすれば完了です。

マイナンバーカードとカードリーダをご用意いただけば、ご自宅からでもすぐに提出が完了するので、税務署に行く手間がかかりません!
あとは確定申告書を提出するだけ

あとは完成した確定申告書を提出して納税するだけ

会計freeeを使うとどれくらいお得?

確定申告ソフトのfreeeは、会計初心者の方からも「本当に簡単に終わった!」との声も多く寄せられています。

また、税理士さんなどに経理を依頼した場合、経理の月額費用は最低でも1万円、確定申告書類の作成は最低でも5万円〜10万円ほど必要です。

いかがでしょう?
確定申告ソフトのfreeeは、ステップに沿って質問に答えるだけで簡単に確定申告を完了することができます。
余裕を持って確定申告を迎えるためにも、ぜひ確定申告ソフトの活用をご検討ください。
【初めての向けにオススメ】そもそも確定申告とは?スマホ申告の活用など

開業 freee

個人事業の開業に必要な書類を無料で、自動作成することができます。開業時の忙しい時期の作業を大幅に軽減。青色申告をしたい方は開業届の提出が必須です。そのほかに必要な書類も、ステップに沿って入力するだけで簡単に作成可能!

バックオフィス基礎知識