開業の基礎知識

美容室・サロン開業!知って役立つ美容室開業までの基礎知識

美容師の方の中には、「いつか自分のお店を持ちたい!」と独立開業をお考えの方もいるのではないでしょうか。しかし、そのためには入念な計画を立てて、地道に行動していかなくてはなりません。
ここでは、美容室を開きたい人に向けて、開業までの基礎知識についてご紹介します。

pixta_6458650_S

目次

事業計画書を作成する

まずは、自分がどんなお店を開きたいのかについて考えをまとめ、そのために何をすべきなのかを整理しましょう。
このときに「事業計画書」を作成します。事業計画書は融資を受ける際に必要になりますので、融資を考えている方は作成が必須です。また、すでに支援してくれる方や従業員になる予定の方がいるのであれば、その方たちへの説明資料にもなります。創業の動機や事業の長所、数値計画などを含め、第三者を説得することのできる内容にしましょう。

事業計画書を作成したことがない、考えをまとめるのが苦手という方には、「7日で作る 事業計画書」(アスカビジネス)がおすすめです。A4用紙を使用した思考整理方法や事業計画書の作成方法、テンプレートがまとまっています。

また、経済産業省が後援するWebサイト「DREAM GATE」では、事業計画書作成、資金調達方法について無料で相談、専門家との面談が可能です。

起業・会社設立ならドリームゲート

こういった無料のサービスも、ぜひ活用してみてください。


融資を受けるには

開業する際の一番の悩みは、お金という方も多いのではないでしょうか。まずは開業するにあたり、どれくらいの資金が必要なのか、算出してみましょう。

このときの資金は、設計・工事費及び薬剤や美容商材などの仕入れ費用が含まれる設備資金と、開業後しばらくかかる消耗品費などの運転資金の2つで考えます。算出できたら、そこから自己資金を引き、融資を受けたい額を決めていきます。

もちろん、おのおのの条件によって受けられる融資の額は変わってきますが、いったいどれくらいの融資があれば開業できるのかを把握しておくことが大切です。それでは、おもな融資先について見ていきましょう。

日本政策金融公庫

日本政策金融公庫は、100%政府出資の政策金融機関です。原則、誰でも融資を受けることができるため、美容室の開業はこちらを利用する方が多くなっています。無担保や無保証人でも、条件が合えば利用可能な融資制度もありますので、初めて融資を受ける方でも安心です。

日本政策金融公庫

制度融資

制度融資とは、各地方自治体が行う個人事業主や中小企業に向けたサポート制度のことです。自治体と金融機関の2つの機関で審査を行いますので、融資を得られるまでに時間がかかるのが難点ですが、一般的な銀行融資の金利よりも低かったり、金利の一部を補填してくれたりするメリットがあります。

制度融資は各地方自治体によって内容が異なりますので、利用したい場合には各自治体のホームページで調べるか、最寄りの商工会議所に相談してみるといいでしょう。

リース・クレジット

融資をうまく受けられずに資金不足となった場合、リースやクレジットを活用するという手もあります。リース契約の場合は原則、途中解約ができないというデメリットはありますが、融資を受けるよりも手続きが容易です。さらに、金利が固定されていますので、金利が高くなっても影響を受けることがありません。

一方のクレジットも手続きは簡単です。金利は支払い回数によって変わりますが、クーリングオフ制度が適用できるなど、リースとはまた違ったメリットがあります。


立地選びの重要性

いくら素敵なお店を作っても、立地が良くなくては集客は望めません。開業の際には立地選びが重要です。

例えば、既存のお客様を多く抱えている場合なら、その方たちが来店しやすいエリアを選んだほうが良いでしょう。なぜなら、そういった顧客が通えない場所に開業してしまったら、お客様を失うことになるからです。逆に、一から集客を考えている場合は、開業対象エリアでどれぐらいの集客が見込めるのか、競合はどれくらいいるのかなど、しっかりと下調べを行いましょう。いずれにせよ、美容室の開業予定地の商圏分析(※)は必須です。

※商圏分析とは、対象のエリアにどれだけの顧客や競合がいるかを分析することです。大手企業が出店する際には必ず行います。

そして、もうひとつ重要なのが、自分が作りたいお店のコンセプトにその土地が合っているかということです。例えば、若者ファッションに特化したお店を、お年寄りの多く集まるエリアに開業しても繁盛しないのと同じで、コンセプトと土地が調和していないと、せっかく満足のいくお店を作ることができたとしても集客が見込めないことがあります。


物件選びのポイント

立地が決まったら、次は物件です。物件は、次に挙げる「居抜き物件」と「スケルトン物件」の2種類に、大まかに分けることができます。

資金を抑えられる「居抜き物件」

居抜き物件とは、まえのテナントが使用していた設備が残っていたり、内装がそのままになっていたりする物件のことです。以前も美容室として使われていた物件なら、シャンプー台や鏡などをそのまま使うことができますので、内装を手直しするだけで開業することができます。

そのため、居抜き物件は開業資金を抑えられるところが大きなメリットです。しかし、設備や内装が比較的新しい場合は、内装・設備・備品などを売買する「造作譲渡契約」を、まえのテナントと結ぶこともあります。この場合、設備や備品がきちんと使うことができる状態なのか、予め確認をしておくといいでしょう。

一からお店を作り上げられる「スケルトン物件」

内装や設備がまったくない物件のことをスケルトン物件といいます。スケルトン物件は、一からお店を作り上げていきますので、自分のコンセプトに合ったお店づくりができます。ただし、その分資金はかかりますし、工事期間中も家賃を支払うことになります。


効果的な集客方法とは

物件が決まれば、あとは開業を待つのみ…となると安心する方が多いと思いますが、勝負はここからです。何もしないままでは、集客は見込めません。お店を繁盛させるためには、効果的な集客プロモーションを仕掛ける必要があります。では、効果的な集客プロモーションとは、いったいどのようなものなのでしょうか。

クーポンサイトでのプロモーション

美容室を探す際、クーポンサイトなどを利用するお客様は少なくありません。クーポンサイトにお店の情報を載せることで、新規のお店でも既存のお店同様の宣伝効果を得ることができます。ただし、そのサイトに載っている美容室は、多くのクーポンを発行することで集客につなげていますので、それにつられて来店するお客様は多くなります。

そのため、新規顧客からリピーターになってもらうためには、美容師の腕はもちろん、お店のコンセプトをしっかりと持ち、お店のファンになってもらうことが重要です。

自社のWebサイトやSNSの活用

自社のWebサイトを立ち上げるのも、集客プロモーションには欠かせません。ホームページではお店のコンセプトをしっかりと示し、価格や提案できるヘアスタイルなどの情報を提供していきましょう。また、意外と見られるのが美容師さんのプロフィールです。もし、抵抗がなければ、顔写真、名前、出身地、年齢、趣味、得意なスタイルなど、親近感を持ってもらえるような情報を載せましょう。また、ブログを利用して、スタッフが働いている写真やお客様との写真を掲載し、お店のコンセプトや様子を伝えていくのも効果的です。

低コストでホームページを立ち上げるなら、無料のホームページ作成サービスを使うのもひとつの方法です。美容室の場合は、デザイン性も高い「Ameba Ownd」がおすすめ。このサービスでは、独自ドメインの設定も可能です。

さらに、FacebookやTwitterなどのSNSを利用して、季節に合ったヘアスタイルの提案やキャンペーンの告知などをしていくことも効果的です。特に美容と親和性が高いのがInstagramとブログです。Instagramを活用する際は、ハッシュタグもできるだけ多く使用しましょう。ハッシュタグは日本語、英語合わせて、最低でも10個はつけたいところです。毎回入力するのは手間ですので、PCやスマホのメモ帳などに保存しておき、投稿する際にペーストしましょう。

これらの方法は、低コストで多くの人に情報を伝えることができます。定期的に更新することを心掛けましょう。

新聞の折込みチラシが効果的な層も

ここまではWeb媒体でのプロモーション方法を紹介してきましたが、紙媒体を活用するのもメリットはあります。

例えば、新聞の折込みチラシだと、新聞購読の割合の高いファミリー層や高齢者層にも情報を行き渡らせることができます。新聞という信頼性の高いツールを使うことで目にとめてもらいやすくなりますし、クーポンなどをつければさらに関心を引き、手元に残してもらえる可能性も上がります。配布エリアや部数も調整がきくので、戦略的に販促をかけたい場合に適した方法でしょう。

既存の顧客にはダイレクトメールも◎

ダイレクトメール(DM)の送付は、開業前からすでにお客様を持っている場合に効果的です。ただし、前職のお客様に案内をする場合は、予め前職のオーナーなどから了解を得ておくといいでしょう。実際にお店を選ぶのは顧客ですが、筋を通しておくことでトラブルの回避にもつながります。


効率化と節税のポイント

必要な届出や日々の経理・確定申告に割く時間をできるだけ短く済ませるにあたっては、freee開業を活用し、3ステップに沿って必要事項を記入していくだけで、最短5分で必要書類が完成します。それでは、具体的に見ていきましょう。

経理・確定申告最短5分で書類完成


開業freee登録の職業欄


想定月給を入力することで想定年収が自動で計算され、青色申告による節税効果がどれくらいになるかもシュミレーションできます。

想定月給入力で青色申告の節税効果が分かる


想定月給を入力すると、自動で想定年収が計算され、青色申告によってどれだけ節税効果があるかもシュミレーションできます。

確定申告の種類を選ぶ


出力される書類を確認したら、「書類を確認する」ボタンを押します。

確定申告の書類を確認


郵送先も印刷されますので、封筒に貼ってポストに投函するだけで完了です。

freee開業 出力された書類の内訳

郵送先も印刷されますので、封筒に貼ってポストに投函するだけで完了します。

いかがでしょうか? 開業のためには色々とやらなければならないことがあります。
少しでも時間と費用を節約するために、freee開業freee会計をぜひご活用ください。

確定申告を簡単に終わらせる方法

確定申告には青色申告と白色申告の2種類があります。どちらを選択するにしても、期限までに書類を作成し納税をすることが重要です。

青色申告と白色申告の違いを知りたい!という方は、「青色申告と開業届の基礎知識!青色申告のメリットと白色申告との違い」をご参照ください。

書類の作成には、手書きのほか、国税庁の「確定申告等作成コーナー」や会計ソフトで作成する方法がありますが、「確定申告書の作成は難しいのでは?」と苦手意識をお持ちの方も多いでしょう。

そこでおすすめしたいのが、確定申告ソフト「freee会計」の活用です。

freee会計は、会計の知識がないから不安だという方でも、質問に沿って答えていくだけで簡単に書類を作成することができます。
以下に書類を完成させるまでのステップをご紹介します。

5stepで確定申告書が完成

ステップに沿って入力するだけで、簡単に確定申告が完了します。

1.銀行口座やクレジットカードを同期すれば自動入力!

1年分の経費の入力はとても面倒。freee会計なら、銀行口座やクレジットカードを同期することで自動入力にできます。日付や金額だけでなく、勘定科目を推測して自動入力してくれるので、作業時間と手間を大幅に省くことができます。

確定申告の金額や科目を自動入力

溜め込んだ経費も自動入力でカンタン!

2.簿記を知らなくても手軽に入力できる!

freee会計は現金での支払いも、いつ・どこで・何に使ったか、家計簿感覚で入力するだけなので、とても手軽です。自動的に複式簿記の形に変換してくれるので、簿記を覚えなくても迷わず入力することができます。

難しい簿記を学ぶ必要なし


有料のスタータープラン(年払いで月額980円)、スタンダードプラン(年払いで月額1,980円)はチャットで確定申告についての質問が可能です。さらに、オプションサービスに申し込むと電話で質問も可能になります。

価格・プランについて確認したい方はこちらをご覧ください。最大30日間無料でお試しいただけます。

3.質問に答えるだけで税金は自動計算

質問に答えるだけで税金の計算ができる

税金の計算も○×の質問に答えるだけ

保険やふるさと納税、住宅ローンなどを利用している場合は、税金が安くなります。それらの難しい税金の計算も、freee会計なら、質問に答えるだけで自動算出。確定申告のために、わざわざ税金の本を買って勉強をする必要はありません。

4.あとは確定申告書を税務署に提出するだけ

freee会計を使って確定申告書を自動作成したら、税務署へ郵送もしくは電子申告などで提出して、納税をすれば完了です。

マイナンバーカードとカードリーダの用意があれば、ご自宅からでもすぐに提出が完了するので、税務署に行く手間がかかりません!

【関連記事】
【2021年版】e-Taxでネットで確定申告:PC・スマホでのやり方とメリットまとめ

簡単に確定申告書が完成

あとは完成した確定申告書を提出して納税するだけ

freee会計を使うとどれくらいお得?

確定申告ソフトのfreee会計には、会計初心者の方からも「本当に簡単に終わった!」というたくさんの声をいただいています。

税理士さんなどに経理を依頼した場合、経理の月額費用は最低でも1万円ほど、確定申告書類の作成は最低でも5万円〜10万円ほどという場合がほとんどです。freee会計なら、月額980円〜でステップに沿って質問に答えるだけで、簡単に確定申告を完了することができます。

余裕を持って確定申告を迎えるためにも、ぜひ確定申告ソフトの活用をご検討ください。

【関連記事】
【初めての向けにオススメ】そもそも確定申告とは?スマホ申告の活用など

税務署に行かずに確定申告を終わらせるなら、電子申告(e-Tax)がおすすめです。
freee電子申告開始ナビ(無料)について詳しくみる

freee開業で、税務署に行かずに開業届を作成

freee開業

freee開業なら、知識ゼロでもミスなく開業書類を作成できます。なのでわざわざ税務署に行く必要はありません。

しかも、メールアドレスを登録するだけで使える無料のサービスなので、面倒もありません。