開業の基礎知識

青色申告と開業届の基礎知識!青色申告のメリットと白色申告との違い

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

これから開業を考えている方が避けて通れないのが、確定申告です。
しかしその時期が近づいて来ると、頭を抱えてしまう方も多いのではないでしょうか。
特に悩ましいのが、確定申告の種類の選択です。青色申告にすべきか白色申告にすべきかで、つまずく方は少なくありません。
そこで今回は開業届を提出する際にも関わってくる青色申告とそのメリット、白色申告との違いについてご紹介していきます。

目次

青色申告を利用するには

これから開業を考えている方は、まず税務署へ開業届を提出します。

開業届を提出しなくても、罰則はありません。
しかし、事業所得が一定以上発生した場合は確定申告が必要で、さらに、確定申告時に青色申告を利用したいのであれば、開業届を提出しなければなりません
これは、青色申告承認申請書(正式名称は「所得税の青色申告申請書」)を税務署に提出するためには開業届の提出が必要だからです。
つまり、開業届を提出しなければ、青色申告は利用できません
※なお青色申告承認申請書は、開業から2か月以内に提出する必要があります。

税務署に二度足を運ぶ手間を考えると、開業届と青色申告承認申請書は同時に提出した方が良いでしょう。

青色申告と白色申告の違い

青色申告は先述の通り、税務署へ申請が必要です。
日々の取引を帳簿に記録し、それに基づき所得を申告する制度が青色申告です。帳簿は基本的に複式簿記で記録していきます。
単式簿記で記録した帳簿でも構わないのですが、享受できるメリットが変わってきてしまいます。
これについては青色申告により享受できるメリットで詳しく紹介していきます。

一方、青色申告に対し白色申告は、申請の手続きがいりません。また、帳簿への記録は必要ですが、単式簿記で大丈夫です。

手間の面でいえば白色申告の方が手間がかかりません。しかし税金の面では青色申告の方がメリットがあります。
次に挙げる青色申告により享受できるメリットでは、青色申告により享受できるメリットについて細かく見ていきましょう。

青色申告により享受できるメリット

青色申告を利用することで、様々な節税対策に効果があります。
ここではそれらのメリットについて紹介していきます。

①.最大65万円の特別控除

青色申告の最大のメリットは、最大65万円の所得控除です。
ただ、複式簿記を使用した帳簿が必要になります。
なお、単式簿記を使用した簡易帳簿の場合、65万円の所得控除は受けられませんが、10万円の所得控除を受けることができます。


②.赤字の場合、3年間繰越せる

青色申告ではその年に赤字を出すと、翌年以降3年以内の所得からその赤字を差し引くことができます
つまり、赤字になってしまっても、将来の節税につなげることができるのです。
開業直後からすぐに黒字経営を保つというのはなかなか難しいものです。
個人事業主にとっては大変お得な制度ではないでしょうか。

③.家族への給与を経費に

青色申告では事業主の家族を従業員としている場合、その給与を必要経費として課税対象額から差し引くことができます
これを「青色事業専従者給与」といい、制度を利用する場合には事前に届出が必要です。

専従者は、同居または生計を一にしている配偶者や親族であること、その年の12月31日時点で15歳以上であること、その年を通じて6か月を超える期間、青色申告者の事業に従事していること、という条件を満たしていなければなりません。アルバイトなどはこれに適用されないので、注意が必要です。

④.30万円未満の減価償却資産は一括経費に

パソコンやコピー機など減価償却資産を取得すると、通常は耐用年数に応じて費用計上されます。しかし青色申告者は30万円未満の減価償却資産なら、購入年に全額経費に計上し、課税所得から差し引くことが可能です。
※この特例は、年間300万円まで対象となります。

⑤.貸倒引当金を経費に

青色申告では、貸倒引当金を経費に当て、節税することが可能です。
貸倒引当金とは、商品やサービスを先に提供し、後から代金を回収する掛売りの際に、売上が回収できないリスクに備え一定額を引当てた資金のことです。

青色申告者は、年末に残っている売掛金や貸付金などの債権に対し、5.5%(金融業の場合は3.3%)に当たる額を貸倒引当金として繰入できます。そしてこれを経費に当てることができます。

開業届けを出して青色申告を利用しよう!

このように青色申告を利用することで、様々なメリットを享受することができます。

先にも述べましたが、青色申告を利用するためには青色申告承認申請書を税務署に提出する必要があります。しかしその前にまず開業届を提出しなくてはなりません。
開業届の用紙は、国税庁のホームページからダウンロードすることが可能ですし、税務署にも用意されています。

ただし開業届を作成するには意外と手間がかかります。
特に初めて開業されるという方はわからないことも多く、戸惑ってしまうことも多々あるかもしれません。

開業届けを、無料で、簡単に、最速で提出する方法

そんな時に役立つのが「開業freee」です。
画面に沿って簡単な質問に答えていくだけで、開業届を作成することが可能です。
更には入力した住所から、提出先の税務署まで地図つきで案内もしてくれます。
これで手間のかかる開業届の作成も、あっという間に済ますことができます。


↓ 今すぐ「開業freee」を試したい方はこちら ↓

banner_rev02_05

まとめ

いかがでしたでしょうか。青色申告のメリットと白色申告との違い、理解していただけたかと思います。
これから開業される方は節税のためにも、青色申告の申請をしてみてはいかがでしょうか。
そしてそれに先立ち、記事の後半で紹介した「開業freee」を使って開業届を提出してみてください。
無料で、すぐに作成することができますので、本業の方にもしっかり集中することができますよ。

開業フリー
会計フリー
知識総合トップへ戻る