青色申告の基礎知識

初めて青色申告するには?必要な申告書は?初心者のための完全解説

個人事業主が行う確定申告には白色申告と青色申告があります。それまで白色申告だった人が初めて青色申告をするには、どのような申請や準備が必要なのでしょうか。青色申告で提出する申告書や必要な書類など、青色申告初心者のために、確定申告のやり方を解説します。

いくらの所得から確定申告が必要なのか?

確定申告が必要な所得金額は、事業が専業か副業かで異なります。勘違いされる方も多いのですが、個人事業主の所得金額とは売上金額(収入)ではなく、収入から必要経費を差し引いた金額です。そのため、収入が申告に必要な額を超えていても、必要経費によっては確定申告の必要がないという場合もあります。これは、帳簿をつけなくてもよいというものではないので、勘違いしないようにしましょう。
(計算式) 所得金額=収入(売上)金額-(売上原価+経費)

〇専業の場合の個人事業主
所得38万円以下の場合は、確定申告をする必要はありません。

〇副業の個人事業の場合
給与所得者などが副業で個人事業を行っている場合は、所得金額が20万円以下では確定申告の必要がありません。給与所得者であっても、20万円を超える所得がある場合は確定申告が必要です。

白色申告と青色申告の違い

個人事業主が確定申告をする際は、白色申告と青色申告のどちらで申告するか決めることができます。白色申告は申請の必要がなく、誰でもすぐに始められる申告方法で、帳簿の付け方も初心者向けです。一方、青色申告は届け出が必要で、複式簿記による帳簿付けや決算書類の提出が義務付けられていますが、さまざまな特典もあります。

〇白色申告
事前申請は必要ないため、青色申告の届け出を行っていない個人事業主は、自動的に白色申告を行うことになります。帳簿付けは簡易ですが、記帳と記録の保存が義務付けられているのは青色申告と同様です。記帳する内容は、売上先や金額などの収入、必要経費などで、特に簿記の知識がなくても対応できます。白色申告の場合は、特別控除などの特典はありません。

〇青色申告
青色申告を行うには、青色申告を行う年の3月15日までに青色申告承認申請書の届け出が必要です。青色申告の帳簿は複式簿記による帳簿付けを行うため、簿記に関する知識も必要になりますが、会計ソフトなどを使うと比較的簡単に決算書類などを作成できます。 青色申告で貸借対照表及び損益計算書を添付して確定申告を行う場合は、最高65万円の青色申告特別控除を受けられます。その他にも、青色専従者控除や赤字の繰り越しなど、さまざまな特典があります。

白色申告と青色申告の違い
白色申告と青色申告の違い

確定申告で提出が必要な書類

〇共通事項
確定申告に使う書類は、白色申告の場合と青色申告の場合で多少異なりますが、確定申告書の様式はどちらも「確定申告書B」を使用します。源泉徴収票や生命保険料などの控除証明書は、添付書類台紙に貼り付けます。 平成26年以降、白色申告者も記帳が義務付けられました。そのため、白色申告でも青色申告でも必ず帳簿付けを行わなければなりません。帳簿は手書きでも可能ですが、集計や仕訳が大変なので、会計ソフトなどを使って毎日の取引を記帳しておきましょう。取引を証明する領収書の提出は必要ありませんが、帳簿類は問い合わせや調査があればいつでも提出できるように、原則として7年間(ものによっては5年間)の保存が義務付けられています。

〇白色申告で必要な書類
収支内訳書と確定申告書Bを提出します。

〇青色申告で必要な書類
青色申告決算書と確定申告書Bを提出します。青色申告決算書を作成するには、複式簿記による記帳と貸借対照表及び損益計算書などが必要です。

・確定申告書B用・確定申告の手引き|国税庁
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/tebiki2015/pdf/02.pdf

・青色申告決算書(一般用)の書き方|国税庁
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/tebiki2015/pdf/33.pdf

確定申告
確定申告
確定申告
確定申告
確定申告
確定申告
確定申告
確定申告
確定申告
確定申告

確定申告の時期はいつ?確定申告書類の提出方法は?

〇確定申告を行う時期
確定申告を行う時期は、毎年2月16日~3月15日。(土)(日)が入ると週明けの(月)までとなり、この1か月の間に申告を行うよう決まっています。確定申告では、前年1月1日~12月31日の間の会計結果を国に申告することで、納める所得税が決まります。それをもとに住民税や国民健康保険料などの金額も決まってくるのです。

〇確定申告書類の提出方法
確定申告書及び必要な書類は、管轄の税務署に直接提出するほか、郵送やe-TAXでの電子申告を利用することもできます。

・税務署に行って提出する
初めての確定申告の場合は直接税務署に持って行ったほうが確実です。ただし、所得税は自ら正しいと思うところを計算して申告する、申告納税制度を採用しているため、直接持って行ったからといってその場で記入もれや間違いなどをチェックしてもらえるわけではないのでご注意下さい。わからないことがあれば、税務署で聞きながら作成するコーナーも設けられているので利用するとよいでしょう。確定申告時期はわからないところを聞くだけでも、順番待ちとなり、かなり混みあいますので時間には余裕をもって取り組んで下さい。

・郵送で提出する
事情があって税務署に行けないという場合や確定申告に慣れて来た場合には、郵送での提出も可能です。その際は、必要な書類がすべてそろっているか必ず確認しましょう。返信用封筒として郵便切手を貼った封筒に宛名を書いて同封すれば、控えに確認の印を押して送り返してもらえます。

・電子申告する
e-Taxによる電子申告も便利です。この場合は、書類提出の必要がありません。利用には、事前に申請し、電子証明の取得や電子申告等開始届出書の提出や、認証のための機器購入が必要です。

まとめ

個人事業主の白色申告と青色申告の大きな違いは、記帳の方法です。多少手間はかかりますが、複式簿記も会計ソフトなどを使えば難しいことはありません。個人事業主としてさまざまな特典が受けられる青色申告を検討してみるとよいでしょう。

青色申告ソフト freee

青色申告ソフト freee なら、青色申告対応の決算書が自動で作成できます。是非お試しを!

バックオフィス基礎知識