開業の基礎知識

フリーランスってなに?フリーランスのあれこれをご紹介!

freelancer written by hand

最近は定着しつつある「フリーランス」という言葉。しかしフリーランスとはどのようなものか、はっきりと言える人は多くないでしょう。ここではフリーランスについてのあれこれをご紹介します。

目次

フリーランスの意味

「フリーランス」とは会社や団体などに所属せず、仕事に応じて自由に契約する人のことです。おもにライターやカメラマン、デザイナー、プログラマーなどの職種において、フリーで仕事をしている人のことを指すことが多く、自分の才覚などで仕事をしている人といえるでしょう。中世ヨーロッパで、契約により有力者に仕えた騎士を「フリーランス」と呼んだことからきているという説もあります。

個人事業主とフリーランスは違う?

フリーランスと同じような言葉に「個人事業主」があります。では個人事業主とフリーランスでは何が違うのでしょうか?フリーランスも個人事業主の1つです。大きな個人事業主のくくりの中に、不特定多数のお客がいるようなお店の店主や、決まった顧問先がある税理士や弁護士、仕事に応じて自由に契約するフリーランスがあります。確定申告や社会保険などは個人事業主と同じ取り扱いになります。

フリーランスのあれこれ

地方都市に住んでいてもインターネットを駆使して仕事ができる今、地域創生の政策と一致するところもあるためか、さまざまな業種でフリーランスという仕事の仕方を選ぶ人が増えています。また、フリーランスに仕事を発注する企業も増え、企業とフリーランスを結ぶ業者も次々と生まれています。そのためフリーランスの人口も増え、これからフリーランスを目指す人も多いと思われます。ここではそんな人にフリーランスになる前にした方が良いことや、フリーランスになったらした方が良いことなど、フリーランスのあれこれをご紹介します。

①クレジットカード、ローン

クレジットカードを作ったり、マイホームや車のローンを組んだりすることは、サラリーマンの間にやっておいた方が良いでしょう。金融機関やローン会社などの審査ではその人の信頼性も確認するのですが、会社に所属しているサラリーマンと会社や団体などに所属せず、仕事に応じて自由に契約しているフリーランスとでは信頼が異なります。たとえ同じ年収でもサラリーマンであれば審査に通るのに、フリーランスでは通らなかったり、ローンを受けることのできる金額が低くなったりということもあります。クレジットカードを作ったり、マイホームや車のローンを組んだりする予定がある場合は、それが終わってからフリーランスになりましょう。

②自分を磨く時間を作る

個人事業主の中でも特にフリーランスは、自分のスキルを使って仕事をします。そのため今持っているスキルを向上させたり、新しいスキルを付けたりと自分を磨く時間を作る必要があります。フリーランスはサラリーマンのように9時から17時までといった決まった仕事時間がありません。そのため1日中仕事をしていることもしばしばあります。その場合でも、計画的に勉強会に参加するなどして自分を磨く時間を作りましょう。フリーランスになって最初のうちは、仕事がない期間もあるかもしれません。そのときは自分を磨く時間と思い、スキルを向上させる努力をしましょう。

③人脈をつくる

フリーランスは自分で仕事を受注する必要があります。今はフリーランスに案件を紹介するエージェントなどもありますが、知り合いから仕事が回ってくることも多いです。特に最初のうちは定期的な受注がない場合も多いので、いろいろな収入の入り口を増やしておく必要があります。フリーランスの先輩を頼ったり、人材交流会などに参加したりして人脈をつくりましょう。人脈を増やし受けた仕事をきっちりこなしていくと、自然と仕事が依頼されるようになるでしょう。

④環境をつくる

フリーランスの仕事ではネット環境が必須です。またGoogleやChatworkといったクラウドやメール、SNSなどのサービスを使えるようになっておきましょう。フリーランスの場合、さまざまな受注先と仕事をするので、相手の使っているSNSに合わせて連絡をとる必要も出てきます。また少なくとも仕事専用のメールアドレスは用意したほうが良いでしょう。人と会うことが多い場合は仕事用の名刺を作成します。女性で自宅の住所や電話番号を名刺に記載することに抵抗がある場合は、バーチャルオフィスなどを利用し、その住所などを記載するのも良いですね。

⑤届け出関係をきちんとする

仕事の環境を整えるだけでなく、役所等への届け出もきちんとしておく必要があります。
会社を退職し、フリーランスになるときに必要な届出は、健康保険や年金の保険関係と開業届や青色申告承認申請書などの税務関係のものです。

・健康保険
健康保険には国民健康保険に加入するか、勤め先が加入していた健康保険組合の健康保険を任意継続するか(最大2年間)を選択する必要があります。一般的には任意継続のほうが安い場合が多いです。しっかり計算をして選択しましょう。また手続きが遅れると病院に行っても全額自己負担になるので注意しましょう。

・国民年金
フリーランスになると、厚生年金から国民年金に変更となります。自動的に切り替わるのではなく、自ら届け出をする必要があるので注意しましょう。

・開業届
個人事業主の場合、法人のように開業しても法務局に登記などをすることがありません。
そのため税務署に開業したことを知らせるために、開業届を提出します。提出期限は開業後1か月となっているので注意しましょう。

・青色申告承認申請書
開業初年度から青色申告をするためには、開業後2か月以内に青色申告承認申請書を提出する必要があります。期限を過ぎると青色申告特別控除や赤字の繰り越しなどの特典を受けることができないため注意してください。
この開業届と青色申告承認申請書は「開業freee」を使って作成しましょう。「開業freee」は、簡単な質問に答えるだけで、すぐに開業届と青色申告承認申請書などの必要な書類を自動で作成できます。しかも費用は無料です。

まとめ

フリーランスとは会社や団体などに所属せず、仕事に応じて自由に契約する人のことです。
個人事業主とフリーランスに大きな違いはなく、個人事業主のひとつのカテゴリとしてフリーランスがあるイメージです。この記事に参考に、ぜひフリーランスとしての一歩を踏み出してください。

開業フリー
会計フリー
知識総合トップへ戻る