開業の基礎知識

屋号の決め方、ネーミングのポイントは?

Badge Label Name Stamp Copyspace Tag Brand Concept

個人事業を始めるときに決める屋号。
絶対に決める必要はないのですが、屋号を使った方が名前を憶えてもらいやすくなるなど便利なことも多いです。しかし、いざ屋号を決めようと思うと、どのようなものにしたらいいか迷いますよね。ここではそんな屋号の決め方について解説します。

目次

屋号とは何か

屋号の決め方を見ていく前に、まずは屋号とは何かを見ていきましょう。
屋号とは簡単に言うと個人事業を始めるときの名前のこと。これは個人事業主に限ったことではなく、法人も同じです。法人は会社名、個人事業主は屋号です。
法人の場合、法人と代表者は別人格のため必ず「○○株式会社」という会社名があります。個人事業主の場合も同じで、仕事をするときの名前を別に定めている場合はそれが屋号になります。お店をしている場合なら店名が屋号です。
仕事をしていると、いろいろな書類で屋号の記載を求められることがあります。フリーランスやアフィリエイト収入などを事業にしている場合など、個人の本名で仕事をしている場合は、必ずしも屋号をつける必要はありません。また、お店を経営したりや事務所を開いている場合は、お店の名前や事務所名が屋号になります。つまり屋号を決めるということは、お店の名前を決めることと同じなのです。

屋号の決め方

前述したとおり、屋号を決めることはお店の名前を決めることです。お店の看板や中に商品を入れてお客様に渡す袋、印鑑など屋号が記載されるものも多く、一度決めると変更にお金や手間がかかります。そのため屋号は慎重に決める必要があります。ここではそんな屋号の決め方のポイントをいくつかご紹介します。1つのものにこだわらず、総合的に判断して屋号を決めるための材料にしてください。

①事業内容がわかりやすいものにする

屋号の基本は、屋号から事業内容を容易に想像できるものにすることです。例えば「○○工務店」や「○○美容院」、「フラワーショップ○○」などであれば、その屋号を見るとどのような仕事をしているのか分かりますよね。屋号を見てどのような仕事をしているかわかると、お客様の方からお店に来ることもあり、営業効果も期待できます。大きな会社でも「トヨタ自動車」や「アサヒビール」などのように、多く使われている手法です。

②覚えやすい屋号を使う

屋号を決めるときには覚えやすい屋号を使うほうが良いです。お店の売上を伸ばそうとするなら、お客様に名前を覚えてもらうことが第一歩です。同じ商品や同じサービスの店が2つあったとして、客が誰かにお店を教えるときに伝えやすいのは覚えやすい名前のほうです。
屋号にはアルファベットや数字を使っても良いです。しかし、あまり横文字だらけにして覚えにくいものは控えるようにしましょう。あくまでお客様目線で覚えやすいものを考えてください。

③言いやすく、書きやすいものを選ぶ

屋号を決めるポイントの1つに、言いやすさと書きやすさがあります。今は簡単に情報をアップできることもあり、ブログやSNSなどが口コミの主流になっています。言いやすく、書きやすい屋号のほうがブログやSNSなどで口コミされやすく、集客効果があります。また、取引先などで領収書に屋号を書いてもらうときも、書きやすい方がお互いに楽ですね。あまり長すぎる屋号は、言いにくく書きにくいので避けた方がよいでしょう。

④ネットの検索エンジンで検索されやすい屋号にする

お客様がお店をさがすときの手段として一番用いられているのが、YahooやGoogleなどのインターネット検索エンジンです。そのため、検索エンジンで検索されやすい屋号を使うというのも屋号を決めるときのポイントの1つです。特に実店舗だけでなく、ネットショップなどを経営する場合は、検索されることを考えて屋号を決めましょう。検索しやすい屋号を調べるにはいろいろな方法がありますが、簡単なものは自分で「美容院」や「雑貨店」など同じ業種のキーワードを検索して上位に来るものを参考にしましょう。
地域性を出したいなら地名を屋号に含めるのも手の1つです。ネット検索では、「○○市 雑貨店」というように地域と業種を絡めて検索することも多いです。

⑤エピソードのある屋号にする

他ではあまり見かけない屋号にする場合は、エピソードに関連付けた屋号にすることをおすすめします。お店にきたお客様や、取引先との商談などのときに屋号にインパクトがあると、その屋号にした理由を聞かれることが良くあります。そんなときに実体験などのエピソードを話すことができれば、相手に印象をつけることができ覚えてもらいやすくなります。

屋号を決めるタイミング

ここでは屋号を決めるタイミングを見ていきましょう。屋号を決めるタイミングはいつか明確にご存知でしょうか。法人の場合は、法人名を定款で定め公証人役場などの認証を受けることが一般的です。そのため、それまでに会社名を決める必要があります。
しかし個人事業主は、屋号をどこかで認めてもらう必要はありません。公の場で最初に屋号を出すのは、屋号が記載されたお店を出店する、または開業したことを税務署に届け出する「開業届」のどちらかである場合が多いでしょう。「開業届」には屋号を記載する必要があります。
開業届が屋号を記載する最初の書類になる場合も多いのですが、事業を始める人は「開業届」なんて書いたことないという人ばかりです。そんなとき便利なのが「開業freee」。「開業freee」は簡単な質問に答えるだけで、すぐに必要な書類を自動で作成できます。屋号も所定の欄にきちんと記載されます。しかも費用は無料。開業して「開業届」を作成するときは、「開業freee」をぜひご活用ください。

まとめ

今回は個人事業主の屋号の決め方についてご紹介しました。屋号の決め方のポイントはいくつかあります。基本は、事業内容がわかりやすいものにすることです。屋号を見てどのような仕事をしているかわかると、営業効果も期待できますね。 これからはネット検索やSNSへの口コミなどで店の名前が広がったり、集客できたりします。そうした点を意識して屋号を考えることも必要です。この記事を参考に総合的に判断して屋号を決めるための材料にしてください。

開業フリー
会計フリー
知識総合トップへ戻る