青色申告の基礎知識

個人事業の開業•廃業等届出書の書き方

新しく事業を始めた人は、「個人事業の開業・廃業等届出書」を出さなくてはいけません。今回の記事では、「個人事業の開業・廃業等届出書」の書き方についてご紹介します。ただ、ご自身で記入しなくても簡単に書類を完成させる方法もありますので、そちらもあわせてご紹介していきます。

目次

個人事業の開業•廃業等届出書の書き方

個人事業の開業・廃業等届出書とは?

新しく事業を始めた人は、「個人事業の開業・廃業等届出書」を出さなくてはいけません。この届出は、個人事業主として税金を申告し、納めることを税務署に伝える意味があります。この届出を出さないと、青色申告ができず、白色申告で確定申告を行うことになります。
提出期限は、開業日から1か月以内となっています。しかし、この届出を未提出で、今まで白色申告を行っていた人も、提出は認められますので、青色申告承認申請書と一緒に提出してしまいましょう。
この個人事業の開業•廃業等届出書は、下記の国税庁のページでダウンロードすることができます。

リンク:個人事業の開業・廃業等届出書(国税庁)


書き方のポイント

開業届

①提出する税務署名を記入。自分の地域の管轄の税務署は、下記の国税庁のページで調べることができます。
リンク:国税局の所在地及び管轄区域
②自分のビジネスの名前を記入(空欄でも可)
③事業の内容を記入
④開業に○をつけ、開業日を記入(あとは記入しない)
⑤青色申告承認申請書と共に出す場合は”有”
⑥開業直後には消費税の申告は通常必要ないので、”無”
⑦事業の内容を詳細に
⑧従業員やアルバイト等を雇う場合は記入。家族に従業員として、給与を払う場合にはここに記入する。また、源泉徴収の納期の特例の承認に関する申請書の提出もするのであれば、”有”を囲みます。

いかがでしょう。自分で新たに事業を始める方も、青色申告に切り替える方も「個人事業の開業・廃業等届出書」の提出は必須です。ただ、どうしても書き方に迷ってしまうという方も少なくありません。事業内容や職業などは特に手が止まりがちです。

おすすめは、無料の開業freeeを使って「個人事業の開業・廃業等届出書」を作成する方法です。ステップに沿って必要事項を記入するだけで、驚くほど簡単に「個人事業の開業・廃業等届出書」が完成します。さらに、開業する際に必要な他の書類、例えば青色申告承認申請書なども一緒に出力されますので、開業時に必要な書類を一度に作成可能です。ぜひ活用してみてくださいね。

青色申告ソフト freee

青色申告ソフト freee なら、青色申告対応の決算書が自動で作成できます。是非お試しを!

バックオフィス基礎知識